大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! 星人ブニョ(追悼・蟹江敬三さん)

俳優の蟹江敬三さんが先月の30日に、胃がんの為に69歳の若さでこの世を去りました。
様々なドラマや映画などに出演された名俳優ですし、
ウルトラマンエースのカウラやウルトラマンレオのブニョでの怪演っぷりは、ファンの間で語り草になっています。
ご冥福をお祈りすると共に、追悼企画という事で久しぶりに円盤生物フィギュアの記事を更新したいと思います。

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第8回目となります。
第8回目はこちらのキャラクターをご紹介します。

円盤生物 星人ブニョ
円盤生物 星人ブニョ HG外伝


ブラックスターから飛来した円盤生物第11号なのですが、
星人と言われている通り円盤生物よりは宇宙人に近いキャラクターです。
劇中でもブラック指令に自ら志願してレオ抹殺計画を進めるのでした。
文字通りぶにょぶにょとしたつかみどころの無い姿をしており、アメーバを思わせる様な形状をしています。
力よりは知恵を使った作戦を遂行する方が得意であり、ブラック指令と共謀してレオを一度殺してしまいました。
巨大化後は全身や口から流す粘液や、火花の様な火炎攻撃や宇宙ロープで敵を攻撃します。

ブニョは円盤形態、蟹江さん演じる人間体、怪人体、怪獣体と様々なバリエーションが存在するキャラクターですが、
まずは怪人体からご紹介しましょう。
この商品は以前にもブログで取り上げましたが、
ガシャポンの「HG外伝ウルトラ兄弟大ピンチ&大チャンス」のブニョですね。
怪人体はリアルタイプとしてはこれが初商品化となり、ブニョが羽織っていたコートもしっかり再現されております。

円盤生物 星人ブニョ HG外伝0
背面です。
成型色と塗装を上手く使い分ける事で、カラーリングもバッチリですね。

円盤生物 星人ブニョ HG外伝1
HG外伝シリーズはラインナップが狂っている(褒め言葉)のが特徴で、
凍らされて処刑寸前のウルトラマンレオも同時にラインナップされています。
付属台座にはDXギンガスパーク対応のライブサインまで付属しており、豪華な商品でしたね~

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル
続いてはベアモデルより商品化された、ブニョのソフビ人形のオマケとして付属していたミニソフビ。
レトロ系ソフビらしく、緩い造形と塗装ながらも怪人体が商品化された事に当時は驚いたものです。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル0
背面です。
黄緑色の成型色でブルーのスプレーが吹いてあるという、見ていると落ち着く色合いに仕上がっていました。
ちなみに違う色のブニョに付属していたこれと同じサイズの「人間体」のミニソフビもあるのですが、
そちらは入手する機会がありませんでした・・・

円盤生物 星人ブニョ SDウルトラマン 超闘士激伝
続いては怪獣体です。
左が「SDウルトラマン」のもので、右が「超闘士激伝」の円盤生物セットの内の1体です。
SDウルトラマンの方は頭部のフードを被った状態で造形されている珍しい一品。
よく見ないとブニョだと解らないマニアックな商品になっていますw
超闘士激伝の方は小さいながらも特徴を捉えた造形に仕上がっていますね。

円盤生物 星人ブニョ SDウルトラマン 超闘士激伝0
背面です。
SDウルトラマンの方は、もはや何のキャラクターかすら解らない・・・w

円盤生物 星人ブニョ HG 特撮ヒーローズ
こちらはフルカラーのミニフィギュア。
左がガシャポンの「HGウルトラマン」のもので、右が「特撮ヒーローズ」のものになっています。
HG版はよく出来ており、リアルタイプのブニョの中では一番の出来なのではないかと。
黒目部分が少し小さめなので、ペンか何かで瞳を大きくしてやるとより劇中に近くなると思います。
特撮ヒーローズのブニョも塗装が細かく、リアルなデフォルメフィギュアとしては良い出来ですね。

円盤生物 星人ブニョ HG 特撮ヒーローズ0
背面です。
どちらも全身がちゃんと全塗装されているのも嬉しいポイント。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル1
最後はベアモデルより発売された、レトロ系ソフビ人形になります。
黄緑色の成型色に、全身が黄色やグレー、ピンクなどでスプレーされているカラフルなソフビですね。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル2
造形もかなり可愛らしくアレンジされており、どこかの童話に出てきてもおかしくない様な風貌ですw
目は金色でギラギラしており、ここだけはブニョらしい「狂気」を感じますね。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル3
背面です。
こちらも各部がスプレーされていますね。
首、両腕、両足と可動部分も多いのが嬉しいです。
他にも黄色や赤なんかのカラーバリエーションも存在していました。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル4
最後はブニョらしいポーズで〆。
以上が私が所持している星人ブニョのフィギュアになります。
人間体フィギュアは何時か手に入れたいなぁ・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:46
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1804-236f725c
コメント
極悪地球人 2014/04/09 20:05 id:-
蟹江さんは「あまちゃん」での記憶が新しいですね。この人がブニョを演じていたなんてなんか信じられないな~。

ご冥福をお祈りいたします。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ