大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

キングザウルスシリーズ アントラーのソフビ人形

何時ものレトロ系ソフビ人形のカテゴリーに入れるかどうかは微妙な所でしたが、
かつて「ポピー」より発売されていた定番ソフビ人形シリーズ「キングザウルスシリーズ」も一応所持しております。
流石に数は少ないですが、その中の1体を今回はご紹介します。

キングザウルスシリーズ アントラー
磁力怪獣 アントラー
ウルトラマンの序盤に登場した、アリジゴクに似た強敵怪獣ですね。
定番ソフビ人形の昆虫怪獣枠として常連のアントラーですが、キングザウルスシリーズでも勿論ラインナップされています。
キングザウルスシリーズの特徴として、これまでのシリーズよりはリアルな造形ながらも、
塗装は派手目なものが多いというものがありますが、このアントラーは割と劇中イメージに近い塗装ですね。

キングザウルスシリーズ アントラー0
こちらは数年前に中古ショップで格安で手に入れたものなのですが、その状態は何と泥だらけw
そこで念入りに洗浄してみると、新品とほとんど変わらない状態だったので驚いてしまいました。
スタイルも良くブルマァク時代のアントラーに比べると技術の進歩を感じますが、
全身がやたらザラザラした質感だったり、よく見ると足の爪が3本あったりとスーツのイメージとは微妙に異なります。
この「惜しい」感じがキングザウルスシリーズ特有のイメージだったり・・・w

キングザウルスシリーズ アントラー1
焦げ茶色の成型色の上に、各部がメタリックイエローやガンメタなどで塗装されています。
可動箇所は両腕と腰になっていました。

キングザウルスシリーズ アントラー2
キングザウルスシリーズ特有の特徴としては、足の裏に「足型」が刻印されている点にあります。
ちゃんと設定に近い形になっているのですが、何とアントラーは足型の設定画の段階から三本指なんですよねw
そこから逆算した結果が、足の指が3本の造形になってしまったという事なのでしょうか。
辻褄を合わせるのは悪い事ではありませんが・・・w

以上がアントラーのレビューになります。
キングザウルスシリーズは後の時代に復刻されるケースが少なく、
どれも割高になってしまっているのが惜しいんですよね~。
大きさも「ウルトラ怪獣シリーズ」とほぼ同じだけに、コレクターの方も多いそうです。
オークションなどでも高騰しているケースが多いですし、これからますます人気が出そうな予感・・・

youtubeでは、ウルトラマンギンガSの最新話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:26
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1950-cd2a3ef8
コメント
マグロ食ってるやつ 2014/09/05 20:23 id:-
レトロ系ソフビは味のある造形でいいですね。
passenger 2014/09/08 19:54 id:-
泥落としたら並品以上のものが…掘り出し物って良いですね。昔のアントラーはどれも直立不動なのは不思議。
私の唯一所有しているホーはゴニョゴニョ(犯罪にあらず)して手に入れたものですから、安く手に入れた話を聞くと「良いなぁ」と羨ましくなってしまいます。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ