大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンオーブ 第1話感想


本日、第1話「夕陽の風来坊」が放送されました!
冒頭から驚きでしたね、光ノ魔王獣マガゼットンと、恐らく本来の姿であろうオーブの激突。
全身が白く輝き虹色の巨大な剣を武器としていましたが・・・
恐らく、この出来事がオーブことクレナイ・ガイの中で大きくトラウマになっているのでしょう。
歴代ウルトラマンの力をお借りする理由、本来の姿になれない訳、それらが示唆されていましたね。

森での大爆発というと、現実世界でも過去に起きた「ツングースカ大爆発」を連想してしまいます。
数十キロの範囲に渡り森林が焼け落ちた有名な事件ですが、その原因は隕石によるものだと言われていますね。
こうやって史実に重ね合わせるような演出は妙にリアリティがありますし、
UMAや怪事件を追いかけるオーブの作風にもピッタリだと思います。

そして水木一郎&ボイジャーによるオープニング!
本編の内容を強く意識した演出になっており、とにかくどのカットもハイテンションでした。
まだ見ぬフュージョンカードも舞っていましたし、果たしてどれほどが本編に登場するのでしょうか。
何より嬉しかったのは、遂に怪獣紹介の影絵が復活!
ウルトラマンメビウスでも興奮した要素であっただけに、オーブも毎回の楽しみが増えましたね~。

オーブは防衛チーム視点では無く、あくまで民間のネットニュースサイトを運営しているSSPがメイン。
テンションの高さと行動力だけは人一倍のようですが、運営的には厳しい状況に追い込まれている様子。
プロではないですが、どんな危機的状況でも首を突っ込む図太さと危なっかしさは、
ウルトラQとはまた違った一般人視点として描かれていたと思います。
そこが彼らの欠点であり、クレナイ・ガイとの接点が大きくなってくる利点でもあるのでしょう。

SSPの情報収集も、過去の資料を洗うだけではなくSNSを検索してみたりと、今風でどこか親しみを持てますね。
そこからの憶測であっても、本物の天才が一人紛れていることにより説得力も持たせられますし。
(結構危ない感じも出ていましたがw)
この(悪く言えば)ボンクラ集団たちが今後どのような活躍を見せていくのか、
ビートル隊の隊長である渋川との関係も含めて、色々と楽しみつつ見守っていきたいと思います。

クレナイ・ガイは「ぶっきらぼうな風来坊」を地で行くキャラクターでありながら、
守るべき人間たちはしっかりと守るというヒロイックさも、ちゃんと描写されていましたね。
ウルトラマンなので超人的な力をナチュラルに日常で使っていましたし、どこか世間体とズレた性格も面白かったです。
何気に寒さには強いという点が、一番の驚きだったかも・・・w
(あれでも冷凍怪獣の攻撃や、宇宙空間での寒さに比べれば随分とマシかもしれませんが)

ウルトラマンオーブには随所に小ネタが仕込まれるそうですが、中でも公式が推している、
「歴代ウルトラシリーズのサブタイトルが台詞の中に挟まれる」という仕掛けが面白そうですね。
第1話ではマガバッサーに絡めて、ウルトラQの「鳥を見た」が採用されていましたが。
どこまで自然に盛り込むことが出来るのか、今後の楽しみな要素の一つですね。
(他にも劇中に登場した新聞記事や雑誌などにチラホラと・・・?)

新怪獣である風ノ魔王獣マガバッサー、まさしく怪獣災害を象徴するかのような存在でした。
普段はあまり姿を見せることは無く、そこに居るだけで周囲に竜巻や台風が発生してしまうという、
巨大怪獣というよりは気象災害を引き起こす原因として描かれていましたね。
早く倒さなければならない相手だというのも分かりやすく、怪獣保護という考え方が通用する相手でも無い。
前作ウルトラマンエックスからの流れから、スッと頭を切り替えることが出来ました。

マガバッサーは地上に降り立った後も他の鳥型怪獣のように二足歩行メインではなく、
鳥らしく細かくジャンプをして移動や攻撃を行う仕草も割と気に入りました。
武器も翼や嘴による攻撃と至ってシンプル、鳥型怪獣としてはかなり王道なキャラクターでしたね。
最後には謎の男・・・というか明らかな変わり者であるジャグラス・ジャグラーの手によりカード化されていましたが、
彼が一体何を目論んでいるのか、そしてガイとはどんな関係なのか、こちらも今後のお楽しみなのでしょう。

ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン)は変身する場所が笑えましたし、(円谷英二さんやスーパーマンのネタ?)
八つ裂き光輪の使い方や時間切れが迫る描写など、今までに無いシーンが多くてハッとさせられました。
前作のウルトラマンエックスとはまた違った角度から驚かされるとは・・・
既に戦い慣れているウルトラ戦士でもありますし、ガイ共々頼もしいキャラクターになりそうです。

オーブニカを手にし、キザなセリフと共に夕陽の中を去っていくクレナイ・ガイ。
こんな濃い絵面が平成のTV作品で拝めるとは思いませんでしたw
良い意味で古臭く、そして今の時代だからこそ新鮮に感じた名シーンですね。
正に夕陽の風来坊、タイトル通りでした。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」というミニコーナーがあることにも驚きましたが、
こうやって列伝の映像も交えながら歴代ヒーローを紹介するコーナーがあるのは、シリーズ50周年らしくて良いですね。
ちゃんと怪獣も取り上げていましたし、メビナビから続くミニコーナーとして今後にも期待です。
次回はいきなりグランドキングが登場!
土ノ魔王獣の脅威、そしてガイとジャグラーの戦いが遂に始動する模様です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|11:54
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2483-91eeae4b
コメント
ルンバ 2016/07/09 17:12 id:-
まさか本放送終了後すぐに配信で楽しめるとは・・・土9に放送時間が移ったのは大正解だったと思います。さて、本編感想ですが、予想以上にSSPのメンバーのキャラが濃かったww。特にシン、彼はいい味出してます。柳沢慎吾さん演じる一徹は基本的にSSPに振り回される役回りになりそうですね。その分、シリアス担当はジャグラーが請け負ってる感じがしました。キャラによって役割がはっきりしてるのは良かったと思います。そして、主人公・ガイはトラウマこそ抱えつつもしっかりヒーローしてました。ちょっと感性がズレてて面白キャラにもなってましたがww。そしてまさかあんな場所で変身するとは思ってませんでしたww。史上初じゃないでしょうか、○明○○機の中で変身したウルトラマンww。バトルシーンは流石の田口監督、渾身の出来栄えでしたね。ただ、前作「X」に比べるとちょっと大人しめかなとは感じました。でも、思いっきり楽しめました。いよいよ新しいウルトラマンが始まった、そう実感できるいい第1話でした。これから毎週の楽しみが増えました。次回も楽しみです!グランドキング相手にどうやって勝つんだろう、オーブ・・・。
reo 2016/07/10 07:12 id:-
BSプレミアムウルトラマン感謝祭みたいなのやってましたが見ましたか?
まなしな 2016/07/10 09:10 id:q0noyqXo
>reo様
家族に邪魔されながらも途切れ途切れで視聴していました
ウルトラマンベルゼブブ 2016/07/11 22:45 id:-
遂に始まりましたね。ウルトラマンオーブ!!

賑やかなSSPメンバーやクールな感じなのに天然っぽいガイ。マガバッサーによる竜巻災害シーンやオーブとの戦闘シーン等、分かりやすく素直に楽しめました。
冒頭のオーブのトラウマ回想やジャグラスジャグラーが今後どう暗躍していくのか?という部分も気になります!

ただ、私にとって問題なのが次回のマガグランドキングの扱いに関してですね。魔王獣とは言えグランドキングが2話目(しかも1話限り?)の登場に不安が残ってます・・・
なのである意味次回に注目してますw
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ