大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

東宝怪獣映画の廉価版DVDが続々と発売決定!

東宝シネマDVDファンクラブ
この度、東宝が配給した様々な映画が値段をグッと抑えた「廉価版DVD」として発売される事が決定しています。
既に結構な数が発売されていますが、ここからは「特撮映画」もガンガン出るみたいですね。
残念ながら「ゴジラシリーズ」そのものはラインナップに含まれていませんが、
その他の怪獣や特撮映画はかなりの数がリリースされる模様です。
とりあえず当ブログ的には怪獣中心の映画だけでも取り上げておきましょう。



空の大怪獣ラドン
言わずと知れた名怪獣「ラドン」の初登場作品です。
序盤は「メガヌロン」のホラー感が強いですが、後半は大空を舞台にラドンと激しい空中戦。
終盤の北九州襲撃シーンは、私の中で特撮映画の頂点と言っても過言では無い名シーンで有り続けています。


地球防衛軍
「ミステリアン」の操る元祖ロボット怪獣「モゲラ」が初登場する作品です。
人類が宇宙人とコンタクトを取り、ラストは地球防衛の為の大バトルへと発展。
モゲラの活躍に期待すると肩透かしを喰らいますが、数々の超兵器でミステリアンに挑む軍の活躍は必見!


大怪獣バラン
怪獣総進撃にもチラっと登場した怪獣「バラン」のデビュー作です。
湖から出現し、4つ足で地を這い、ムササビの様に空を飛ぶ万能怪獣バラン!
しかしモノクロ映画だという点や、その倒され方も影響してか今一メジャーになれず・・・ちょっと不憫。


モスラ
こちらも東宝を代表する名怪獣「モスラ」のデビュー作です。
日本からインファント島、そしてロリシカ共和国と様々な場所が舞台になる名作。
新聞記者、悪人、モスラが「小美人」を中心に様々な騒動を引き起こします。ラドンに続いて特撮も非常に豪華!


妖星ゴラス
超巨大な燃える天体「ゴラス」が地球と衝突する!?
そこで人類があの手この手でゴラス対策をし、最終的にはとんでもない展開へと発展w(その発想は無かった)
怪獣「マグマ」もチョイ役ながら登場します。あの「ジェットビートル」の元になった飛行機も出ましたね~


マタンゴ
とある無人島に漂着してしまった7人の若い男女達。
彼らは菌類に覆われたこの不気味な島で「マタンゴ」というキノコ人間に遭遇し、
そして空腹に耐え切れず禁断のキノコに手を出して行く・・・トラウマものですが和製ホラー作品の傑作です。


海底軍艦
海底に沈んだはずの伝説の「ムウ帝国」が地球人類に宣戦布告!
神宮寺大佐達はムウ帝国撃滅の為、戦時中に開発された超兵器「海底軍艦」で出撃する・・・!
という、あらすじの時点で既に燃える展開の映画ですw怪獣「マンダ」も初登場しましたね。


宇宙大怪獣ドゴラ
地球各地でダイヤモンドや石炭など、様々な炭素物質が次々と消滅するという内容で、
宇宙からやって来た細胞状の怪物「ドゴラ」が主役なのですが・・・出番は全然ありませんw
しかしドラマパートのキャラクター達の掛け合いが面白く、私は好きな特撮映画の1本として数えていますね。


フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)
ナチスによって生み出され、原爆を浴びながらも成長を続けた心臓が「フランケンシュタイン」になり、
時を同じくして出現した凶暴な地底怪獣「バラゴン」と戦う物語。
フランケンシュタインの哀愁漂う姿が印象的で、徐々に成長して巨大化して行く様は怖かったですねぇ。


フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ
フランケンシュタイン対地底怪獣の続編であり、
フランケンシュタインの細胞から誕生した兄弟怪獣の「サンダ」と「ガイラ」が主役になっています。
あの「メーサー殺獣光線車」が初登場する作品でもあるんですが・・・ラストの展開の唐突さが・・・w


キングコングの逆襲
南海の大猿「キングコング」とドクター・フーの傑作ロボット「メカニコング」が大激突!
恐竜型怪獣の傑作「ゴロザウルス」も初登場する他、元祖キングコングへのオマージュシーンもたくさん。
ラストの東京タワーを登りながら戦い合う2体のコングの勇姿には子供ながらに熱くなりました。


ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣
イカ怪獣「ゲゾラ」、カニ怪獣「ガニメ」、カメ怪獣「カメーバ」の3大怪獣が登場!
・・・するのですが、3匹が共演するシーンはありませんw(小さい頃ガッカリした思い出があります)
しかしゲゾラの怖さや産業スパイの男が見せる最後の意地など、見所は多い作品でした。


ヤマトタケル
日本神話をモチーフとした特撮映画であり、「ムーバ」、「クマソガミ」、「アマノシラトリ」等が登場。
「ヤマタノオロチ」と「ウツノイクサガミ」による最終決戦は当時劇場で興奮したのを覚えています。
この映画、当時見たっきりなので今一度見返してみたかったんですよねぇ。


モスラ
ゴジラシリーズが一旦終了した間にやっていた平成モスラシリーズの第1弾目。
封印されていた凶暴な怪獣「デスギドラ」に「モスラ」達が立ち向かいます。
親モスラの最後に涙し、新モスラの大逆転っぷりは正にヒーローものといった感じでした。


モスラ2 海底の大決戦
平成モスラシリーズ第2弾で、海がメインという事で沖縄県周辺が舞台に。
海の怪獣「ダガーラ」や「ニライカナイ」の海底神殿には子供心にもワクワクさせられました。
モスラも海に適応しパワーアップを遂げるなど、終盤の展開は必見です。


モスラ3 キングギドラ来襲
平成モスラシリーズ最終作で、遂に「キングギドラ」がモスラシリーズにも登場!
その圧倒的な力に敗れたモスラは過去に飛び、そこで若きキングギドラと戦う事に・・・
ギドラの迫力ある見た目も素晴らしかったですし、東宝怪獣最強とも言われる「鎧モスラ」にもシビレました。


他にも取り上げたい作品はありますが、今回はとりあえずこれぐらいにしておきます。
あまりレンタル店でも出回っていない作品が多いですし、この機会に少しずつ集めてみようかな?
全て定価は税込「2625円」なので、以前の半額ほどとなっています。
収録内容も初版と変わらないみたいですし、
来年のゴジラ復活の前にまずは日本の怪獣映画を色々と見て行くのも良いかもしれませんね。
(以前に出たデアゴスティーニの廉価版DVDセットは、特典映像などがガッツリと削られていましたし)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|21:16
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1623-e801adc3
コメント
てゃん 2013/10/10 21:19 id:NkR53tyM
これは買わないかんですよ!
特撮ファンと自負するものならね!
極悪地球人 2013/10/10 21:54 id:-
「ただ見るだけ」なら以前のデアゴスティーニ版でも良かったのですがやはり特典映像も観たいところ。それとデアゴスティーニ版では出てなかった「地震列島」なんかも入っているのが大きいですね(地震列島はかなり以前にテレビで放送されているのを見てその晩よく寝れなかった思い出が・・・・。)崩れるマンション、暴走する旅客機、高速道路から火の玉になって突っ込んでくる乗用車等日本沈没とはまた違ったリアルな地震のシーンは未見の方は必見かと)
ちょろQ 2013/10/11 19:16 id:-
機会を見て、平成モスラ3部作は買い揃えたいと思います。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ