大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第79話

新ウルトラマン列伝
本日、第79話が放送されました!
第79話「栄光の勝利 ウルトラマンギンガS!」
ウルトラマンギンガS後半戦の総集編を放送しました。

第9話、10話、13話、14話、15話、16話の総集編でしたね。
後半戦はアンドロイド・ワンゼロが人と触れ合う中で「マナ」という名前を得たり、
シェパードンの死によってウルトラマンビクトリーに新たな力が宿ったり、
神山長官のせいでUPGが分断されたり、
チブル星人エクセラーをも手玉に取って復活を果たしたダークルギエルが登場したりと、
前半戦以上に盛り沢山な内容になっていましたね。
(今回は出ませんでしたが、1話完結ものとしても出来の良かった11話&12話もありました)

振り返ってみれば、ウルトラマンギンガSという番組は全16話という話数の少なさを逆手に取ってか、
毎回色んな要素を「これでもか!」と詰め込んで、
あたかも2クール番組であるかのような濃密さを出していたのではないかと。
前作に登場したキャラに加えてUPG、地底人ビクトリアン、チブル星人エクセラー率いるダークルギエル配下など、
16話の番組にしてはとにかく登場キャラクターが多かった印象です。

地底人やビクトリー関連の設定に関しては語られなかった部分も多くて残念でしたが、
(今後何らかの形で補完されるかも?)
異なる種族とも手を取り合えるというテーマを、分かりやすく伝える存在としてはとても良かったのではないかと。
終わってみれば、ヒカルは地底人、宇宙人、アンドロイド、そしてウルトラマンと友情を結んだ訳ですからね。
それらのキャラクターが最終決戦に関わり、勝利へと繋がる構成も個人的には大好きでした。
(ガイアやメビウス的な展開に近いかも?)

謎と言えば、今回の総集編でも触れられていましたが、
ウルトラマンギンガとダークルギエルの関係もようやく明らかになりました。
どちらも声が杉田智和さんですし、ギンガスパークとダークスパークなど類似点も多く、
当初から何らかの関係があると予想していたファンも多かったですが、
結果的にはヒカルが言った通り「元は一つの存在だった」ということなのでしょうね。

今回のお話では新規撮影で、ギンガとルギエルが別々の道へと歩む瞬間が映像化されていました。
あの映像を見ていると、遥か未来の時間軸で「何者か」が「命」がある故に引き起こされる悲劇について思い悩み、
悲しみや過ちが二度と起きないように、幸福の中で全ての時を停止させればいい
悲しみや過ちが起きたとしても、それを乗り越え、より良い未来を次の世代へと受け継がせればいい
そう答えをだした「何者か」は人格が2つに分かれて、それぞれの道へと歩みだしたということなのでしょう。
前者はダークルギエルに、後者はウルトラマンギンガに。

こうなるとダークスパークウォーズはギンガのせいで引き起こされたんじゃないかという意見もありましたが、
元が一つだったとはいえ、今のギンガとルギエルはお互いにとっての「分身」でありつつ、
今はそれぞれが全く違う生き物になってしまったと私は考えています。
なのでギンガのせいで戦争が起きたというのは筋違いの批判ではないかと。
ギンガ自身も分身であるルギエルが引き起こした事件に関して責任を感じる部分があったり、
違う時間軸からやって来た者なので、多くは語らない性格になったのでしょうか。

個人的にギンガSで一番「良かった」と思えたのは、ダークルギエルの思想が断片的ながら明らかになった所です。
前作では何故生き物の時間を止めたがっていたのかが不明確でしたし、
一応ラスボスなので「侵略の理由」がしっかりしていないとキャラクター性がとても弱く感じてしまうんですよね。
今回は他人を利用することばかり考えていたチブル星人エクセラーよりも上手で、
更にビクトルギエルという強力な肉体を得て大暴れしてくれたので、
ルギエルというキャラの魅力がちゃんと引き出されていたように感じました。

上でも触れた通りギンガとの因縁も明かされましたし、彼なりに「命がある故に起こる悲劇」を回避する答えが、
「幸福の中で全ての者の時間が停止すればいい」というものだった。
これが分かっただけでも個人的には大収穫でした。
大物の悪役キャラには、やはり何らかの思想が無ければいけません。

前作を含めると2クール以上の番組になったウルトラマンギンガシリーズ。
まだ映画が控えていますし、毎回「裏設定」が補完される超全集シリーズも発売が決まっています。
恐らく前作と同様に「番外編」もあるでしょうし、それと映画で一区切りなのか、それとも次があるのか。
今は分かりませんが、まだまだ活かせる要素がいっぱいあるだけに、
ヒカルやショウの「冒険」が続くのであれば、引き続き応援したいな~と思っています。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS ギンガ&ダークルギエル


これにてギンガSは完結!
感想がギンガとダークルギエルの関係ばかりになってしまいましたが、
新撮のやり取りにビックリしてしまったのでこういう内容になってしまいました。

次回からは映画に合わせて、平成ウルトラマンが活躍するお話を放送していく模様です。
まずはウルトラマンティガ外伝の前後編からスタートですね。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:17
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2069-76527dc2
コメント
ちょろQ 2015/01/07 13:33 id:-
よく「光と闇は表裏一体」という言葉がウルトラシリーズでは出てきますが、今回のギンガとルギエルの関係性ほどそれを如実に表現したものは今までありませんでしたね。ダークザギはいわばノアのコピーですし、ゼロとベリアルに至っては完全に別人ですからね。ギンガとルギエルの元となった「何者か」が存在していた未来の時間軸で何があったのかも気になりますが、おそらくそれは解明しなくてもいい謎なんでしょうね。彼らが今いる「現在」が全てでそこから新しい未来が続いていく事になるでしょうから。とりあえず、今はギンガの戦いが一段落した事を喜びたいと思います。これから更に大変な事が待ってますからね(映画)。その次の物語がどうなるかも楽しみです。
管理人のみ閲覧できます 2015/01/20 19:40 id:
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ