大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンX(エックス) 第7話感想(ややネタバレあり)

本日2度目の記事更新になります。


本日、第7話「星を越えた誓い」が放送されました!

前回に引き続き、ゴールド星人tE-rU、ルディアン、ガーゴルゴンが登場する前後編の後編ですね。
前回の切り方がアレだっただけに、初っ端からバトルで魅せてくれましたね~。
特にガーゴルゴンは両肩にある蛇の首の使い方が実に気持ち悪く(褒め言葉)、
動きも相まって「ああ、もうストレートに蛇の怪獣なんだな」とw
石化光線を発射するシークエンスも凝っていて、蛇らしさを強調した良い演出でした。

その実力も、これまでに登場した怪獣より明らかに格上の存在で、
エックスとルディアンをあそこまで追い詰めてしまうとは!
一応序盤のクライマックスではありますが、7話にしてボス怪獣クラスの戦闘力を持っていたのは間違いないですね。
しかも、石化能力以外にもあんなに厄介な能力まで持っていたとは・・・

tE-rUと春崎優希の交流も描写されていましたが、結構アッサリ気味だったのは少し残念でした。
確かに異星人同士のラブストーリーをやっている場合では無いですがw
UNVERの南川大輔も少し急ぎすぎな感もありましたが、Xioと明確に敵対しようという心は無く、
あくまで地球と人類の為に徹してくれていたのも好印象。
ラストの隊長とのやり取りも、本心から来たものだったのでしょうね。

特撮パートも素晴らしいカットが多く、ルディアンとガーゴルゴンの真正面からの撃ち合い、
ルディアンの足元に到着するジオアトスなど、ハッとさせられるシーンが多かったですね。
何というか、合成シーンが非常に自然なんですよね。
特撮かと思ったら実景合成だったり、実写かと思ったらミニチュアだったり・・・
特にこの前後編は、車関係の描写が凝っていた気がします。

エックスの大ピンチに手を組んだXioとtE-rU、そしてラボ班も負けじと新兵器の量産。
それを使いこなしてガーゴルゴンにダメージを与え、ルディアンと共闘するアスナ、ハヤト、マモル・・・
こんなに序盤で、あの燃えるシチュエーションが見られるとは!
やはり色んなキャラクターが手を取り合い、強敵に立ち向かうという流れは何時の時代でも燃えるものがあります。

新登場のベムスターアーマーも、神話のゴルゴンの伝説通りの活躍ぶりでしたね。
ただの盾として使うのではなく、ああやって地面に突き刺すワンアクションがあるだけで、見栄えも随分違いました。
ルディアンも大活躍でしたし、「全員の力で戦ってる感」がよく出ていたと思います。
最後の「tE-rUの目線から見た地球人」の感想も新鮮でしたし、機会があればルディアンと共に再登場して欲しいですね~。
後編はちょっと尺足らずな印象も受けましたが、良い前後編だったと思います。
ウルトラマンX ガーゴルゴン


ガーゴルゴンはもっと喋るキャラかと思っていたのですが、あの1シーンのみでしたね。
(あまり喋りすぎても不気味さが出ませんが)
それとUNVERの本部がある場所も結構意外でした、ニューヨークやパリでは無かったんですねぇ。
次回は総集編ですが、その後も休止期間を挟まずに、ウルトラマンXは連続放送され続ける予定です。

youtubeでは次回予告と、前回のお話が期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:50
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2253-cf35868a
コメント
ちょろQ 2015/08/25 21:10 id:-
やはりこの第7話が前半のクライマックスだったんですね。強敵ガーゴルゴンを相手にエックス達がどうやって勝ったのか気になります。金曜日が楽しみです。次回は総集編ですか。合間に挟むんですね。そしてフィギュア王に書いてましたが、9月はアベ監督と初登板となる冨田監督が担当するんですね。確かエクシードXが出てくるのも9月でしたね。来月も盛り沢山です。
闇従者 2015/08/25 23:18 id:x8WRXstU
今更ながら、ガーゴルゴンには、ガラガラヘビの要素も入っていたんですね。
凶敵でしたが、その末路は、元ネタのゴーゴンよろしく、皮肉な倒され方をしましたね。
スパークドールズがオーパーツの世界観、今回のガーゴルゴン…今後も古代文明や神話が元ネタのキャラクターの登場も、あるかもしれません。
スタスク 2015/08/25 23:23 id:-
第一話から7話目まで飛ばしまくりなクオリティだったので予算調整もかねての総集編は仕方ありませんが、それでも次回は総集編と言われると週一の貴重な楽しみが減るような気がしてガッカリしてしまいます。

今回も前回同様、辻本監督らしいキレのある演出や出来のいい合成など映像面での見どころがたっぷりで安心して楽しめました。

気になったのは、特撮ではお約束ですが、敵を倒したり特定の部位を破壊することで、何かに変えられてしまった人たちが元に戻るというネタを今回やったわけですが、あれでおそらくゴールド星も元に戻ったのでしょうが、そうなると地球の古代文明の方はどうなったのかなぁと思ってしまいました…。

そういうところは気にしちゃいけないんでしょうけど。
ハルト 2015/08/25 23:25 id:-
パンドラの箱を開けたとたん、箱の中からは病気、盗み、ねたみ、憎しみ、悪だくみなどのあらゆる悪が、人間の世界に飛び散ったそうです。

でも神様が人間の世界を守るため「希望」を箱の中に入れておいた。

だから人間は、どんなにひどい目にあっても、希望を持つようになったという…。

…優希…今回の物語にぴったりの良い名前でしたね。



コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ