大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

帰ってきたウルトラマンマックス・・・と、アイツ!


youtubeにて、ウルトラマンXの第8話が期間限定で無料配信されています。
以下、ネタバレを含んだお話になるので、まずは本編をご視聴してからお読みください。
































さあ、ウルトラマンマックスがトウマ・カイトの姿を借りて、10年ぶりにTVシリーズへと帰ってきてくれました!
因縁のゼットン、そして敵に操られたゼットンアーマーを装着したエックスという「Wゼットン」に襲われるマックス!
敵も最強最速と評されたマックスらしい大ピンチでしたねw

そして雑誌などでは全く触れられていなかった、スラン星人の登場には本当に驚かされました。
今回はスラン星人クワイラという個体で、かつてマックスに敗れた同胞の仇を撃つべく、
エックスを利用してマックスを倒す為だけに地球にやってきた、そんな設定が面白い宇宙人でした。
(わざわざ別次元に来たのは、先にマックスがこちらに来ていたからなのでしょうか)

当麻博士は最初から怪しさ満点でしたけど、私はあの身なりとゼットンを操るという点からして、
ゼットン星人の変装だと思っていました。
それだけにOPクレジットの「高速宇宙人クワイラ」という表記や、本物のカイトの「スラン星人」という発言にビックリ!
敵キャラクターにも関わらずここまでその存在がシークレットにされていたのは、
ウルトラゼロファイト第二部のゼロダークネス以来ではないでしょうか。

ウルトラ10勇士で出番があったキャラクターとはいえ、まさかマックスと三度因縁の対決をやってくれるとは。
これからはマックスの宿敵といえば、スラン星人だと言われるでしょうね~。
(しかし必殺技の分身攻撃を、毎回マクシウムソードであっけなく破られるのは如何なものかとw)
クワイラはこれまでのスラン星人より更に先手を打つキャラクターでしたが、
その更に上を行くマックスという演出も流石でした。

ラストの別れのシーンやセリフも含めて、ウルトラマンマックスをリスペクトした実に良いお話だったと思います。
特に最終回のオマージュがたっぷりと詰まっていましたね。
ゼットン+スラン星人というキャラクターチョイスも、どちらもマックスの要素であるにも関わらず意外性がありましたし、
次回のまさかのサメクジラ(の幼体?)登場など、ウルトラマンXは今後も色々と驚かせてくれそうです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|18:06
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2266-23caf453
コメント
木原 2015/09/11 19:00 id:-
この回は特に使われている音に注目してみるのも面白いですよね。
キャッチリングの音とかマックスのサイバーカードが渡される時の音が平成のウルトラ戦士の変身音だったりでその辺りも良かったです!!
鈍足宇宙人 2015/09/11 21:13 id:-
目的も仇討ちだったり、大地達の信用を勝ち取る口のうまさなど、非常に魅力的なキャラクターでした
ハルト 2015/09/11 22:07 id:-
ウルトラ10勇士でのマックスはいつの時代のマックスかはわかりませんでしたが、エタルダミーがスラン星人だったのは、スラン星人クラウラ、ゼットン、ゼットンアーマー装着のエックスに殺されかけた恐怖の記憶からか?とか思ってしまいました。つまりウルトラ10勇士の時のマックスは今回の「狙われたX」より未来のマックスなのかな?
ブルースカイ 2015/09/11 22:46 id:-
今回初めてコメントを書かせていただきます‼︎慣れない言葉遣いかもしれないのですみません。

僕も次回予告ではゼットン星人だと思ってました。でもスラン星人もマックス本編で人間に化けてたので、なるほどと思いました。

ゼットンアーマーエックスとゼットンの、光弾放ってバリア、光弾放ってバリアのシーンはウルトラゼロファイト二部の「回転台を発展させた装置を作りたい」ということなのでしょうかね。

ゼットンの瞬間移動があまり使われないのは、チートの強さよりも単純な強さを表すためなのでしょうか。

セブンの怪獣=メトロン星人やエレキングのように、マックスの怪獣=スラン星人やゼットンとなりかけてますね。

個人的にはエックスの中で二番目に面白かったです‼︎
マックスのカイト yuji640 2015/09/11 23:56 id:-
今回スラン星人の登場というサプライズもありましたが、
何よりもマックスがカイトの姿を借りているというところに驚いたと共に少しガッカリもしました。
なにせ、「本物の」トウマ・カイトではないからです。
個人的には残念でしたが、
マックスのカイトが自分の姿の説明に感動しました・・・マックスとカイトの繋がりはまだ生きてるんだなぁ、と・・・
んで、ダッシュラウザーはどこからパクったんですかねぇ~マックスさん・・・?
ちょろQ 2015/09/12 08:14 id:-
ついさっき観終わりました。いや~面白かった!!ゼットンアーマーの罠はモンスアーマーの設定を逆手にとった妙手だと思います。ゼットンの半端ない強さもしっかり表現されていましたし、スラン星人クワイラの卑劣さもウルトラシリーズの敵宇宙人にふさわしい感じでした。マックスはカイトに擬態した姿でしたが、少なくとも今回の話はマックス本編の最終回より後の話なんでしょうね。「信じる事の難しさを知っても、信じ貫く強さを持ち続けてほしい」、またウルトラ史に残る名言が生まれました。「Xにはハズレなし」、ホントにここまで面白い特撮ヒーローを観たのは久しぶりです。次回も楽しみです。「元エージェント」って書いてあったから、やっぱりあいつら3バカエージェントだったんですねw。
2015/09/14 12:01 id:-
青山さん、ろれつがまわらないところもあったけど演技分けが上手かったですね。
昔なら戦闘シーンばかりに夢中だったのですが大人になるとラストの会話の方に目がいきます。
本編の後日談的な客演はこの上ないファンサービスですね。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ