大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第69話

新ウルトラマン列伝
本日、第69話が放送されました!
第69話「80の絆 思い出の先生」
ウルトラマンメビウス第41話「思い出の先生」の内容を放送しました。

放送当時から大きな反響のあった、ウルトラマンメビウス屈指の名エピソードですね。
ウルトラマン80は昭和のTVウルトラシリーズ最終作でしたがあまりクローズアップされる機会が無く、
メビウスで単体のエピソードが用意される事が決定した時に、とても喜んだのを思い出します。
それまでもフォーメーション・ヤマトやサラマンドラの登場など、
80に関わる要素も色々とあっただけに「ここに来て真打登場か!」と。

冒頭ではロベルガー二世との激しい戦闘が繰り広げられ、ウルトラマン80の「戦士」としての活躍はそこに集約。
後半のホー戦では、かつての教え子たちの前に「教師」として登場するという構成も素晴らしかったですね。
あの短時間の中、4つも必殺技を使用した辺りが光線技の豊富なウルトラマン80らしいな~と。
ホーの涙やメビウスを見ての「お前じゃない!」的な駄々っ子アクションも、
かつては失恋怪獣として登場した怪獣の、新たな一面を垣間見た気がしました。

今回は特撮面よりもドラマ面の方が中心で、かつて桜ヶ丘中学校の生徒だった塚本が立派な教師となって再登場。
自分を立ち直らせてくれた矢的猛先生に同窓会で会いたいと、
同級生のスーパーや落語たちと共に考えるというストーリ-が泣かせます。
ウルトラマン80本編を見ていなくても、この流れだけで涙腺に来る方も多いのではないでしょうか。
他にもファッションやハカセ、真一など懐かしい顔ぶれも揃いますが、
ウルトラマン80の教師編はシリーズの途中でフェードアウトしてしまったのは有名なお話。
それをメビウスの中で完結させようとするスタッフの愛情や努力は素晴らしいものだと思います。

塚本を中心にかつての生徒たちを描写しながら、
矢的猛ことウルトラマン80が地球を離れている事実を知っているウルトラマンメビウスことヒビノ・ミライ。
彼らに矢的猛の居所を尋ねられますが答えられるはずもなく、
GUYS隊員とウルトラマンとしての自分に板挟みになるという構図も泣かせます。
矢的猛も、教師とUGM隊員、更にウルトラ戦士の狭間で厳しい立ち位置に居続けた訳ですからね。

当初はウルトラマン80も勝手に教師を辞めてしまった自分が今更生徒たちとは会えないと考えていましたが、
メビウスの危機を察して彼らの前に満を持して登場するその姿!
「俺たちのウルトラマンだ!」「矢的先生ー!矢的先生ー!!」という彼らの言葉は、
当時80を見て育ったファンの心の叫びを代弁してくれた素晴らしいセリフだったと思いますw

教え子たちの「仰げば尊し」を耳にした80はその場を静かに飛び去り、
教師として、矢的猛として彼らと再会する事で締めくくられるこのエピソード。
少子化により廃校が決まっている桜ヶ丘中学校が引き起こした、心温まる「事件」だったと思います。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマン80


何より長谷川初範さんが出演された事で、ラストの感動がより一層強調されたお話でしたね。
あれだけの出番にも関わらず、その存在感と「あぁ、矢的猛先生が帰ってきた!」と思わせる演出とセリフの数々。
ウルトラマンメビウスにおけるウルトラ兄弟客演編の中でも、
これが特にお気に入りのエピソードだと話す方も非常に多いですね。
このお話は歳を重ねて見返すほど、新たな発見のある点も人気の秘密なのでしょう。

次回はウルトラマンギンガS後半戦の直前という事で、前半戦の総集編が放送されます。
youtubeでは前回のお話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:09
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1991-f9f7f266
コメント
闇従者 2014/10/22 01:25 id:x8WRXstU
メビウスでの、お気に入りのエピソードでも上位に入ります。
何より、ウルトラマン80という作品に、真の意味で決着を着けてくれた意味が遥かに大きいです。
メビウスではこの直後に、最終章へとなだれ込んでいきましたので、この機会を逃したら、二度とできなかったでしょう。
これをウルトラマン80の『真の最終回』と仰る方もいらっしゃいますが、私もその一人です。
あの感動から、もう7年も経っていますが、本当に色褪せません。

教師とUGM隊員、更にウルトラ戦士の狭間で厳しい立ち位置>
正に3足の草鞋を履いていました。此処まで激務の戦士も珍しいですね。
そう言えば、帰ってきたウルトラマンの郷さんも、隊員、ウルトラマン、レーサーとしての夢もあったので、それを考えると3足の草鞋を履いていたとも、言えなくもないですが。
宇宙の通りすがり 2014/10/22 15:16 id:-
久しぶりの投稿ですが、
80の真の最終回といっても過言ではないこのエピソード。何回見ても感動です。
そして怪獣ホーも80の第3話に登場し、ここに来て80の真のラスボス?になりましたね♪
激団死鬼 2014/10/22 23:34 id:-
余談ですが、新列伝のこの回の次回予告BGMが80当時のものでしたね。


公式がこの話を「80のお話」として扱ってくれたというのはファンへのもう一つのプレゼントといった印象を受けます。



「メビウス」は全エピソードかなりの高水準だけど、特に客演回は名作多いですね。
そんな中でも屈指の名作でした。


キズナス 2014/10/28 12:25 id:-
この話は「幸せそうに倒される怪獣」というのが非常に印象的でした。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ