大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマン最終回特集!「HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル」

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル
プレミアムバンダイから、限定商品の「HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル」が届きました。
今回は歴代ウルトラシリーズの最終回怪獣をチョイスしており、
まだHG化というかリアルタイプのフィギュアが出ていない3匹の怪獣が抜擢されています。


HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル0
海獣 サメクジラ
ウルトラマンタロウの第53話「さらばタロウよ!ウルトラの母よ!」に登場。
バルキー星人に操られていた宇宙怪獣で、洋上のタンカー船を頭のヒレで攻撃し、次々と沈めていました。
その後はバルキー星人の命令か、何故か地上に出現して市街地で大暴れをしていましたが、
ウルトラマンタロウの敵ではありませんでした。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル1
まずはサメクジラから。
立ちポーズで立体化されており、劇中ではあまり見えない四肢もちゃんと造型されています。
口内までちゃんと塗装されているのが細かいですね。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル2
こう見るとノコギリザメのようなフォルムが中々かっこよく、意外とボリュームがあるので見映えもいいですね。
こうやってサメクジラの全身を眺めるのは凄く新鮮な気分になります。
主人のバルキー星人は既にHGシリーズで商品化されていますし、一緒に並べたくなりますね。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル3
背中のチャック跡や全身の皺など、造形も細かいですね。
汚し塗装も全身にされていますし、原色大百科シリーズらしい仕上がりでした。
劇中ではもっと活躍して欲しかったなぁ・・・w


HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル4
円盤生物 ブラックエンド
ウルトラマンレオの第51話「さようならレオ!太陽への出発」に登場。
ブラック指令が呼び出した「最後にして最強の円盤生物」で、脚などを収納した円盤形態でブラックスターから地球へと飛来。
その後は地底に潜伏し、ブラック指令の命令でウルトラマンレオの名を呼びながら各地を破壊して回りました。
口から火炎を吐けるほか、鋭く大きな角や長い尻尾を使って敵を攻撃することが出来ます。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル5
商品化自体はそれなりにされているものの、リアルタイプのフィギュアが数少ないブラックエンドもHGの仲間入り!
体の赤い色は劇中通りもうちょっと濃ければ更に良くなっていたとは思いますが、
星人ブニョやブラック指令に続いてのHGシリーズ円盤生物フィギュア、個人的には大歓迎です。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル6
このブラックエンドの売りは何といってもその大きさで、角から尻尾の先までを合わせると全長約20cmほど!
HGシリーズ最大級のボリュームでブラックエンドが立体化されるとは・・・ただただ感激です。
全身のボコボコ具合やチャック跡など、こちらも執念を感じるディテールでした。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル7
象牙のような角、テントウムシのような体、ムカデのような尻尾、タッコングのような体型・・・
本当に不可思議なデザインをしていますよね、ブラックエンドは。
こちらはいずれ、また別の記事で詳しく取り上げたいと思います。


HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル8
冷凍怪獣 マーゴドン
ウルトラマン80の第50話「あっ!キリンも象も氷になった!!」に登場。
星々の熱エネルギーを吸収して、惑星を氷漬けにしてしまう能力を持った宇宙怪獣です。
その性質の為に熱エネルギーによる攻撃が無力化されてしまうほか、全身からは強烈な冷凍ガスを噴射し続け、
防衛チームUGMを苦しめています。しかし最後は、UGMがウルトラマンの力に頼らずに・・・

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル9
HG原色シリーズも、遂にウルトラマン80怪獣をチョイス!
そもそもHGウルトラマンにて80怪獣が商品化されたのは、「ゴラ」一体のみという不遇っぷりだっただけに嬉しいチョイスでした。
全身の白い毛はパール塗装なので、中々綺麗な仕上がりになっていますね。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル10
そもそもマーゴドンの立体化自体が非常に稀なので、思わずじっくりと観察してしまいますw
そういえば、尻尾も象の鼻のようなデザインだったんですね・・・
毛の表現も原型からは多少モールドが甘くなっているとはいえ、中々細かくて感心です。

HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル11
今回はスチール写真通りの立ちポーズで立体化されています。
背中の羽を目立たせる為に、四足ポーズのマーゴドンも何時の日か立体化して欲しいですね~。
(あそこが宇宙怪獣らしくて中々気に入っているので)


HG原色ウルトラ怪獣大百科その5 最終回スペシャル12
最後は3体揃い踏みで〆。
以上が最終回スペシャルの軽いレビューになります。
実はこれが発売されたことにより、昭和M78ウルトラマンの最終回怪獣は全てがリアルタイプでフィギュア化されたことに!
そちらは、また纏めて記事にしたいと思います。
お高い商品ですが、買って良かった!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:55
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2452-5ad451da
コメント
匿名 2016/05/28 12:19 id:-
サメクジラはXの子どもを思い出しましたw
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ