大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンX(エックス) 第19話感想(ややネタバレあり)

本日、第19話「共に生きる」が放送されました!


このブログでも何度も言っていることですが、人類が他の生き物と共存するという考えは、
それはあくまで「自分たちに害を及ぼさない存在」の場合に限られます。
何らかの理由で人間を襲ったり、人間のテリトリーを犯した場合は即刻駆除対象になるのが普通。
これは里に下りてしまった、現実の熊や猪などにも適用されています。
(動物園から逃げ出した猛獣も同じような処置が取られます)

相手が怪獣であれば、共存する道は尚難しいというもの。
まず人間より遥かに巨大であり、本能のままに暴れ回る凶暴なものがほとんどを占めていますからね。
ウルトラマンXの世界では、スパークドールズと呼ばれる謎のオーパーツから怪獣が実体化していますが、
本来は他の世界と同じく生き物の一種である為、Xioとしては同じ地球に住むものとして考えているようです。

現在は大地とウルトラマンエックスの力で怪獣たちはスパークドールズに戻されている訳ですが、
本格的に共存するとなると、「本来の姿に解放すること」が最初の第一歩のはず。
その避けて通れない道を進むべく、遂にスパークドールズの実体化実験を開始した訳ですね。
ダークサンダーエナジー対策など、万全の準備の中においても対象が暴れた場合、駆除対象となってしまう。
大地もそれを承知の上で、自分の相棒であり家族同然でもあるゴモラを実験対象に選びます。

いくら対策をしていても通用しない、今回はそんなダークサンダーエナジーの恐るべき力が表現されていましたね。
今までは偶然、地球に居る怪獣目掛けて落ちてきたような演出が多かったですが、
今回は明らかに「絶対にゴモラに命中させよう」という強い意思が感じられました。
あのバリアに対する過剰反応だったのか、これが今後の伏線なのかどうかは分かりませんが。

前回のEXレッドキングと同様に、ダークサンダーエナジーで強化された姿として登場したEXゴモラ。
元を辿ればPS2のゲームに登場した改造ゴモラがベースなのですが、その後はレイのゴモラの進化形態として活躍したので、
今回のように映像作品でEXゴモラが敵になるのは史上初なんですよね。
赤目で更に厳つさを増し、手あたり次第にEX超振動波を浴びせて爆散させる。
私は今回初めて、ゴモラを「怖い」と思いました。

そして今回のキーキャラクターであるM1号ですが。
画面を見る限りではウルトラQで宇宙に飛ばされた、あのM1号なのでしょうかね。
彼が次元を超えてこの世界にやってきたのか、同じような事故がウルトラマンXの世界でも起きたのか。
どちらにせよ、随分と時間が経ったのでその頭脳もかなり成長していましたね。
この50年の間、ずっと人間と地球を見てきたせいなのか、その性格は随分とねじ曲がってしまったようですが。

これまでにエックスも、度々人間の考え方にツッコミを入れていましたが、今回のM1号は更にキツかったですね。
人間では無い存在故に、第三者からの目線で「共存」という考え方に対して徹底的に斬り込んできました。
人間の手によって作られ、偶然誕生してしまい、事故によって宇宙へと飛ばされたM1号。
そんな彼だからこそ、今回のあのような役回りが成立したんだと思います。

今まではどちらかと言えば、ギャグっぽいキャラクターだったM1号。
それをあそこまでシリアスに演出できた監督やスタッフたち、そして声優の飯塚昭三さんの演技力に脱帽です。
ワタシハカモメ・・・ワタシハカモメ・・・
(どうでもいいですが、今回の捕まったエックスの姿は、ウルトラセブンのシャドウマンのお話を思い出してしまいましたw)

特にゴモラと仲が良かった、大地の心からの訴えとアスナの体を張った説得、そしてそれに応えるゴモラ。
あの辺りは、かつてないほど真剣に視聴してしまいました。
まだ怪獣との共存の道は始まったばかり・・・いや、スタートラインにすら立てていないのかもしれません。
それでもひたすら前向きに、怪獣と共存できる可能性を模索し続ける主人公、大空大地。
今回のお話を見て、彼の夢が実現することを心の底から応援したくなりました。
ウルトラマンX EXゴモラ


ウルトラマンXの世界観はシビアな部分も強調されますが、それでも常に「前向き」なのが本当に大好きです。
そして次回は、絶対に人類が共存できない相手「スペースビースト」が登場・・・
この流れも最初から計算されていたのでしょうか。
更にベムラーも登場するなど、副隊長がメインにもなりそうなウルトラマンネクサス登場回、期待です!

youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。
更に、4夜連続でウルトラマンネクサスのエピソードが期間限定配信となっています!





にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|20:40
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2325-de1a6c60
コメント
2015/12/01 21:43 id:sq4QJOk.
怪獣共存への一歩。
コスモスの場合は世論という後押しがあったからこそ、やや変化球ですがネオユートピア計画で成功しましたけど、Xの世界はまだまだ先でようやく始まりだと今回の話で感じました。

そして次回は絶対共存できないスペースビースト。
こいつらで例外児はレイオニクスに使役されている奴らとかだけだったからなぁ…

大地がどんな答えを示すか楽しみです。
スタスク 2015/12/01 21:52 id:-
今回よくやったなと思ったのは、EXゴモラが説得されて正気に戻る。というベタな展開をやらなかったことでしょうか。

あくまでエクシードXの技でようやく解放される。
ダークサンダーエナジーはもちろんですが、本能のまま暴れ回られると、いくらなじみの存在でも仲間の声が届かない。そうなったときにはやむを得ない…みたいな状況をちゃんと作ってくれたのがよかったです。

次回のスペースビーストもさることながら、やはり最終回で怪獣との共存についてちゃんと答えが出るのかが不安になってきました。
その辺ドキドキしながら見るのもまた楽しいのではありますが…。

スパークドールズにすることは共存というより封印ですし、言うことを聞く怪獣ばかりじゃないし、まさか洗脳して大人しくさせるなんてことはしないだろうし。

怪獣総進撃の怪獣ランドみたいなものでも作るのでしょうか…。
闇従者 2015/12/01 22:00 id:x8WRXstU
まさか、M1号があんな役回りをしてくるとは…世の中、解りません。


・その性格は随分とねじ曲がってしまったようですが。>
立派に人類と共存している、ファントン星人であるグルマン博士の事も、華麗にスルーしている辺りもそうですね。
悪意じみた持論に感じました。
まぁ、自身の出自上、人間を信じられないのは、当然と言えば当然ですか…。

・絶対に人類が共存できない相手「スペースビースト」が登場・・・>
ヤプール、超獣、ガゾート=クリッターと並んで『やらなければやられる敵』ですからね、本当に『共存』というテーマに容赦なく切り込んできますね。
ホワイトザラック 2015/12/01 22:42 id:-
今回はかなりハードな話でしたね…。
アスナ、次の話までには元気になってほしいですね。今回は(ある意味)精神的に深い傷を負ってしまいましたから…。
名無し 2015/12/01 22:47 id:-
M1号のキャラがあまりにも予想外すぎて驚きました。
同時にそのとんでもない能力にもただただ唖然です。正直彼の能力なら歴代キャラクター最強候補に入れそうですね。
sou_mk26 2015/12/02 00:41 id:-
まるで画面越しに直接問いを投げかけるM1号の姿は、幼い視聴者の脳裏にも強烈な印象を残すでしょうね。この回を見て「怪獣との共存」とか「人間のエゴ」とかに考えをはせるチビッ子が出てくることを祈ります。

そして次回メガホンを取ったのは当時の監督も務めた阿部雄一さん(当時の名義!!)現代に蘇った絆は一体誰に受け継がれているのでしょうか。

決して諦めない者に受け継がれる絆、ネクサス!!
2015/12/02 03:11 id:-
M1号は大晦日の絶対笑ってはいけない以前から知っていただけに大晦日で大爆笑させられてたからまさかこんなキャラクターで出て来るとは想像もしてなかったから度肝抜かれたよ。
ルンバ 2015/12/02 06:06 id:-
フライング視聴してしまいましたが、ここまで見るのが苦しかった回は初めてです。私的には「夢」に対する「現実」の厳しさを見せつけられたような気がしました。もちろん、ダークサンダーエナジーという許されざる悪意の塊が要因なのですが、どんなに穏やかな性質を持つ怪獣でも人間から見たら恐怖の対象でしかないのでしょうか。それだけに、人間の業から生まれたM1号の言葉は心に突き刺さるものがありました。今回、大地とアスナは辛い思いをしてしまいましたが、それでも諦めずに夢を追い続けてほしいです。そして次は絶対に共存できない相手「スペースビースト」が登場‼果たして大地はこの異質な存在にどう向き合うんでしょうか。そしてネクサスとエックスの間で交わされる「絆の継承」は!?次回も楽しみです。
2015/12/02 07:57 id:-
ゴールド星人やピグモンの話もそうですが、今回のお話も「怪獣使いと少年」のオマージュが見られましたね。

M1号の厳しい意見はメイツ星人の心の声のようで、暴れ回るEXゴモラはあの時のムルチそのものです。
ムルチが工場や建物を破壊したように、ゴモラもまた「人間の文明」であるビルや港を破壊してましたし。

やはりまだ「怪獣と人間の共存」は理想だと思います。
それこそ文明を捨てて、人間が原始人、いや猿まで退化しないと共存は出来ないと思います。(人間がまだネズミや猿のような姿の時は、他の動物と共存出来てたはずです。)
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ