大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンギンガS 前半戦の感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS タイトル

さて、youtubeでも第8話まで配信が終わりましたし、
改めて「ウルトラマンギンガS」という番組についての感想を軽く纏めたいと思います。

前作の「ウルトラマンギンガ」の続編という事で制作された本作ですが、前作とは路線や絵作りが大幅に変更され、
第一印象としては「ウルトラマンや怪獣をカッコよく見せよう」という気合というか気迫みたいなものが伝わりました。
今回は特撮シーンをこれでもかと挿入しており、
更に人間アクションも挟む構成なので凄く「特撮番組」らしくなっているんですよね。
ドラマパート中心でお話が面白ければ私もそういう番組は全然OKなのですが、
やはり特撮を魅せる事が特撮番組の真骨頂であると私は考えているだけに、
この2014年の夏に8週間連続で、本当に「いいもの」をTVで見させてもらったなぁというのが正直な感想です。

前作のギンガでは降星町(というか降星小学校やその裏山付近)が主な舞台でしたが、
今回は雫ヶ丘という街の付近が主な舞台になっており、市街地から郊外まで様々なバトルフィールドが用意されました。
更に曇空ばかりだった前作とは異なり、青空が基本という事で凄く安心感のある画面に感じました。
それに加えてミニチュアの精密さや背景までしっかり作り込んでいるセットなど、
ちゃんと「地球上で戦っている」点が強調されたセットが凄くウルトラマンらしいな~と。
何より市街地で戦うのは何だかんだで燃えるんですよねw
ビル破壊シーンやハイスピード撮影の上手い使い方など、
ティガ~ガイアの時期かと見まごう特撮シーンも多く見られたのは、このご時勢には凄い事だと思います。

UPG、地底人ビクトリアン、チブル星人エクセラーと新たなる3つの勢力が登場するという盛り沢山ぶりも、
この少ない話数で大丈夫なのかと当初は心配になりましたが、
短い時間にも関わらずたくさんの要素を詰め込む事で各自の見せ場をしっかり作っているのも好印象でした。
ですがやや駆け足気味にも感じる所も多かったですし、後半戦でその辺りのフォローがあると嬉しいなぁと。

登場怪獣はここ数年で活躍しているキャラクターが中心でしたが、
毎回「強くてカッコいい」と感じるシーンがとても多かったですね。
例えば第2話のエレキング。
基本は口や尻尾からの電撃攻撃という何時もの攻撃パターンでしたが、
それを乱射したり尻尾に電撃を宿して相手を打ち付けたりする演出を加えることで、
今までに無い「強敵感」が強調されている様に感じました。
他にもキングジョーカスタムがビクトリーを射撃で吹っ飛ばすシーンなど、印象に残るド派手さが本当に素晴らしい!

新怪獣のシェパードンも強面な見た目とは裏腹に、
その健気な活躍シーンが多くのファンの心を掴んでいるみたいですし、
新合体怪獣ファイブキングの市街地襲撃シーンや後光をバックに吠えるシーンなんかも最高でしたねw
何回も言っていますが、ギンガSの特撮面の演出は私のツボに入りまくりなんです。
「ヒカルが怪獣にウルトライブできる」という設定もサドラなどでちゃんとやってくれましたし、
ただライブするというだけではなく、物語の流れやその時の状況とちゃんとリンクさせているのが細かいんですよね。

狂気じみたチブル星人エクセラー、常に自信満々なガッツ星人ボルスト、
命令に忠実ながらも感情らしきものが見え隠れするアンドロイド・ワンゼロ。
悪役側も個性溢れる面々ばかりでしたね。
突然乱入してきたヤプールもあれで終わりかどうかはまだ不明ですし、
後半戦ではエクセラーが狙う「ダークルギエル復活」が物語と彼の運命を大きく左右しそうです。
ワンゼロを中心に、敵側のドラマももう少しじっくりと見てみたいですねぇ。

UPGの奮闘ぶり、ウルトラマンビクトリーのウルトランス能力やウルトラマンギンガストリウムのウルトラ6兄弟の力など、
たくさんの要素を活かしきった前半戦ラストの第8話が個人的には現状のベストエピソードでしょうか。
総括すると、現時点でウルトラマンギンガSはとても面白い番組だと私は思います。
後半戦もこのノリで・・・いや、これ以上のノリで突っ走ってくれる事を期待しちゃいます。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:49
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1951-239900af
コメント
ウルトラマンベルゼブブ 2014/09/08 00:04 id:-
ギンガSが始まってからの2ヶ月は本当に火曜日が待ち遠しく感じましたね。

ウルトラマンや怪獣達の活躍をカッコよく爽快に魅せてくれましたし、市街地戦もやってくれるなど我々のツボを押さえた作りになっていたなと思います。
敵もまさかのチブル星人だし、ファイブキングは前半クライマックスに相応しい強敵ぶりで興奮させられました。また、キラメクミライが1クールだけで終わらせずエンディングになっていたのも個人的に嬉しかったですね。

これは後半も期待せずにはいられないです!!
ちょろQ 2014/09/08 13:28 id:-
私はようつべ配信組ですが、「ウルトラマンギンガS」は「たしかなまんぞく」を感じさせる良い特撮番組だと感じました。個人的に1番好きなのはゼロシリーズなのですが、今回の「ギンガS」は特撮に物凄い迫力を感じました。やはり坂本監督と田口監督の演出力の賜物ですね。
エクセラーのキャラが最後にぶっ壊れてて、笑ってしまいましたw。ワンゼロは今後、マックスのエリーポジションに収まりそうな予感が個人的にひしひし感じていますw。後編も楽しみです。
スタスク 2014/09/08 20:05 id:-
前作のキングパンドンやガルべロス回等で監督し、やらかした原口監督を下し、新たに坂本監督や田口監督といった素晴らしき人材を投入し、さらに同じく前作で概ね好評だったセブンダーク・マンダークとの対決回を監督した石井監督を再登板させるなど、良い人材は残し、そうでない人材をバッサリ切り捨てるやり方が功を奏した感じですね。
こういう言い方すると原口監督に失礼ですが、でも彼の監督回は正直残念な部分が目立ちましたし…。

後半戦もこの人材で突っ走ってもらいたいです!!
へちま 2014/09/09 00:28 id:-
サーガ、ゼロファイト、ギンガと今の円谷プロではミニチュア破壊などの特撮は辛いのだろうなと内心諦めかけていたものをギンガSで見事に復活させ、しかも期待をはるかに越える作品が見れてとても満足でした。
あとは前作で消化不良だった謎やビクトリーとビクトリアンの過去などを後半でしっかり回収してくれるのか、そこだけが心配ですねw
ハルト 2014/09/09 12:10 id:-
前回のギンガは期待していただけに裏切られ感が凄まじかったですね。

今回のギンガSは期待してはいけない、きっとまた裏切られる…そう思って観たところ、良い意味で裏切られましたね。

「もう一度俺と戦ってくれ…俺に『切り拓く力』を!…ギンガぁ!!」

ギンガのテーマと共に、再び地球に姿を現すウルトラマンギンガ…何故か涙が止まらなかった…。

コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ