大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

昭和M78ウルトラマンの最終回登場怪獣が全てフィギュア化したので、並べてみた

この度、食玩やガシャポンシリーズを合わせると、
昭和M78ウルトラマン(マン、セブン、帰、エース、タロウ、レオ、80)」の最終回に登場した敵キャラクターが、
全てリアルタイプフィギュアとして出揃いました。
それを記念して、この記事ではそれらを一気に取り上げて行きたいと思います。(全て代表的なフィギュアから抜粋)


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集
ウルトラマン最終回「さらばウルトラマン」より
・変身怪人ゼットン星人:KRS35シリーズ
・宇宙恐竜ゼットン:HGウルトラマンシリーズ(小ゼットン星人も)


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集0
岩本博士に化け、科学特捜隊基地を破壊しようとしたゼットン星人。
元祖ラスボス怪獣であり、言わずと知れたウルトラマンキラーであるゼットン。
どちらもシリーズを代表するキャラクターで、全体的に黒を基調としているのも面白いポイントでしょうか。
(ゼットン星人の場合は、岩本博士の服装ですがw)


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集1
ウルトラセブン最終回「史上最大の侵略」
・幽霊怪人ゴース星人:ウルトラ怪獣名鑑シリーズ
・双頭怪獣改造パンドン:HGウルトラマンシリーズ


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集2
地底から各国の主要都市を攻撃した、不気味なゴース星人。
最終回前編にして、「倒せ火を吐く大怪獣」という歌詞通りの怪獣だったパンドン。
改造パンドンはパーツ差し替えで通常のパンドンにすることも出来る、中々プレイバリューの高いフィギュアでした。
ゴース星人も本当はHGシリーズのもので紹介したかったのですが、限定セットのものなので未所持です。


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集3
昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集4
帰ってきたウルトラマン最終回「ウルトラ5つの誓い」
・触角宇宙人バット星人:ウルトラ怪獣戯画シリーズ
・宇宙恐竜ゼットン(2代目):ウルトラ怪獣戯画シリーズ


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集5
ウルトラの星にも戦争を仕掛けた、凶悪なバット星人。
ウルトラマン打倒の為に連れて来られたバット星人の用心棒、ゼットン二代目。
バット星人は残念ながら、リアルタイプのミニフィギュアは現在の所これだけでして、
後のレッドアローであるウルトラクロスがぶっ刺さった状態というのが・・・w(出来は良いんですけど)


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集6
ウルトラマンエース最終回「明日のエースは君だ!」
・遊牧星人サイモン星人の子供:ウルトラ超獣名鑑シリーズ
・最強超獣ジャンボキング:DGウルトラマンシリーズ


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集7
友好的な宇宙人の子供・・・かと思いきや、ヤプール人の残党が変身していた姿だったサイモン星人。
カウラ、ユニタング、マザロン人、マザリュース、巨大ヤプールなどが合体した超獣、ジャンボキング。
サイモン星人はまさかの立体化に驚きましたが、更に北斗星司と対峙しているというシチュエーションが良いですよね。
(北斗の顔は流石に似ていませんでしたが)


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集8
ウルトラマンタロウ最終回「さらばタロウよ!ウルトラの母よ!」
・海獣サメクジラ:HG原色ウルトラ怪獣大百科シリーズ
・宇宙海人バルキー星人:HGヒーローズライブシリーズ


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集9
巨大なノコギリザメのような姿で、タンカー船を次々と切り裂いて沈めたサメクジラ。
タロウが出てくると姿を隠し、変身出来ないと分かると大暴れを始める姑息なバルキー星人。
共に同じHGシリーズで立体化されたので、並べても違和感の無いサイズなのが嬉しいですね。
(バルキー星人の背中には、ライブサイン付きプレートを指すための穴が空いています)


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集10
ウルトラマンレオ最終回「さようならレオ!太陽への出発」
・ブラック指令:HGウルトラシレイシリーズ
・円盤生物ブラックエンド:HG原色ウルトラ怪獣大百科シリーズ


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集11
シルバーブルーメからブラックエンドまでの円盤生物を操り続けた宿敵、ブラック指令。
ブラックスターから送り込まれた最後にして最強の円盤生物、ブラックエンド。
こちらも共にHGシリーズで商品化され、特にブラック指令のリアルタイプフィギュアは史上初なのでビックリでした。
過去の記事でもたっぷり取り上げましたが、表情のリアルさがミニフィギュアとは思えないほど精巧なんですよね~。


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集12
ウルトラマン80最終回「あっ!キリンも象も氷になった!!」
・冷凍怪獣マーゴドン:HG原色ウルトラ怪獣大百科シリーズ


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集13
惑星の熱エネルギーを奪い、全て凍り付かせてしまう力を持つマーゴドン。
タイトルがシリーズ史上最高にアレですが、内容はウルトラマンの力に頼らずに人類が奮闘するという、
かなり見応えがあるものになっている名作です。(80の地球との別れ方も、ウルトラ的にはとても幸せな方だと思います)
マーゴドンも滅多にフィギュア化されないだけに、HGシリーズで発売決定が決まった時は驚きました。


昭和ウルトラマン最終回怪獣(ラスボス)特集14
ということで、これにて昭和M78ウルトラマンの最終回怪獣が集結!
リアルタイプのミニフィギュアでこれらが揃うのは、本当に画期的な出来事ではないかと。
平成ウルトラマンのTVシリーズも、どうにかしてグランスフィアギガ・バーサークをフィギュア化して頂ければ、
最終回怪獣をズラりと揃えることが出来るのですが・・・
この調子で、昭和怪獣に続いてコンプリートできる日は果たしてやって来るのでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:30
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2472-a331a511
コメント
闇従者 2016/06/24 21:12 id:x8WRXstU
こうして並べてみると、感慨深さがありますね。
とうとう、到達したのか…そういう思いに至ります。

昭和怪獣に続いてコンプリートできる日は果たしてやって来るのでしょうか。>
来る日を信じましょう、プレバンならやってくれ…るかもしれません(^^;
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ