大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その15)

今回は「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」とほぼ同規格の商品である、
ウルトラファイト スーパーアルティメットBOX」に付属してきたミニソフビ人形をご紹介します。
こちらはDVD-BOXの特典なのですが、何と「ウルトラファイトの新撮部分に登場した全キャラを商品化」という、
当時のファンに「気でも狂ったのか」と言わしめたラインナップが話題を呼びましたw
そのサイズや仕様などは「ソフビ道」や「ウルトラマン対決セット」などのミニソフビシリーズとほぼ同じなので、
こちらの商品もこのカテゴリーにて取り上げる事にしました。

DVD-BOXですが、私は正直に言うとこのソフビを目当てに購入したようなものです。
しかしいざ映像を見てみると、その独特の世界観に心を打たれ(脳がやられたと言う方が正しい)、
BOXに付属してきたソフビ人形たちがより愛おしくなってしまいました。
今回は全14体の内、半分の7体をご紹介したいと思います。


ウルトラファイト ウルトラセブン
ウルトラセブン
今回は例外という事で、ウルトラヒーローの方も掲載しておきます。
ウルトラファイト唯一のウルトラヒーロー、ウルトラセブン!
ファイト版という事で、スタイルもどことなく何時ものセブンとは違うイメージになっています。
何気に手足が朱色で塗装されていたり、目が二重塗装になっているのが細かい!

ウルトラファイト ウルトラセブン0
背面です。
劇中ではヒーローらしい姿を見せる一方で、怪獣たちを笑い飛ばしたりとヒーローらしからぬ行動も目立ちましたw
ウルトラファイトのセブンと言えば後頭部が黒い色をしているスーツがある事で有名ですが、
このソフビは後頭部が銀色のスーツを元に作られたようです。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト ウー
ウー
本編のウーとは異なりかなりの暴れん坊で、怪獣の中では勝率が高い事で知られるウー。
初代ウーとは全く異なる顔も、ちゃんと再現されているのが嬉しいですね。
戦いを重ねる毎に全身の毛が汚れていく様が有名ですが、このソフビは比較的綺麗な時のウーを再現しています。
あのゴワゴワした毛の表現は、流石にこのサイズのソフビだと厳しかったみたいですね。

ウルトラファイト ウー0
背面です。
各部に黄土色や白でスプレーされています。
ウーは一部で「ウーさん」と呼ばれる程の人気キャラクターですが、その勝率の高さが人を惹きつけるのでしょうかw
可動箇所は腰のみとなっています。


ウルトラファイト エレキング
エレキング
角が回らず、垂れ下がったままの黄色いエレキングです。
劇中では2タイプのスーツが出演していましたが、商品化されたのは有名な初期タイプの方ですね。
タロウの2代目エレキングとはまた違った「緩さ」を感じる造形ですw
黒い模様部分も大部分が塗装されていますね。

ウルトラファイト エレキング0
背面です。
劇中でもたまに使用していた、長い尻尾もちゃんと再現されています。
ウルトラファイトでも流血シーンがあったのには驚いた記憶が・・・w
可動箇所は両腕、腰、尻尾になっています。


ウルトラファイト イカルス
イカルス
ウルトラファイトを代表する人気キャラクターであるイカルスですね。
登場話数によってはクリスチャンだったり女の子だったりとキャラクターが全く定まっていないですし、
当時のソフビ人形を元にしたのか全身緑色というカラーリングもインパクトがありますよねぇ。
本来はもう少し明るい緑色なのですが、この商品ではくすんだ感じを表現したのか、かなり渋い色味になっています。

ウルトラファイト イカルス0
背面です。
各部に泥をイメージした茶色いスプレーが吹き付けてありますし、ひび割れた体表や皺の表現など、
造形面でもくたびれた感じがよく漂っているので素晴らしい商品だと思います。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト バルタン
バルタン
超メジャーキャラクター、バルタン星人もウルトラファイトに出演するとこの通り。
劇中ではタイツか何かに全身のパーツをくっ付けている構造のスーツなので、
パーツが取れそうになっている場面も珍しくありませんでしたw
ウルトラ怪獣シリーズでもソフビ化されましたが、こちらはより塗装面が凝っている印象です。

ウルトラファイト バルタン0
背面です。
腰パーツの穴までしっかり塗られているのが嬉しいですね。
たった一度だけ、その丸っこいハサミではなく「素手」で物を掴んだ事はあまりにも有名なエピソードでしょうか。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト テレスドン
テレスドン
スーツがボロボロのグチャグチャになり、もうデットン寸前になっているテレスドンも素晴らしい再現度で商品化。
シワだらけの全身に焦点が定まっていない目付き、もはや崩壊寸前の口元など見れば見るほど凄いな、とw
各部には明るい茶色で塗装されていて、泥まみれな感じもよく伝わってきます。
こ、これがあのシャープでカッコいいテレスドンの成れの果て・・・

ウルトラファイト テレスドン0
背面です。
確か劇中では1度も勝利していない唯一の怪獣だった気が・・・
顔の形状がやや違いますけど、対決セットのサドラと並べても遊べます。
可動箇所は両腕、腰、尻尾になっています。


ウルトラファイト ガッツ
ガッツ
比較的マトモな見た目ですが、劇中では頭が左右にヨレヨレだったり、
スーツアクターの腕が手の先まで届いていなかったりと散々な場面も多いガッツw
汚れた感じを表現する為か、成型色も白ではなくクリーム色になっています。
しかし塗装の細かさは対決セットやソフビ道に匹敵するレベル、凄い!

ウルトラファイト ガッツ0
背面です。
頭部の特徴的な模様は、このファイト版のスーツだと綺麗さっぱり無くなっているんですよねぇ。
その大きな頭を活かして、嘴での攻撃やヘッドバッド攻撃も印象的でした。
可動箇所は両腕と腰になっています。


以上がウルトラファイトDVD-BOXの特典として商品化されたソフビ人形になります。
次回は後編という事で、残り7体の怪獣ソフビを一気に取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|00:40
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1977-0a31196d
コメント
マグロ食ってるやつ 2014/10/05 10:59 id:-
ドライブの演出そんなに微妙ですかね?
割といいと思いますけど
TO 2014/10/08 17:33 id:kArElCN6
はじめまして、ニコ動ではお世話になっております。

>ガッツ
ラッシュのシーズのモデルは、たぶんこれ?
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ