大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その3)

では、「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
前々回や前回と同様に、まずはほぼ同規格だった食玩ソフビシリーズ、
ソフビ道」から一気に取り上げていきたいと思います。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 カネゴン
コイン怪獣 カネゴン
ウルトラQ第15話「カネゴンの繭」に登場した少年が変身した怪獣です。
銅をイメージした色で塗装されており、実にカネゴンらしい雰囲気が出ています。
口に手を当てたポージングも良いですし、足にある白い目の部分までしっかり塗装してありますね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 カネゴン0
背面です。
可動箇所は両腕、首、目のパーツ、尻尾となっています。
背中まで、スーツ特有の「たるみ」部分が造形されている事に当時は驚いたなぁ・・・


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 ケムール人
誘拐怪人 ケムール人
ウルトラQ第19話「2020年の挑戦」に登場した宇宙人です。
両腕を上げたポージングも素晴らしいのですが、その細身のスタイルや全身の模様など再現度が物凄く高いですね。
細長い指など、ケムール人らしい特徴をよく捉えていると思います。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 ケムール人0
背面です。
こちらも塗装の手抜きはありませんね。
可動箇所は両腕と腰になっています。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 エレキング
宇宙怪獣 エレキング
ウルトラセブン第3話「湖のひみつ」に登場した電気を放つ宇宙怪獣です。
ソフビ人形やスチール写真ではお馴染みのポージングで商品化されていますね。
この大きさなので仕方ないですが、角がやや太めになっています。
しかし全身にある黒い模様はフル塗装!これがソフビ道の凄い所なんですよね~

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 エレキング0
背面です。
尻尾の先までしっかり模様が塗られていますね。
可動箇所は両腕、腰、尻尾となっています。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 メトロン星人
幻覚宇宙人 メトロン星人
ウルトラセブン第8話「狙われた街」に登場した宇宙人です。
覗き穴まで再現された造形も凄いのですが、やはり塗装の細かさが目を惹く部分でしょう。
目の光り方まで塗装で再現されているメトロン星人の商品はかなり少ないのではないでしょうか?
顔もちゃんと艶ありで赤く塗装されていますね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 メトロン星人0
背面です。
背中の六角形の模様まで塗られています。
可動箇所は両腕と腰になっています。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 キングジョー
宇宙ロボット キングジョー
ウルトラセブン第14話&第15話「ウルトラ警備隊西へ 前篇&後篇」に登場したロボット怪獣です。
こちらもスーツ特有の皺などが造形されており、両腕を上げたポーズや右足を少し前に出したポージングなど、
非常に出来の良い「キングジョー」に仕上がっています。
胸の発光パーツも、細かい色分けで塗装されていますね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 キングジョー0
背面です。
このキングジョーも、個人的には「決定版」だと思っている立体物の一つですね。
可動箇所は両腕と腰になっています。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 ガッツ星人
分身宇宙人 ガッツ星人
ウルトラセブン第39話&第40話「セブン暗殺計画 前篇&後篇」に登場した宇宙人です。
ガッツ星人と言えば全身の模様が複雑な事で有名ですが、ソフビ道の手にかかればこの通り。
ほぼ完璧に塗装されています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 ガッツ星人0
背面です。
頭部のピーコック模様まで塗られている事にやや狂気を感じてしまいますねw
可動箇所は両腕と腰になっています。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 ビーコン
電波怪獣 ビーコン
帰ってきたウルトラマン第21話「怪獣チャンネル」に登場した怪獣です。
まずビーコンがリアルタイプのソフビ人形として立体化した事に、当時は度肝を抜かれましたw
しかもソフビ道らしく素晴らしい出来で、体の各部が夕陽に当たっているかの様な塗装まで施されています。
うーん、ビーコンをチョイスしたセンスには拍手!

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ソフビ道 ビーコン0
背面です。
カラフルな刺部分も塗装されており、右肩付近には劇中で破壊された刺パーツの跡まで再現されていますw
可動箇所は両腕と腰になっています。


本来は今回の記事でソフビ道編を完結させたかったのですが、やはり種類が多いので次回で完結させたいと思いますw
しかし今見ても、ガッツ星人は食玩ソフビとは思えない塗装の細かさだなぁ・・・
さぁ、ソフビ道で商品化された怪獣は残り7体!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:12
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1841-b7d66fba
コメント
極悪地球人 2014/05/15 19:54 id:-
確かにガッツ星人の塗装の力の入れようは半端ないですね~。それに比べていまの500シリーズのは・・・(笑)
passenger 2014/05/28 23:13 id:-
仰るようにキングジョーの太もも裏や二の腕の弛みを造形しているところから今では感じられない狂気を垣間見ました。5桁¥ソフビでしか味わえない徹底ぶりを低価格でとは。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ