大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

大怪獣ラッシュ2期目 第6話

※新ウルトラマン列伝は4週連続の分割放送の為、
ウルトラマンコスモス2の感想などは最終週に纏めて記事にしたいと思います。


昨日、新ウルトラマン列伝内にて大怪獣ラッシュ二期目の最新エピソードが放送されました。
第6話「決戦!ガンダー対ラッシュハンターズ」という事で、
ガッツガンナー・ガルムはチブル星人の発案に賛成し、何やらチブローダーに細工をしている様子。
マグママスター・マグナは搭乗していたチブル星人の姿が無い事に気が付きますが、
それに対してバルタンバトラー・バレルは「脱出用の短距離転送システムを使ったんだろう」と説明。
ガルムは合図があるまで、二人は囮としてガンダーの注意を引くようにと指示をします。

マグナは冷凍光線を走りながら避け続けますが、
バレルのサンダーブーメランを察知したガンダーは再び雪原へと姿を隠してしまいます。
苛立つマグナの元にようやくガルムから連絡が入り、
何と無人のチブローダーをガンダーの元へと飛ばしていたのでした。
しかもチブローダーを時限爆弾代わりにすると告げられ、マグナは大慌てで疾走しますが、
爆発寸前でバレルによって救い出されます。

チブローダーの爆発に巻き込まれたガンダーは動きを止め、
更に周囲の雪も吹き飛ばされてしまい隠れる事すらままならない状況に。
すかさずガルムはガトリングショットで、バレルはツインサイクロンソーサーで、
マグナはバーサクを併用して冷凍光線を弾きつつ、マグナムジェットクローでそれぞれ攻撃!
プラズマソウルを全て砕かれたガンダーは雪原へと落下して行くのでした。

戦いが終わり、さっさと引き上げようとするガルムに対してマグナが詰め寄ります。
ガルムは前々から「何かを隠している」んじゃないのかと問いかけるも、それを無視するガルムでしたが・・・?
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第2期 第6話


相変わらず見せ場しか無い大怪獣ラッシュですが、今回はガンダーの描写が特にお気に入りとなりましたね~。
雪原から目だけを出してキョロキョロと動かす姿は、まるで地底に潜る事を前提としたデザインに見えてしまうほど!
ああやってデザインをしっかり活かした演出をしてくれるのは、ファンとしてはとても嬉しい所です。
(セブンの時も地底に潜っていましたけど、潜るシーンなどはありませんでしたからね)
ラストにはちゃんと飛んでくれましたし、ガンダーの魅力をこれでもかと引き出してくれていたと思います。

チラっとプラズマキラーザウルスの姿も見えましたし、
次回は何とガルムの旧友でもあるガッツ星人シーズも活躍!?
キングジョーを相手に新たなハンテンィグがスタートする模様です。

youtubeでは前回の新列伝の他、今回放送された大怪獣ラッシュの映像が配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:46
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1966-6a30ba94
コメント
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ