大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第136話&第137話

新ウルトラマン列伝
先週と本日に、第136話&第137話が放送されました!
第136話「ウルトラファイトビクトリー 希望の聖剣」
第137話「ウルトラファイトビクトリー 勝利の旋律」

ウルトラファイトビクトリーを分割放送しました。


ウルトラファイトビクトリーについては、本放送時に語り尽くした感があるので、今回は超獣ファン視点での感想を。
ウルトラマンギンガSで引導を渡されたかに見えたヤプールでしたが、やはり不滅の存在だけあって未だに健在。
むしろウルトラマンギンガとウルトラマンビクトリーに復讐を果たすべく、その恨みの力を増大させて、
歴代ヤプール史上最強と言ってもいいほど、戦闘力が向上していたのには驚かされました。
この執念深さ、さすがヤプールと言うべきでしょうか・・・w

操る超獣もベロクロン、バキシム、ドラゴリー、ルナチクスという何時もの面々に加えて、
大蟻超獣アリブンタが初復活したことも話題になりました。
しかも、あの「異次元蟻地獄」まで再現される徹底ぶりで、女性を引き込んでしまうのもお約束w
相変わらずのタフさで、ビクトリーのデータ収集を任されていたのも意外性がありました。
しかし「どれだけ攻撃を食らっても倒れないんだ!?」と、初見ではビックリ。

エースキラーもバージョンアップされて、ビクトリーキラーとして登場したのもヤプールらしいな~と。
恐らく自分やバキシムもたっぷりと味わった、ビクトリーのウルトランス能力に目を付けたのでしょうが。
実際エースとギンガは倒してしまった訳ですし、ヤプールの白星という点でもビクトリーキラーは大成功ではないかと。
(ゴルゴダという名前の惑星で、ウルトラマンを磔にしてしまったのも当時を彷彿とさせました)

ビクトリーキラーは連続ウルトランス能力も見所でしたが、個人的にはエースの主題歌やBGMをバックに繰り広げられた、
VSウルトラマンエース戦が一番の興奮ポイントでした。
お互いに光線技を惜しみなく連発するド派手な戦闘。
個人的に、あれこそ「一度は見てみたかった理想的なバトル」だったのです。
ウルトラマンエースにエースキラー、どちらも光線技を豊富に備えたキャラクターですからね~。

それともう一つ見てみたかった映像が実現した部分としては、「ヤプールが超獣軍団を率いるシーン」でしょう。
超獣と並び立って巨大ヤプールが行動するのは非常に稀で、
このウルトラファイトビクトリーでようやく実現したのが本当に嬉しかったのです。
尺的な問題もありますが、あれで全員のミサイルや火炎放射などの一斉攻撃シーンがあれば完璧でした。
それについては恐らく実現するであろう、次の機会(?)まで楽しみにしているつもりです。

結果的にはジュダ・スペクターとスーパーグランドキング・スペクターがボスキャラを務めましたが、
2015年でも中ボスとしてその存在感を発揮してくれたヤプール&超獣軍団。
その執念深さやしつこさが売りのキャラクターなので、
今後も新規復活した超獣を引き連れて、末永く再登場し続けてくれることに期待しています。

「ヤプール死すとも超獣死なず!怨念となって必ずや復讐せん!!」
「おのれぇ・・・ウルトラ兄弟!だが、我らの怨念は不滅だ。再び甦り、この星を、恐怖と絶望で包んでやる!!」
「当たり前だ!貴様らに受けた屈辱、それを晴らす為に、より強い怨みの力で復活したのだからな!!」

恨みの籠ったセリフも一々イカすぜヤプール!

さて、次回は劇場版ウルトラマンX公開&放送20周年という事で、ウルトラマンティガの特別総集編です。
映画を含めて、ティガの様々な共演回をメインに放送するようなので楽しみです!
youtubeでは、前回のお話が期間限定で配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:34
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2384-382fd5aa
コメント
闇従者 2016/02/23 21:54 id:x8WRXstU
エンペラ星人が光となろうとも、レイブラッド星人が沈静化しようとも、ベリアル陛下が覇道を突き進んでいる最中であろうとも、何度でも復讐戦を仕掛けてくるヤプールのしつこさは、本当に敬服に値しますね。
倒せば倒すほど、強くなっていく性質も、さらに厄介です。
此処まで来ると、一種の『災害』というより、『滅びの現象』そのものとも見えてきます。

今後も、復活するのでしたら、超獣だけでなく、歴代のエージェント達とも、並び立ってほしいですね。
極悪地球人 2016/02/26 23:38 id:-
そもそも超獣はヤプールの手によって誕生したハイブリッドと言うことでしょうが意外に皆様が突っ込まれ無いので敢えて突っ込むとすれば・・・・・・。

「キングカッパー」冷静に考えたら「宇宙生物」と「河童」の合成なんでしょうが・・・・・・・・。







どうやって河童捕まえたんだ????
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ