大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第152~154話


三週間に渡り、第152話~第154話が放送されました!
第152話 「メビウス最後の戦い!皇帝の降臨」
第153話 「メビウス絶体絶命!絶望の暗雲」
第154話 「はばたけメビウス!心からの言葉」

ウルトラマンメビウスの最終三部作を連続を放送しました。


ウルトラマンやウルトラセブンで示された「ウルトラマンだけに頼ることなく、地球は人類の手で守り抜く」という精神、
これまでの積み重ねの上に最終回に到達するという平成ウルトラマン的な展開、
昭和の大先輩の助言を聞いて平成の若者が立ち直り、人類とウルトラマンの力を合わせて最強の敵に立ち向かう・・・
昭和M78シリーズ、ティガから続いた平成ウルトラシリーズ、そしてウルトラマンメビウスの集大成。
メビウス最終三部作は、そう表現するに相応しい内容に仕上がっていたと思います。

地球は我々人類、自らの手で守り抜かなければならない
ウルトラ警備隊のキリヤマ隊長が遺した言葉は、
GUYSの時代になっても受け継がれている事が作中で明らかになっていましたが、
この最終章ではサコミズ隊長が「その言葉が持つ意味」を改めて語るシーンがありました。

何もウルトラマンに頼るなとは言っていない、彼らの期待に応えて人類も頑張っていけばいい。
侵略者の技術を解析して作り上げた「メテオール」も、ただ人類が怪獣に立ち向う為の戦力というだけではなく、
ウルトラマンと共に戦い、彼らをサポートする為の力だという事実には泣かされました。
実際にこれまでにもメビウスやヒカリの戦いをサポートしていましたし、最後の「ファイナルメテオール」は、
彼らの放つ光線エネルギーを増幅させるための装置、正にウルトラマンにとっての最強のサポートメカでした。

そんな彼らの前に立ちはだかる最大にして最強の敵が、暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人。
3万年前に光の国を怪獣軍団を率いて襲撃し、ウルトラの父との一騎打ちの末に敗れた伝説の存在です。
タロウのムルロア回で存在が明らかになりましたが、これまで映像作品に出演した事はありませんでした。
メビウスではマケットゼットンの回から存在が示唆され続けており、放送当時はファンを驚かせましたが、
この最終三部作にて遂に地球へと降臨し、始めてその姿を現すことになりました。

かつてウルトラマン超闘士激伝においては強豪宇宙人らしいデザインとして設定されていましたが、
メビウスではタロウに登場した黒いシルエットを参考に、暗黒超人と設定されて登場しています。
その暗く壮絶な過去や漆黒の見た目からして、光の超人であるウルトラマンとは対極の存在として描かれていましたね。
闇と静寂を好み、光を掻き消す力を振るいつつ、圧倒的な闇のエネルギーで自分に抗うものを全て消滅させる。
今まで登場した怪獣や宇宙人とは桁違いの実力を見せ付けてくれたのは、個人的に予想以上だったので驚きました。

GUYSの戦力が通じず、ファントン星人、ザムシャー、サイコキノ星人カコ、ウルトラマンヒカリの援護さえ無力。
遂にはメビウスさえも消滅させられてしまいましたが・・・
太陽を元に戻すべく宇宙で奮闘しているウルトラ兄弟からのメッセージ、キングの力が宿る神秘のアイテムの力、
これまで紡いできた人類とウルトラマンの絆、その全てが融合する事で誕生したフェニックスブレイブ。
GUYSのシンボルでもある不死鳥を名に付けている点でも、まさにメビウス最後にして最強の姿に相応しい存在でした。

そんなフェニックスブレイブとウルトラ兄弟最高の威力を誇る光線技を持つゾフィー、そしてファイナルメテオールの力。
これを受け続けても倒れないエンペラ星人のタフさにも驚きですが、最後は敗北の理由を悟りつつ、光の粒子となって昇天。
闇に堕ちた悲劇的なエンペラ星人をただ倒すのではなく、浄化させるラストもメビウス最終回が好きである理由の一つです。
これ以降も皇帝軍の残党が様々な事件を引き起こし続けますが、本物の皇帝自身が再登場することは無かったので、
きっと彼の魂は救われたのだろう・・・そう信じたいです。(ゴーストリバースで登場した怨念カプセルはまた違うものでしょうし)

これにて名実共にウルトラ兄弟10番目の戦士となり、地球を去って行ったウルトラマンメビウス。
今まで・・・ありがとうございました!」と言い残したミライ、最後の最後で「ありがとう」と言えたリュウ。
タイトルにもなった「心からの言葉」は、実にシンプルながら言われると誰もが嬉しくなる感謝の言葉でした。
無限に続く光の国へと帰っていくゾフィー、メビウス、ヒカリ。
ウルトラマン最終回を彷彿とさせるカットも、シリーズ40周年に相応しく感慨深いものがありました。

ウルトラマンギンガとメビウスの珍しい2ショットを挟みつつ、これにて新ウルトラマン列伝の過去エピソード放送は終了。
次回はいよいよ最終回ということで、ほぼ全てのウルトラマンが登場するのではないかという圧巻の総集編が放送されます。
寂しくなりますが、それと同時にウルトラマンオーブ放送まであと3週間というワクワク感も込み上げて来ますね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|12:00
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2467-7d9684bf
コメント
2016/06/18 12:54 id:-
メビウス最終回は、ウルトラシリーズで最も感動的な最終回だと思います。

まずウルトラ兄弟のエールに泣かされました。暗黒四天王との戦いで教えた教訓を、再び教えてくれるという展開に感動しました。

次にGUYS全隊員でのメビウス変身にシビれました。まさに「人間とウルトラマンの絆」というに相応しい変身です。

そして、メビウス最後の変身。
「さようなら……今まで、ありがとうございました‼︎」は、涙なしには語れません。全ウルトラシリーズでも指折りの感動シーンだと思います。

ありがとうミライ、ありがとうメビウス‼︎
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ