大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンX(エックス) 第6話感想(ややネタバレあり)

本日、第6話「星の記憶を持つ男」が放送されました!

ウルトラマンX初の前後編ということで、新キャラクターが3体も登場する非常に豪華な内容になっています。
故郷を滅ぼされ、難民となりながらも打倒ガーゴルゴンに燃える「ゴールド星人tE-rU」、
tE-rUが操る「メカ守護獣ルディアン」、そして全ての元凶とも言える「石化魔獣ガーゴルゴン」。
今回はtE-rUとルディアンがメインでしたね。

この世界でも侵略者というか宇宙人は差別対象にあるみたいですが、
描写されていないだけで、ザラブ星人のような輩がこれまでにも数多く出現したのでしょうね。
ファントン星人グルマン博士のような、善良な宇宙人の方が珍しいのかもしれません。
しかしXioは宇宙の難民の受け入れ態勢も整えていますし、
これまでのシリーズの組織とは、また違った対応を優先する辺りが独特ですね。

今回は上部組織のUNVERに所属する南川大輔が登場しましたが、
ウルトラシリーズではよくある、ただ防衛チームと対立する上司キャラクターという訳では無い様子?
後半を見てみるまでは分かりませんが、今回の彼の言い分は尤もだと思える所が多かったです。
それにしてもグルマン博士は本当に便利かつ有能!
tE-rUの体を調べて、数々の誤解を驚くほどスムーズに解いていくとは。

特撮パートも予想以上で、ルディアンが進撃するシーン、エックスとの戦闘で投げられるシーン、
駐車してある車が動かされるシーン、破片が飛び散って池に落ちる描写など、細かい所に拘りが見られました。
ルディアンのガトリング砲もカッコよかったですし、やはりロボット怪獣は良いものです。
今回の出番は少しだけでしたが、ガーゴルゴンの肩から伸びる蛇の首も、動きが生々しくて素敵でしたw
ゴールド星での暴れっぷりも、それだけで悪の存在だと分かるぐらいの強烈な映像でしたね。

それにしても、ガーゴルゴンの光線はどう見てもキングギドラの引力光線ですよね?
更にゴールド星人というのも、三大怪獣地球最大の決戦に登場した「金星人」にかけているのでしょうか?
ガーゴルゴンはウルトラ怪獣ではあまり数の多くない蛇型怪獣だけに、次回の暴れっぷりが楽しみです。
しかし本当に「ゴルゴン」の怪獣だったとは・・・

物語的には春崎優希とtE-rUの、惑星を越えた交流がメインとなりそうな後編。
予告の時点でウルトラマンエックスも大ピンチになっていますし、
この事件がどのように解決へと向かうのかがとても気になります。
果たしてエックスとルディアンは、序盤の強敵であるガーゴルゴンを打ち倒せるのでしょうか?
ウルトラマンX ルディアン


次回はガーゴルゴンが喋るみたいですが、担当される声優さんは、何とロシア人声優のジェーニャさんだそうです。
やはりゴルゴンの怪獣ですし、その体系からして雌の怪獣なんじゃないかな~と予想していたのですが、
これでほぼ決まりですね。
今回もその非道さを見せ付ける1シーンがありましたし、次回の活躍ぶりが更に楽しみになりました。

youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:48
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2247-350eef4b
コメント
ちょろQ 2015/08/18 20:32 id:-
おお、今回も神作の予感!!金曜日が楽しみです。ってかガーゴルゴン喋るの!?
闇従者 2015/08/18 21:34 id:x8WRXstU
今回も宇宙人とのコミュニケーション不足による誤解は起こりましたが、博士の御蔭で、展開がスムーズでしたね。
伊達に宇宙人をメンバーに加えている防衛チームではありませんでした。
新怪獣同士の対決も、次回が楽しみです。

三大怪獣地球最大の決戦>
言われてはじめて気づきました^^;
確かに符合する要素が多いですね。
スタスク 2015/08/18 22:52 id:-
直接のウルトラマンは初めてとなる辻本監督回で、個人的に田口監督の次に期待していた人材でしたが期待以上の物が見れました。

辻本監督らしい、キレのあるアクションが巨大特撮でも光る物だと実感。

前半のtE-rUと森で戦うシーンもそうだし、ウルトラマンらの特撮も本当に見事。

早く来週の後編が見たくて仕方ありません。

Xは画に特に個性が出る人材がそろっていますが、やはり皆さん信頼できる方たちだなと改めて実感しました。
クッキー大好き 2015/08/21 23:15 id:-
地球を守るという意味では上司のおっちゃんの言い分も分かる
アスナもxioの隊員として女の子を守るために銃を向けたから別にいい
だがあの青年たちはかなりウザかった。宇宙人だから毛嫌いしてるっていうのじゃなくて笑いながら蹴ったり石投げたりしてたのが。ウルトラシリーズだけでなく特撮界全体でもあのような輩はしっぺ返しを食らう場合と食らわない場合があるのでできれば食らって欲しいと思うこの頃。食らわなかったらどこぞの大百科に載りそうではあるが…
ハルト 2015/08/23 00:11 id:-
グルマン博士「ゴールド星人なら他の星を侵略しようなんて野蛮で下等なことは考えないはずだ。」

ヘラヘラ笑いながら「もう来るな!」とテルを足蹴にしてゴミを投げつける若者たち…。

恐怖に負け発砲する警官…。

「その男を即刻宇宙に送り返せ!地球には何の関係もない話のはずだ!」

グルマン博士、地球人は野蛮で下等なのでは?

ちょろQ 2015/08/24 13:37 id:-
>クッキー大好き様
>ハルト様
自分とは異なる存在に対して排他的になるのは人間の負の側面であり、悲しいことだと思います。残念ながら現実にもこういう事が多々あるので、そういった情報を見る度に悲しい気持ちになります。だからXのEDの歌詞が心に響きます。「絆で一つになる世界、悲しみ一つも無い未来」、いつか来るといいですね。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ