大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第144話


本日、第144話が放送されました!
第144話「初代ウルトラマン降臨!ウルトラ作戦第一号」
ウルトラマンの第1話「ウルトラ作戦第一号」を放送しました。


新ウルトラマン列伝は、今回からyoutubeや公式HPにて、放送終了直後の午前9時30分からネット配信開始となりました。
これで新ウルトラマン列伝が映らない地域の方でも、30分遅れで最新話を視聴することが可能になりましたし、
ネット上での話題に付いていけないという事も無くなりましたね。
※ネット配信期間については、これまで通りの1週間限定となっています。

今回はウルトラマンの記念すべき第1話が放送となりましたが、今見ても色んな意味で斬新すぎるシチュエーションですよね。
この時点でのウルトラマンは、ヒーローではなく宇宙人としての側面が強く描かれており、
護送中のベムラーに逃げられてそれを追う内に、ハヤタ隊員が搭乗している小型ビートルと衝突。
彼の命を奪ってしまったことを詫びて、一心同体となって怪獣たちと戦うことに・・・
要するにウルトラマンのうっかりミスが重なった為に、地球に留まり続けることになったという。

他のシリーズのウルトラ戦士は、「地球人の勇気ある行動に感動し~」などの理由で地球に留まるケースが多いですが、
元祖とも言える初代ウルトラマンにおいては、ベムラーの脱走とウルトラマンの事故が引き金になったんですよね。
科学特捜隊でハヤタの安否を本気で気遣うのもホシノ君とフジ隊員だけですし、
何かと怪しすぎるウルトラマンの言動や、一心同体となったハヤタ隊員の「そんなことはどうでもいい」発言など、
ツッコミ所満載であるにも関わらず面白いのが、この第1話の魅力なんだと思います。

ウルトラマンは初期に使用された、いわゆる「Aタイプ」スーツがTV画面に初登場。
後のウルトラヒーローとはイメージが異なる質感や造形なので、とても怪しい雰囲気を醸し出していますが、
スーツアクターである古谷敏さんの体型も相まって実に「宇宙人」らしい印象を受けました。
この時点ではあくまでM78星雲からやってきた宇宙人な訳でして、制作サイドは狙っていなかったようですが、
人類に手を貸してくれる謎の宇宙人という説得力があるのは、このAタイプスーツだったからなのかな~と。

ベムラーもオーソドックスな怪獣とは異なり、細長い体や短い腕、焦点の合っていない目や大きく裂けた口など、
一見すると爬虫類的な見た目でありながらも、異形感のあるデザインが実に秀逸だなと。
劇中では「平和を乱す悪魔のような怪獣」と評されていますが、地球上では大罪を犯す前に退治されてしまいました。
体を球状に変えて飛行することも可能ですし、割と個性的な怪獣なんですが、第2話があのバルタン星人登場回なので、
そちらのインパクトが強すぎたのはちょっと可哀想な気もしますね。

特撮的にも竜ヶ森湖を中心としたセットがとても豪華で、水中のセットも別に用意されています。
科学特捜隊による水中と空中からの二段攻撃も派手ですし、プロレス的ながら飛行も織り交ぜるウルトラマンのアクション、
そしてカラータイマーの点滅やスペシウム光線によるトドメの一撃など、
ウルトラマンのお約束がこの時点で確立されているのは本当に凄いな~と。
人間が必至になって怪獣に立ち向かい、それでもダメな時にウルトラマンが現れるという流れも完成されていますよね。

お茶の間で怪獣映画を視聴できると評判を呼んだ「ウルトラQ」が成功したのは、
第1話にゴメスとリトラの二大怪獣が戦うお話を持ってきたからだと私は考えています。
(実際、制作途中に怪獣が出る話を増やしたのも勝因だと言われていますね)
それと同じく、ウルトラの魅力が詰まったウルトラ作戦第一号があったからこそ、ウルトラマンは大ヒットしたんじゃないかと。
要するに、約50年前の作品であるにも関わらず、今日まで輝き続けているウルトラマンは「凄い番組」なのです。

次回はウルトラマンマックス最終回の前編、二週間に渡るバーサークシリーズとの戦いがスタートです!
youtubeでは、前回のお話が期間限定で配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|15:27
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2418-378882d2
コメント
ホワイトキング 2016/04/09 15:53 id:-
私は小さい時平成ウルトラマンをよく観ていたので、ハヤタとウルトラマンが出会った所を人生で初めて観たときはびっくりしました。
それと、初めてコメントします。いつもブログ読ませてもらってます。
まなしな 2016/04/09 16:23 id:q0noyqXo
>ホワイトキング様
ありがとうございます!
ルンバ 2016/04/09 20:29 id:-
この第1話はまさしく「全ての始まり」ですね。50年経っても色褪せる事無く輝き続けるウルトラマンはやっぱり特別なヒーローです。そして1ヶ月遅れですがようやく観れました劇場版ウルトラマンX!控えめに言っても神が降臨した神作映画でした。初見であまりの感動に続けて2回目も鑑賞してしまいました。本当に素晴らしい作品でした、X。もうDVDを買うのは確定です。久々に充実感と満足感を味わえた映画でした。
極悪地球人 2016/04/10 00:00 id:-
今更ながら思いますが「ウルトラマン」ってシンプルながらかなり完成されたキャラクター何だなって思います。
今回の映画でX、ティガと3体並んだシーンでは「ウルトラマン」一番格好いいなって思いました。

登場する怪獣もゴモラの様な正統派からブルトンの様になんだかよく解らない怪獣まで個性豊かな面々なので改めて観るとやっぱり凄いな~。って今でも思います。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ