大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第80&81話(割と酷評)

新ウルトラマン列伝
先週と今週に、第80話&第81話が放送されました!
第80話&第81話「ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人(前編&後編)」
オリジナルビデオ作品のウルトラマンティガ外伝を分割放送しました。

ティガ外伝は縄文時代を舞台にした文字通りの「外伝作品」でして、
ダイゴ役の長野博さんが出演できないので、その息子である「マドカ・ツバサ」(長野さんが命名)が登場。
ネオスーパーGUTSの一員として活躍していたツバサが、怪獣と共に縄文時代へと飛ばされてしまう・・・という内容です。
登場人物もそれまでの平成ウルトラシリーズに登場した顔ぶれが別人役として多数登場し、
一種の「同窓会」的な内容になっているのが特徴ですね。

この作品、最初に見たときは「あれっ?」という印象を受けたのを今でも覚えています。
登場人物もBGMも確かにティガなのですが、時代設定のせいもあるのか全然ティガらしくないな~と。
ティガという作品は近未来の世界を舞台に、少しダークな雰囲気を漂わせた敵キャラクターが登場し、
それに地球人類が立ち向かっていく所に私は魅力を感じていたので、悪く言えば肩すかしを喰らったのです。
長野さんが出演できない時点でTVシリーズとは切り離した物語にせざるを得なかったのでしょうけど、
久しぶりのティガ新作ということでワクワクしていたので、いざ見てみると「あれっ?」と思ってしまったわけです。

ティガ外伝には土偶をモチーフとしたドグーフを切り札とする闇の勢力も登場しますが、
光と闇の戦いにしては「光」側の描写が弱かったのも気になりました。
主人公であるはずのツバサは、
良くも悪くも父であるダイゴ(人とウルトラマンの間で悩んだ変身者)の遺伝子を受け継いでいるので、
ウルトラマンティガに変身しても普段の半分ほどの力しか出せず終い。
(それにツバサ自身も悩んでいる様子?)
そして真のウルトラマンティガは、村の少年アムイであったというのが後半で明かされます。

アムイはドグーフの復活と巫女から与えられたアイテムにより光の因子が覚醒したのでしょうけど、
彼がティガになるなら最初の内からもっとそれらしいキャラにすれば良かったのに、と思ってしまいます。
視聴者の意表を付く展開にしたかったのでしょうかね?

せっかくツバサという主人公が存在するのに、最後はティガを見守るただの傍観者として存在していたのも可哀想です。
マホロバのように戦いのアシストをすれば少しは印象が変わったのでしょうけど。
青年などでは無く子供がティガになるという展開はある意味ティガらしくもありましたが、
この辺りも改めて見ると余計に「う~ん?」と首を捻ってしまいました。
ぶっちゃけると、ツバサが居なくても話が進みますよねこのストーリー。
(スパークレンスの説明係と、アムイが変身するまでの繋ぎでしかありませんでした)

もっと言えば、ツバサというキャラを出すのなら無理に縄文時代を舞台にしなくても良かったわけで。
超古代とは無関係な時代ですし、このお話で明かされた謎は「ティガの里(後のティガの地)」の過去ぐらい。
(それとダイナ世界の未来や成長したヒカリがどうなっているのかも)
予算の都合などもあったのでしょうけど、これならツバサが未来の世界でどんな活躍をしていて、
そして如何なる理由でティガになったか・・・という内容の方が余程ティガファンが見たかった展開なのではないかと。
ティガはTV最終回で消滅したという声もありましたが、ティガ&ダイナでは光が集まって実体化していますし、
ファイナルオデッセイでも再び登場しているので、ツバサティガが未来の世界に存在しても不自然では無いと思います。

ティガがタイプチェンジし、スカイタイプやパワータイプになってその能力を発揮するなど嬉しい面もありましたが、
それ以上に目に付いてしまう部分が多すぎました。
ウルトラマンティガが大好きだったからこそ、ガッカリする部分が多かったのでしょうか。
列伝では外伝の主題歌も流れませんでしたし、物足りなさが半端無かったです。

一方で、パワータイプやスカイタイプになったティガの新撮映像が出たり、
ギンガSの映画でティガ&ダイナ&ガイアがファイブキングと激闘を繰り広げる場面も放送されました。
こうやって、ただの再放送ではないのが列伝の良い所ですよねw
特にファイブキングが平成3部作戦士と戦う姿は見てみたかったので、映画の楽しみがまた一つ増えました。
これからも毎週のように、こういう新映像が流されていくのでしょうかね。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンティガ


改めて言っておきますが、別にティガ外伝が嫌いなわけではありません。
(それに、あくまで私個人の感想です)
縄文時代を舞台にしたウルトラシリーズという点でも珍しい作品ですし、
可能な限りで縁のあるキャストが再結集したのもファンとしては嬉しかったですから。
ただ、私の中の期待値が高すぎたのでしょう。
今見直しても、あまり感想は変わりませんでした。
ちなみに平成ウルトラ3部作のOVシリーズは、
ティガが本編より過去、ダイナが本編中、ガイアが本編の後日談とそれぞれが違う時系列にあるのも特徴です。

次回はウルトラマンダイナ編ということで、レイキュバス登場回が放送されます。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:05
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2080-04afa21a
コメント
わたの助 2015/01/20 20:16 id:6s/0E..M
ティガ外伝はこれで初視聴です。
個人的には面白かったです。
でもツバサはもっと活躍させてもよかったんじゃないかと思いました。
2015/01/20 20:27 id:GJzF38Bw
内容としては面白かったですけど、ツバサ関係がちょっと残念という印象はやっぱりあまり変わりませんでした。
ツバサ自身のキャラは割と好きなので、ほぼ説明係なのが残念なんですよね。
サーガでスーパーGUTSメンバーのその後が明かされたように、ヒカリやネオフロンティアスペースのその後が当時判明したのはうれしかったんですけどね。

新撮映像はうれしかったです。
ティガ特有のタイプチェンジのカラーチェンジまできちんと再現されていて
ゆっくり 2015/01/20 22:24 id:-
ツバサはネオスーパーGUTSの隊員ではなくアムイと同じくらいの子供で、最後はティガに変身するという展開でも良かった気がします。

最後の新撮映像のティガ・ダイナ・ガイアvsファイブキングはわくわくしましたね。3月が待ち遠しいです。
ちょろQ 2015/01/21 13:19 id:-
ほう、TDGはファイブキングとバトりますか。って、誰がライブしてるんだ!?
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ