大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ゴジラVSシリーズ世代が、今更ながら当時を振り返ってみる

何時の間にか秋が通り過ぎてすっかり冬らしい気候になって来ましたが、
この肌寒い季節になると「ゴジラ熱」が妙に高まるのは私だけでしょうか。
私は公言している通り、ゴジラシリーズだと90年代の「VSシリーズ世代」になるのですが、
ゴジラと言えば冬休み前後に親に連れられて見に行くものだというのが体に染み付いており、
そのせいか毎年こういう肌寒い日が続くと、妙に怪獣映画を見たくなる衝動に駆られるんですよね。

恐らく私が人生で始めて劇場に見に行った怪獣映画は、「ゴジラVSキングギドラ」でしょう。
それ以前はウルトラシリーズや怪獣映画をレンタルビデオや衛星放送で視聴しており、
1つ前の「ゴジラVSビオランテ」も衛星放送を録画したものを所持。
更に書籍などでも色々と怪獣について覚えていたものですが、
今まではアニメ作品などしか映画館で見ていなかった自分が、
大スクリーンで始めて見る事になった実写映画作品もこのVSキングギドラだったはず。
迫力のある都市破壊シーンや怪獣同士のバトル、思わず耳を塞ぎたくなる様な大音響。
それでも画面を食い入るように見ていた事を今でもよく覚えています。

当時の映画館は今の「完全入れ替え制」では無く「流し込み制」だったので、
一度映画館を退出しない限りは、館内で同じ映画を1日に何回でも見る事が出来ました。
指定席も無く立ち見席が存在し、今思うとよく2時間近くも立ったまま映画を見ていたよな~とw
(それでも流し込み制を利用して、次の回には座ってゆったりと見る事も出来ましたが)
初怪獣映画のVSキングギドラも、確か1回目が立ち見で2回目から座って見ていたと思います。

映画館を出て私は父親に「メカキングギドラ」のソフビ人形をねだりましたが、あえなくスルー。
(それは後にお年玉で購入する事になるのですが)
ここから「劇場で怪獣映画を観る」という習慣が身に付いて、
VSシリーズの盛り上がりと共に毎年大はしゃぎしながら冬の映画館に繰り出す事になりました。
翌年は記録的な大ヒットを記録した「ゴジラVSモスラ」が公開し、
バトラの男らしい最後に感動をしつつ、TVでは「冒険!ゴジランド」もスタート。
コスモスの「モスラの歌」はCMにも採用されていたので、
この時期はその歌を聞かない日はほとんど無かったと言っても過言では無いでしょう。
(伊福部昭さんの素晴らしい楽曲の数々も、何時しか口ずさめる様になるほど・・・w)

世間のゴジラ熱が高まる中、「怪獣ガレージキット」も大攻勢を開始。
私の父親も趣味で幾つか制作しており、「初代アンギラス」や「エビラ」など、
バンダイのソフビ人形ですら発売されなかった怪獣もガンガン発売されていたので、
私は父が塗装するガレージキット達をただ指を咥えて眺めていました。
ゴジラVSメカゴジラ」、「ゴジラVSスペースゴジラ」と新作は毎年の様に発表され、
小学生になった自分は友達とゴジラのゲームやフィギュアでよく遊んでいたものです。
この頃になるとバンダイを筆頭に各社が無数の怪獣フィギュアを発売しており、
中でも無彩色の怪獣フィギュアとジオラマベースがセットになったような「食玩」が大人気に。
ガレージキットメーカーも驚く様な精巧なフィギュアも発売され始め、
年々出来の良くなる食玩、ガシャポン、ソフビ人形に心を躍らせていたものです。

この頃からでしょうか、映画館に行くと「楽しく」なったのは。
今までは親に連れられて行くものという認識でしたが、それが「自分から行きたい」と思う様になりました。
劇場に入るとまずはチケットを購入し、待ち時間の間にドリンクやポップコーン等のスナック類を注文。
ガシャポンを回してみたり、グッズコーナーを覗いてみたり、劇場パンフレットにスタンプを押したり・・・
映画館というものが一種の「アトラクション」に見えていたんでしょうね。
特に大好きな怪獣映画を見に行く時は、出発の前日からウキウキでした。

時は進み、翌年になると「ゴジラ死す。」という強烈なキャッチコピーが世間を騒がせました。
VSシリーズ最終作となる「ゴジラVSデストロイア」が発表され、
その中でゴジラが死ぬという事が明かされたのです。
発表当時は流石に嘘だろうと友達と笑いあっていましたが、
映画公開が近付くにつれていよいよ終末感が漂い始めている事に気が付き、
公開当日に胸をドキドキさせながら映画館へと向かったのを今でも鮮明に覚えています。

映画のエンドロールが流れ始めた時、私は泣いていました。
新世代へのバトンタッチがあったとはいえ、
今まで自分の中で大きな存在で有り続けたゴジラが本当に死んでしまったのですから。
私だけではありません。
映画館に居た他の親子連れも、目に涙を浮かべていたのがかなり印象的でした。
作品自体は面白かった、でも有り得ないほどの「喪失感」を漂わせながら映画館を出た私。
翌年から「モスラ」が主役になった映画が始まると告知されていたのと、
当時は「平成ガメラシリーズ」もまだ続いていた時期だという事が、何よりの救いでした。
(ウルトラマンもゼアスが翌年から開始しましたし)

なので怪獣熱が冷める事は無かったのですが、
自分の心に何かポッカリと大きな穴が空いた様な気持ちがずっと続いていたんですよね。
後にハリウッドで制作された「GODZILLA」も、
口から熱線を吐かないわ、終始ジュラシックパークもどきだわ、挙句の果てにミサイルで死ぬわと、
子供ながらにこれがあの怪獣王ゴジラなのかと心底ガッカリな出来栄えでした。

その影響もあってかこの辺りから怪獣中心ではなく、様々なゲームやホビーアニメ中心の生活になって行き、
とあるタイミングで再び怪獣熱が高まって、私は今に至ります。
長い付き合いの友人たちも、未だに怪獣が大好き!という訳ではありませんが、
当時の話になると今でもある程度盛り上がる事が出来ます。
それだけ、自分達「VSシリーズ世代」にとってはゴジラが大きな存在でした。

来年はシリーズ60周年にして、ハリウッドの地で再びゴジラが蘇る事が告知されております。
今回は色々と気合が入っているという情報が様々な所から飛び込んできているので、
私は来年の公開を楽しみにしつつ、妙に怪獣熱の高まるこの時期にこんな文章を書いてみました。
特に深い意味がある訳ではありませんが、私の世代はこういう風にして怪獣に触れた方が多いのでは・・・
怪獣映画の黄金期はもっと前の世代になりますが、私の中の黄金期は間違いなく「1990年代前半」です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|21:24
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1662-01aea76a
コメント
ウルトラマンベルゼブブ 2013/11/18 23:06 id:-
自分も管理人さんと同じくVSシリーズ世代です。最初に映画館で見た作品も同じくVSキングギドラですし、それまでに色々な怪獣映画やウルトラシリーズをビデオで楽しんでましたね。
しかも当時の将来の夢がすーつアクターでしたw

冒険ゴジランドも懐かしいですね!!メカゴジラの時のゴジラニュースが好きでした。
ソフビだけでなく食玩(主に指人形)もかなり集めてましたね~

ウルトラも好きですがゴジラという存在は自分の中では別格です!
極悪地球人 2013/11/18 23:55 id:-
・・・・あぁ・・・まなしな様も私と同じ様な青春を送っておられたのですね(笑)
VSシリーズでは勢いがあった「VSメカゴジラ」が一番好きでしたね。ただこの作品で一番印象に残ってしまったのがゴジラの京都蹂躙。「京都のお寺」と「ゴジラ」という今までに無い組み合わせが当時はかなり新鮮に感じた物です。(後で駅周辺が大変な事になりましたが・・・)
ただ私はまなしな様と違い「VSデストロイヤ」のあと少し怪獣から離れてしまいましたね・・・・・。
ガエンボーⅡ世 2013/11/19 01:19 id:-
自分もちょうどその世代です、90年代前半は怪獣映画が本当に元気でしたね、ウルトラも今より人気あったと思いますなんだか今年パシフィックリムあったし怪獣映画が最近あのころの元気を取り戻しそうですね
ちょろQ 2013/11/19 12:20 id:-
>まなしなさん
私も多分この世代の1人ですw。「ゴジラvsシリーズ」は冬休みの楽しみの一つでした。「vsモスラ」であのモコモコモスラの虜になり、「vsスペースゴジラ」でMOGERAやスペースゴジラの格好良さに痺れ、リトルゴジラの愛らしさに悶えましたw。「vsデストロイア」の時の「オワタ感」は壮絶だったな…。その後の2000年代も頑張ったといえば頑張ったんですが、1990年代の「vsシリーズ」に比べるとイマイチ盛り上がりに欠けてましたね。ただ、1996~1998年の「平成モスラ3部作」は私の中では最高傑作に位置付けられてます。「平成ガメラ3部作」は特撮技術もストーリーも非常にクオリティが高かったんですが、何せ幾分グロかったですからね…^^;。とまあ、私も間違いなく怪獣に育てられた世代なんだなと今更ながらに再認識しましたw。
さんちょう 2013/11/19 15:39 id:-
ゴジラシリーズは昔よくテレビやってましたね~ 詳細は覚えてませんが、何回か見ていました。 劇場で見た覚えがあるのはデストロイアで映画館入った瞬間クライマックスとゆう…(笑) 確かに昔は途中から映画館入っても良かったんですよね~ ソフビはゴジラとメカキングギドラを持っていましたね(現在は紛失)かなり出来が良かったのを覚えています。
マルス133 2013/11/19 19:17 id:IJzSxIP2
初めて見たゴジラ映画がいきなり「vsデストロイア」(テレビ放送の時)でした。
ゴジラは最初、自分の中では悪い怪獣だと思い込んでました。
でも、毎回違うストーリーによって、ゴジラは人類の敵、あるいは人類 の味方にでもなるスター怪獣なんだなぁと思うようになりました。
平成ゴジラの中では「vsビオランテ」が好きです。
特に「スーパーX2のテーマ」がカッコイイですからねぇ。
激団死鬼 2013/11/19 21:58 id:-
私は生まれて初めて見た映画が「ゴジラvsモスラ」でした。

その後はvsシリーズはもちろん全部見て、「ゴジラvsデストロイア」で生まれて初めて映画で泣きました。

あとは基本的にまなしなさんと似たような境遇でした。
惜しむらくは「平成ガメラ」を映画館で見なかったことでしょうか…。
アメリカ版ゴジラは見た当時まなしなさんと同じことを一緒に観にいった父と話したような記憶があります。


私の中で「正月のあたりでゴジラシリーズを見る」というのは年中行事みたいなものでした。だから「ファイナルウォーズ」終わった次の年の喪失感といったら…



あと、私は90年代は「特撮が進化した時代」だと思っています。
ゴジラもガメラもウルトラも90年代を過ごしてよりカッコよく、より洗練されたイメージがありません?
闇従者 2013/11/20 23:29 id:x8WRXstU
私も始めて見たのは、vsキングギドラですね。
それ以来は、まなしなさんと同じく、毎年見に行ってました。
その後のモスラ、ガメラも欠かしませんでした。
2014年のゴジラ…早くみたいですね。
エックス 2015/10/09 22:14 id:-
はじめまして内容に同感してコメントしました

冬はゴジラで春はドラえもんが観に行く映画の定番でした




コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ