大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

傑作ソフビ人形、ゴジラファイナルウォーズ版ガイガン(追悼・韮沢靖さん)

訳あって、本日はゴジラファイナルウォーズ公開当時に発売されたソフビ人形をご紹介します。
未だにバンダイ製ゴジラソフビの中でも最高傑作の一つとして名高い、こちらのキャラクターとなります。

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ
ムービーモンスターシリーズ ガイガン2005
こちらは大型のムービーモンスターシリーズで、細かなパーツ分割、特徴を捉えた造形、各部のメタリック塗装と、
子供向けソフビ人形とは思えないハイクオリティぶりが話題となった、ファイナルウォーズ版ガイガンです。
当時に購入したもので、タグは切り離し済みな上に紛失してしまいましたが。

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ0
各部のバランスが良く、実際のスーツよりも怪獣らしい体型になっているかもしれません。
両腕、両鎌、両足が可動し、一部パーツはインジェクション成型の軟質パーツになっています。
(それでもそこまでフニャフニャではありませんが)

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ1
各部のメタリックブルーとガンメタ塗装がとても綺麗です。
しかしこの大きな鎌、何時見てもカッコいい・・・

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ2
尻尾を覆う金属パーツも、ファイナルウォーズ版ガイガンの魅力です。
塗装と造型でこれだけ質感を出せているのに、全てソフビ製なのは凄いですね~。

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ3
口もパーツ分割により、口内まで完璧に再現されています。
トゲや牙など尖っている大部分のパーツを、ソフビでちゃんと再現できているのは素直に凄いと思います。

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ4
鎌パーツの質感も素晴らしいの一言。
こちらはインジェクション成型になっていますね。

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ5
背中の3枚の羽も、赤い膜の部分がちゃんと塗り分けられています。
こちらも軟質性のインジェクション成型パーツで表現されていますね。

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ6
尻尾の先まで完璧な仕上がりです。
どのパーツを見ても、思わずため息が出てしまいますね・・・w

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ7
お腹のノコギリもこの通り。
体表のディテールも含めて、自分の中では「完璧なソフビ人形」として今もトップに君臨し続けています。
他にも一部パーツが変更された「改造ガイガン」も発売され、これと同様に人気を博しましたね。

ムービーモンスターシリーズ ガイガンファイナルウォーズ8
本日、このガイガンのデザインを手掛けられたデザイナー兼造形家の「韮沢靖」さんが永眠されたと発表されました。
ゴジラファイナルウォーズではゴジラのコンセプトアートの他、ガイガンやX星人関連のデザインを担当されています。

私は仮面ライダー剣の怪人「アンデッド」のデザインが大好きでして、
中でもピーコックアンデッドが放送当時より大のお気に入りでした。
もちろんこのガイガンも含めて、韮沢さんのドクロ・金属・ビスのモチーフを多く取り入れたデザインは、
ほぼ全てがツボに入っています。
(仮面ライダーカブトのワーム、仮面ライダー電王のイマジン、ゴーカイジャーのザンギャック・・・などなど)

始めて韮沢さんの事を意識したのは、「ホビージャパンエクストラ 怪獣大進撃」に連載されていた漫画作品、
「PUNISHMENTER SODO」でしょうか。
親が購入したものを盗み見していたのですが、当時子供だった自分にとっては、
気味の悪いクリーチャーたちが多数登場する不気味なイメージしかありませんでした。
しかし決して不快感は無く、むしろ歳を重ねるにつれてその魅力に取り付かれていきました。

長年特撮のファンだと公言されていた韮沢さんでしたが、2004年に仮面ライダーやゴジラで遂にオフィシャルデザイナーに。
私が仮面ライダー剣のファンなのは、間違いなく韮沢さんのクリーチャーデザインがあってこそだと思います。
ガイガンのアレンジにも度肝を抜かれましたし、10年以上経った今でもガイガンが大好きな怪獣の1体として公言出来るのは、
韮沢さんがここまでカッコよくアレンジしてくれたからなのです。
(もちろん昭和版ガイガンも大好きですが)

私が現在投稿しているゆっくりゴジラ怪獣図鑑も、韮沢さんがガイガンを手掛けられていなければ、
part1にガイガンが選ばれたかどうかは分かりませんし、そもそも動画を作っていたかどうかさえ・・・
自分の中ではそれほど大きな存在だったのです、韮沢靖さんのデザインは。

若くして他界されたのは残念でなりませんが、数々の名キャラクターを生み出してくれた事に、ただ感謝するしかありません。
本当にありがとうございました、ご冥福をお祈りします。
KAIJU REMIXでアレンジされたドラコ、必ず購入します。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:30
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2373-68e8c4c4
コメント
名無し@まとめいと 2016/02/06 12:23 id:-
デザイナーの人亡くなったのか剣のアンデッドや電王のイマジンもこの人だったのか・・・悲しい・・・。
今年初のコメントながら、お悔やみ申し上げます ロンドン 2016/02/08 01:44 id:68VsimDA
 この記事から今年初のコメントをさせていただきます(毎日かかさず見てはいるのですが、コメント自体はこの記事が今年初となってしまいました)。

 そうですか。ファイナルウォーズ版ガイガンのデザイナーさんは亡くなられたのですか。正直この方にシン・ゴジラのデザインをしてもらいたかったという気持ちもあっただけに亡くなられた事が残念でなりません。

心からお悔やみ申し上げます。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ