大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンX(エックス) 第2話感想(ややネタバレあり)

本日、第2話「可能性のかたまり」が放送されました!

今回は序盤で基地に見学者を招き、そこでXioの説明をするという描写がありましたね。
視聴者的にも分かりやすいですし、今の時代ならではの演出も交えていたので、画面的にも面白かったです。
そしてファントン星人グルマン博士も初登場。
見た目はインパクト抜群ですが、大人の科学者なので中身はしっかりしていましたね。
ただしファントン星人特有のダメな点もしっかり描かれていましたがw

グルマン博士は宇宙人でありながら、既にXioの内部では、かなり頼りにされている存在になっているんですね。
番組的には初登場であるにも関わらず、全ての登場人物とごく自然に接していたのは面白い点だと思います。
大地とエックスの関係も非常に良好で、どちらも既に番組中盤であるかのような馴染み具合。
これがウルトラマンXの世界観なんですね~。

バードンも「実にバードン」という描写ばかりで、人を襲い、火を吐き、空を飛び回り、更に猛毒もガンガン使うという。
今回初めて描写された「巣作り」や、鳥らしい「首の動き」には驚かされました。
更に元から高温地帯に潜む怪獣だけに、その卵の孵化のさせ方も「そうきたか!」と。
スカイマスケッティとの空中戦も、ウルトラマンメビウスから9年経って色んな技術が進歩したんだなーと、
改めて感じさせられる素晴らしい出来栄えでした。
(もちろん演出の良さも合わさっての結果ですが)

劇中で隊長や副隊長が話していましたが、怪獣撃破だけがXioの任務ではありません。
怪獣を退治するのは、あくまで人の命に危機が迫った場合のみ。
しかし今回現れたバードンは肉食性で、更に子供を産んで数を増やそうとする明確な意思がありました。
駆除対象の生き物の数を減らす場合、まずは雌の個体を減らすのがセオリーというもの。
まさか、第2話にしてここまで怪獣退治に対する姿勢を描いてくれるとは思いもしませんでした。
(あえて2話目に共存不可能な怪獣であるバードンを持ってきたのも、これをやりたかったからなんでしょうね)

グルマン博士とxioの技術、そして主人公の大空大地とエックスの力がクロスし、
遂にウルトラマンエックスゴモラアーマーもお披露目となりました。
鎧に対するエックスのコメントも楽しいですし、ああやってウルトラマンを驚かせるという描写も新鮮ですね~。

怪獣をスパークドールズにしてしまうその力、人形になった状態では果たして生きていると言えるのか。
そこに対するツッコミもありましたし、それに対する大地の前向きな考え方もお見事でした。
1話と合わせて、たった2つのエピソードで「この番組がどういう作品であるのか」を提示してくれたウルトラマンX。
TVシリーズにしては高い水準の特撮も相まって、私的には早くも「お気に入りの作品の一つになった」と胸を張って言えます。
ウルトラマンX バードン


ウルトラマンガイアやウルトラマンコスモスなど、これまでのシリーズにも怪獣と共存するというテーマが何度かありましたが、
ウルトラマンXは「怪獣を人形にできる」という新たな要素が加わって、それらとは違う答えを一つ提示してくれましたね。
人形にしているのは、あくまで解決策を見出すまでの間だけ。
しかも理想論などではなく、しっかりとした考え方で未来を見据えているのが大地の良いところだと思います。

さて、次回はテレスドンが夜の市街地で大暴れ!
更に謎の地底人まで登場するなど、早くもバラエティに富んだ1話完結エピソードの開始です!
youtubeでは前回のお話と、監督のコメント付き次回予告が公開されています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|19:50
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2226-7f34b780
コメント
ハルト 2015/07/21 21:37 id:-
ザナディウム光線…残酷だと先週書いてしまいましたが、今週の「可能性のかたまり」を視聴して考えが変わりました。怪獣をスパークドールズに変える能力は題名と同じ「可能性のかたまり」でしたね。またこの新しいウルトラマンの物語も「可能性のかたまり」だと感じました。「ウルトラマンX」に期待します。
ちょろQ 2015/07/21 22:08 id:-
まだ第2話は観れてないのですが、エックスは正に「王道+新機軸」の新しいウルトラマンですね。私の中では既にゼロに次ぐお気に入りのウルトラマンです!!Blu-ray BOX予約して良かった~。Blu-ray BOXとエクスデバイザーは私の家宝決定ですw。
2015/07/22 07:08 id:-
このクオリティを保てるのかと心配してしまうくらい今作の映像には気合いを感じます。
また1体の怪獣を中心に据えた話づくりも好印象です。怪獣1体毎の印象を強くするためにそういう方針をとっているそうですね。
どうでもいい 2015/07/26 19:07 id:-
バードン・・・
息子しみていましたが「残酷」と感じました
いろいろと理論を組み立てる前に感じたことを述べます
このままだとウルトラマン・円谷つぶれる
こんな不快な思いは久しぶりです
円谷プロに「大人」はいないのだろうか・・・
作り手の中に 子供を持つ親はいないのだろうか?
吐き気がする 
ちょろQ 2015/07/26 19:13 id:-
↑こういう事は心の中で思っていてもこういう所では言わないのが礼儀というものです。あなたは「大人」ですか??まずは自分を省みた方がよろしいかと。
極悪地球人 2015/07/26 22:24 id:-
最近ちょっと色々ありましてXどころかビクトリーファイトすら観られて無いです。
そんなに描写が「残酷」なんでしょうか・・・??
とりあえず暇を見つけて視聴せねば分からないですが「怪獣をただ殺さない」というのには賛成なんですけどね・・・。
とおりがかり 2015/07/28 03:17 id:-
ウルトラマンXが素晴らしい出来だったとレビューを漁っていたら
まなしなさんの感想を発見していちいち頷きながら読んでいたら
最後にどうでもいいさんのコメントで読後感が台無しという

次回もきっとおもしろい
ちょろQ 2015/07/28 13:20 id:-
>極悪地球人様
>とおりがかり様
「ウルトラマンX」はこれまでのシリーズの中でも稀にみる良作です。メインの田口監督が手掛けた迫力満点の特撮と溢れる怪獣愛、これまでのシリーズのいいところを内包しながらも更なる進化を遂げた世界観や設定など見所は沢山です。どうでもいいさんはおそらく過去のシリーズに重きを置かれている方なのでしょう。もちろんそれもありですが、今のウルトラシリーズも過去作に負けないくらい面白いですよ(実際、今の円谷プロの業績は絶好調です)。「面白ければ良し」、それでいいと私は思います。
極悪地球人 2015/07/30 23:27 id:-
>ちょろQ様
とりあえず二話まで鑑賞しましたが私は一話のOPでやられてしまいました(笑)特にシンガポールに現れたぺギラのシーン。着地と同時にマーライオンの水がちゃんと凍っていったのを観て「手を抜いてないな~」と感心しましたよ。皆様が「良い!」って仰っている理由が解りました!!本編でもこれらの怪獣が活躍するのを今から楽しみにします。
ウルトラマンになって「高い!!」っていうのは初めてでは??
極悪地球人 2015/07/30 23:29 id:-
・・・・あとバードンの「雄」と餌の「ケムジラ」も後に登場するのでしょうか??
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ