大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第29話~33話(ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版の感想)

新ウルトラマン列伝
本日で映画「ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版」の分割放送が完結しました。
第1章「沈黙の地球」、第2章「ゼロの苦難」、第3章「恐怖の繭」、第4章「復活の英雄」、第5章「本当の戦い」と、
5週に渡って放送されましたね。

改めて見ると、映画制作直前に起きた「東日本大震災」に対するメッセージ性が強い内容になっており、
絶望の淵に叩き込まれた人達がその中で光を見出すべく悪戦苦闘しているシーンが印象に残ります。
それは主人公のタイガも同様であり、過去のトラウマを抱えながらもそれを克服。
一人の男、そして一人のウルトラマンとして人々を救うべく立ち上がる流れは、
ただの成長物語ではなく震災に合った方へのメッセージなんだろうなぁと。
ラストカットの「夜でも光が溢れている東北地方」のカットはまさしくそうなんでしょう。

そもそも震災の影響で映画の制作そのものが危うくなった作品だったのですが、
内容を再び見直して特撮の撮影も「建造物を極力破壊しない」様になるなど、
紆余曲折ありながらも完成した映画だけによくここまで纏まったものだなぁと私は関心しております。
物語の中核に存在し続けたアスカ=ウルトラマンダイナ。
タイガを導き人々に元気を与えたムサシ=ウルトラマンコスモス。
遂に地球にやって来たものの、タイガに振り回され続けたウルトラマンゼロ。
3人のウルトラマンの立ち位置も良かったですし、チームUの見せ場もちゃんと用意されていて、
なおかつ「人間の手助けでウルトラマンが勝利する」という流れをしっかり作ってあったのがとても嬉しかったですね。

敵側もアーストロンやゴメスが一部手直しされて登場し、グビラやバット星人が復活。
更にスフィアや惑星ジュランに住むコスモス怪獣も登場するなど、何気に豪華な面々が揃っていました。
目玉のハイパーゼットンも近年の映画にしては珍しい「ウルトラマンとほぼ同じサイズなのに強いキャラ」でしたし、
デザインこそスマートですがその能力はまさしく「ゼットン」そのもの。
ラストのウルトラマンサーガとの互角のバトルはとても見応えがありました。
サーガの決め技は一見地味ながらも、光線技が通用しないゼットンに「その拳」で決着をつけた辺りも好きでした。

ウルトラマンダイナやウルトラマンコスモスの後日談を含めながらも、
1本の映画としてちゃんとテーマを決めて筋を通した作品であったウルトラマンサーガ。
こうやってTV放送された事はファンとして素直に嬉しいです。
そもそも「ウルトラマン列伝」という番組がこの映画の宣伝の為に制作されたようなものなので、
その枠で放送されたという事そのものが記念すべきものなのでしょうねw


さて、ディレクターズカット版では第5週目に追加カットが多数存在しました。
ハイパーゼットンが生み出した怪獣兵器である「アントラー」、「キングパンドン」、「ブラックキング」、
「ベロクロン」、「タイラント」の登場。
そしてサーガ降臨により起きた奇跡により「ハヤタ」、「ダン」、「郷」、「北斗」、「ゲン」の登場から、
5人揃っての変身シーンで「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」、「ウルトラマンジャック」、
「ウルトラマンエース」、「ウルトラマンレオ」が登場!
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版
ようやくウルトラマンサーガでの変身シーンが拝めました。
何より嬉しいのが、「同じ画面でモロボシダンとおおとりゲンが同時変身した事」でしょう!
この画を見るのをどれだけ待ち望んでいた事か!

ウルトラマンサーガとウルトラ兄弟、ハイパーゼットンと怪獣兵器が並び立ち、
そこからウルトラ兄弟VS怪獣兵器が1カットで表現される凄い映像へと突入!
何気にベロクロンがちゃんとミサイルを使ってくれた事に驚きましたw
そして以前の列伝でも放送された戦いのシーンへと続き、
スペシウム光線、アイスラッガー、ウルトラランス、メタリウム光線、レオキックで怪獣兵器を撃破!
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版0

ここからはサーガVSハイパーゼットンの最終決戦へと続き、
バット星人とハイパーゼットンが砕かれ、開放された生命体の魂が地球全土へと戻るシーンでも、
戦いを終えたウルトラ兄弟がそれを見つめるシーンが追加。
更にサーガから分離した3人のウルトラマンがお互いを称え合うように手を合わせて、
ダイナとコスモスがそれぞれの世界へと帰るシーンも追加されていました。
EDのスタッフロール中に流れた「後日談」の映像も画面いっぱいで見る事が出来ましたし、
ディレクターズカット版がTV放送されて本当に良かった!
是非、ソフト化の方も検討して貰いたいものです。

さて、次回はウルトラマンサーガの続編である「ウルトラゼロファイト第一部」を放送。
DVDに収録されていた「ノンストップ版」での放送なので、こちらもお見逃しなく!
youtubeでは、前回のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:13
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1753-00c98890
コメント
リョーイケ 2014/02/12 19:23 id:gThqdfa2
1日限定の映画館公開には行けなかったので、
自分も今日のウルトラ兄弟の追加シーンがずっと楽しみでした!
ああ…確かにダンとゲンが同時変身するのは史上初( ゚Д゚; )!?
やっぱり大先輩ヒーローの客演は盛り上がりますね~
「ウルトラ兄弟が出れば被災した人達も喜んでくれるかも」
という円谷プロの狙いは当たりでしたね!このDC版は是非ともソフト化してほしい…!
DFGNEXT 2014/02/12 19:29 id:sq4QJOk.
ディレクターズカット版でしたが、いつみてもサーガ降臨のシーンはかっこいい……

そして追加されたウルトラ兄弟変身シーン。
予想以上に本編と合わせても問題ないシーンで少し感激でした。
「頑張れウルトラマン」の対象が目の前のウルトラ兄弟に変わっている他にもBGMがあるのでまた違った印象になりますね。

2年前のあのときにコスモスファンとして久々に彼の姿を見たことでこの作品はかなりお気に入りの映画です。

唯一不満を上げるとしたら、やはりコスモスがルナモードだった点でしょうかね。
マジックワンド 2014/02/13 00:01 id:-
ほんとにこの日をどれだけ待ちわびたことか・・・!!兄さん達の勇士を見ただけで泣きそうでしたw兄弟達が怪獣兵器を倒した後のサーガvsハイパーゼットンの流れ、逆転そしてとどめの一撃・・・神シーンの連続でしたね。タケル字書けるだろとかコスモスタイプチェンジしろとか、細かいツッコミどこは多々ありましたが、そんなこと気にならなく程の素晴らしい映画でた。・・・そういえば結局バット星人、「どぎゃんせんといかん」言いませんでしたねw。
ちょろQ 2014/02/13 12:14 id:-
この作品は特に好きな作品です。どんなに絶望的な状況に立たされても、限界まで力を尽くす事で奇跡を起こす事ができる…、ウルトラシリーズにおいて普遍的なテーマですが東日本大震災の1年後に公開されたからこそ、そのテーマが際立って見えた気がします。個人的に見所もたくさんあって嬉しいです。前半のゼロとタイガのやり取りには爆笑したし、ちびゼロのくだりは腹筋が崩壊しましたw。しかし、後半からは一転してシリアスモードの連続。ツボったのは「君だけを守りたい」をBGMにダイナ復活のシーン、そしてウルトラマンサーガ光臨のしーんですね。そして今回はディレクターズカットverということで、遂にウルトラ兄弟が登場!!しかし、おか監督…、なぜそこカットしたしw。これはTV放送だけで終わらせるのはもったいないから是非DVD化を検討して欲しいです。
涼風 2014/02/15 18:13 id:-
この映画は、被災地に住んでいた自分が他の何よりも一番元気を貰った作品ですね
当時、地震に津波に原発事故と諸事情で県外に避難せざるを得ない状況に陥り、地元から離れる寂しさと新しい土地での暮らしの不安
色々な事をマイナス思考に考えるようになり、現実から逃げ出したくなる事も多々ありましたが……それを救ってくれたのが周りで支えてくれた人々とウルトラマンでした

もし、ウルトラマンが無かったら今の自分がいなかったくらいです
そういう事もあって、スタッフロール後のワンシーンでこの作品に込められた意味を知り、思わず涙が溢れてしまいましたね
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ