大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンギンガS 第16話(最終話)感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS タイトル
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガS第16話が放送されました!
第16話(最終話) 「明日を懸けた戦い」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

本日の放送で遂に最終回でしたね~、ウルトラマンギンガS。
予告映像の時点でかなり詰め込んだ展開になるんだろうな~と予想していましたが、
それらの要素を上手く繋いで破綻なく仕上げられていたのは、さすが坂本浩一監督だな~と。
ウルトラマンギンガやウルトラマンギンガSに登場した様々なキャラクターが再登場することで、
文字通り「ギンガシリーズの総決算」的な内容になっていました。

闇のエージェント、降星町の仲間、雫ヶ丘の人々、ビクトリアン、UPG、マナ、
そしてダークルギエルにウルトラマンギンガ&ウルトラマンビクトリー。
とにかく登場キャラクターが多かったですが、それぞれがどういった流れ、
そしてどういう想いで最終決戦に参加したのかがちゃんと描けているのが、まず凄いと思います。
あの短い時間の中でよくぞあれだけ・・・

坂本監督回らしく「主要キャラクターがほぼ全員アクションをする」という見せ場もあり、
特にカムシンこと斉藤洋介さんの活躍ぶりは必見です。
今まであまり目立たないキャラでしたが、最終回でやってくれました。
一瞬でしたが、思いのほか凄くて笑ってしまいました。
最後のVチョコの件といい、最終回の個人的なMVPはカムシンですw
ビクトリアンに負けないぐらい見せ場があったUPGの活躍ぶりも良かったですし、
特にゴウキ関連のシーンはギンガSを見続けていてこそ「グッとくる」ものがありました。

1期目では語られなかったダークルギエルとウルトラマンギンガの関係、
そしてダークルギエルが何故あらゆる存在をスパークドールズ化してしまったのかも明かされましたし、
ギンガシリーズの大きな謎の1つも解けてスッキリしました。
(ただ、全ての謎が明かされた訳ではありませんが)

最終決戦らしくオープンセット&ナパーム爆破祭り、ウルトランスとギンガの技による連続攻撃と、
息つく暇もない戦いの連続だったのも燃えましたね。
ビクトルギエルも最後の最後までラスボス怪獣らしく振る舞い続けていましたし、
文字通り「全員に見せ場があった」良い最終回だったと思います。

ウルトラマンギンガSに関する詳しい感想は、
再来週の総集編の時にでもブログの記事にしたいと考えていますので今しばらくお待ち下さい。
全16話と短いシリーズでしたが、非常に濃密な作品でした。
最後の最後まで「ひたすらに前向き」だったウルトラマンギンガS、とても楽しい16話でした。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS ウルトラマンギンガ&ウルトラマンビクトリー


これにてウルトラマンギンガSのTVシリーズは完結となりました。
今回を一言で現すなら、「良い最終回だった」というのが相応しいのではないかと。
映画に繋がる要素もありましたし、ギンガワールドそのものはまだ続きそうですね。
恐らく前作と同様に「番外編」を映画までのどこかに挟んできそうな予感がします。
何はともあれ、ありがとうウルトラマンギンガS!

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|19:40
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2057-82b2bdc8
コメント
2014/12/23 20:18 id:xOQMIDuI
いい最終回だった
残った謎としてはビクトリーの正体などが一番大きいとは思いますが、劇場版もありますし、これからのギンガワールドに期待です!
こんばんわ 中年ウルトラファン 2014/12/23 21:17 id:-
私も
最高の終わり方だったと思います!
ゼロからまたウルトラマンを見はじめて ゼロの最終回も良かったけれど
今回は 尚 良かったです まさに全員に見せ場ありでしたね
スタスク 2014/12/23 21:33 id:-
最終回は中々楽しめました。でも、謎の放置はちょっと残念でしたね。

ビクトリーはガイア世界でのウルトラマンたちの様な存在だと解釈するにしても、前期に登場したヒカルの祖父であるホツマがタロウの存在とジャシュラインを知っていた謎が放置さえたのだけは残念でした。

あと、今回明かされたギンガとルギエルの関係だと、この作品でのいざこざって、全てギンガに原因があることになります。こいつのせいでたくさんのウルトラ戦士や怪獣がスパークドールズになってしまったのかと思うと、ちょっとギンガという戦士に対する株価が下がりました…。
名無し 2014/12/23 21:38 id:-
今回闇のエージェントで再登場していないメンバーも何人かいますがその方々は「死亡」扱いってことなのでしょうかねぇ?
ハルト 2014/12/23 21:59 id:-
コスモミラクルエスペシャリー!何の躊躇もなくぶっ放し、マナは見殺しか…。少しは躊躇して欲しかった。マナと共に爆発する敵に背を向け決めポーズ…少しイラついた。
激団死鬼 2014/12/23 22:49 id:-
全編クライマックスで、フルコース食べたような満足感でした。


闇の三バカは本当に気合で再登場しましたね(笑)。

しかしゴウキさん、「勝算あり!!」て。
マジで言うとは…流石円谷プロ、俺達が出来ないことを平然とやってのける!そこにシビれる憧れるゥ!
極悪地球人 2014/12/23 23:17 id:-
後半、チラッチラッと映るメトロン星人が気になって仕方なかった(笑)
闇従者 2014/12/24 09:44 id:x8WRXstU
長いようで、あっという間でしたね。
ですが、第1期よりも遥かに超える要素があり、楽しめました。
バルキー星人たちも、やられ要員ではりましたが、ドラゴンボールネタも引っさげて、無事に出演出来てよかったですね、因みにベルメ、生きてたんですねw
エクセラ-は意外とあっさりでした。

色々と楽しめましたが、ルギエルがずっとマナを排除しなかったのは、ちょっと引っかかりますね^^;
体内にある異物をそのまま放置とは^^;
それとも、『どうせ何も出来ないと』たかを括っていたのか?

マナは見殺しか…。少しは躊躇して欲しかった>
私も思いましたが…事前にUPGに知らせていたのか、そうでなければ彼女の覚悟を酌んだのか…いずれにしても、生きていて良かったですな^^
ちょろQ 2014/12/24 13:48 id:-
配信組なのでまだ見れていないんですが、とうとうオワタギンガS…。何か寂しいような。とりあえず大団円?
ギンガの物語は来年の劇場版で一段落つきそうですね。では次はいよいよゼロの新シリーズをば!!
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ