大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

劇場限定ソフビ ゴジラ2016(限定クリアレッドVer.)&本日からシン・ゴジラ公開!

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ 限定クリアレッドver
ムービーモンスターシリーズ
ゴジラ2016(限定クリアレッドVer.)

さあ、いよいよ本日から映画「シン・ゴジラ」の公開がスタートしました!
国産ゴジラ恒例の劇場限定ソフビ人形も存在し、今回はゴジラ2016のクリアレッドバージョンなんですね。
お値段は2500円とやや高めでしたが、全身がクリアレッドラメ成型になっていました。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ 限定クリアレッドver0
基本は現在発売されている、ゴジラ2016のリペイント商品です。
造形そのものに違いは見られませんでした。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ 限定クリアレッドver1
映画でもとにかく存在感のあった長い尻尾。
やはり本編を見た後だと、色んな角度で眺めたくなります。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ 限定クリアレッドver2
背鰭や尻尾など、各部のデザインにもちゃんと「意味」があったとは・・・
ただ不気味なだけじゃない、改めて今回のゴジラのデザインは素晴らしいなと。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ 限定クリアレッドver3
さて、映画の感想は詳しく書くとネタバレになってしまうので自重しておきますが。
ゴジラ・・・いや、日本の特撮映画に新たなる傑作が誕生したことは間違いないでしょう。
サプライズに次ぐサプライズ、思わず声を出して驚いてしまう場面から「えぇぇぇぇぇっ!?」となるトンデモシーンまで、
全編ほぼノンストップのとてつもない濃密な作品でした。
(音楽までやりたい放題、あそこまで行くと・・・もはや笑うしかありませんw)

とにかくネタバレ情報を完全にシャットアウトして、この土日の間に観に行くことを強くお勧めします
(恐らく8月1日になるとアレが解禁されそうなので)
シン・ゴジラ、本当に面白かった!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|21:33
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2499-ca855050
コメント
shin平 2016/07/29 21:43 id:-
シン・ゴジラ…


賛否が分かれる作品ですね。

僕は…
好き50% 嫌い50%です…

それだけ、ゴジラは人それぞれ思い入れが強い作品なんだと、見終わって思いました。

長文失礼しました。
闇従者 2016/07/29 22:53 id:x8WRXstU
本日、鑑賞してきました。

新しいゴジラ…しかとその目に焼き付けてきました。
私の感想は、最高の二文字なのですが、鑑賞されたお客様の中には、『シリーズの一つには加えても良い』という方もいらっしゃいました。

先の方も、仰る通り『ゴジラ』と言う存在は、人それぞれ思い入れが強いのだと、私も今日、感じました。
2016/07/29 23:32 id:-
見てきました。全体的にゴジラの怖さがよく表現されてて良かったと思いました。
人間の反応も、現実にゴジラがいたらこんな感じなのではないかと、個人的にはリアリティがあって良かったです。
ルンバ 2016/07/30 08:51 id:-
昨日の夜鑑賞してきましたが・・・、色んな意味でヤバかったです今回のシンゴジラww。「歩く災害」と言うべきか「歩く砲台」と言うべきか・・・。悪意があるのか無いのかすら分からないという超然とした不気味さがありました。ネットの反応を見ても賛否両論ありますが、「怪獣映画」としては真っ当な作品であり、一つの到達点と言っても過言ではないと思います。ただ、平成のvsシリーズが好きな人にとってはちょっと期待外れになってしまうかなとは思いました。私個人としては、本当に怪獣が現れた場合、人々はどういう風に行動をとるのかが徹頭徹尾リアルに描かれていて、非常に楽しめました。タイトルの「シン・ゴジラ」・・・、「新」「神」「罪」などの意味が含まれていると言われてましたが、私は更に「進軍・進化」の「進」の意味もあったと感じました。庵野監督が「一度限りの挑戦」と言った通り、おそらく続編は無いでしょうがぜひこの映画を弾みにしてゴジラの新たな歩みを「進」めて欲しいです。長文失礼しました。
いちおか 2016/07/30 20:03 id:9gJbYYiQ
お久しぶりです、いちおかです。
今回のゴジラを一言で言うならば・・・「衝撃」ですかね。庵野さんも随分と冒険しましたね( ̄ー ̄)ニヤリッ

彼が作ったのは、「初代のリメイク」ではなく「新しい初代ゴジラ」だということを直感的に理解しました。そうでなければ、劇中であんなグロテスクなゴジラ幼体が出るはずがありません。

人間ドラマも、首尾一貫して「ゴジラが現代に現れたら?」というテーマを通しているのか、徹底的にリアリティに拘っており、まるでドキュメンタリー番組を見ているかのようでした。これ程までに現実的な怪獣映画は、平成ガメラ以来でしょうかね。

今後、この作品がゴジラシリーズにどんな影響を与えるか楽しみだったりします。
くろさき 2016/07/30 20:44 id:-
はじめまして。いつも楽しく、ブログを拝見させて頂いています。怪獣好きの、いち特撮オタクです。

私は耳が聞こえないため、シン・ゴジラは8月中旬の字幕上映を待たなければいけないのですが、各所からいつネタバレが飛んでくるかと冷や冷やしています。

まなしなさんがここまで楽しんでいるのなら、ますます期待値が上がりそうです。
2016/07/30 22:42 id:-
 このゴジラは、確かにありそうでなかった!という感じでした。
 核の化身、という点では初代ゴジラと同じながら、さらに徹底していると感じました。兎に角感情移入できる要素を徹底排除していて、ある意味での嫌悪感さえ感じさせられました。
 そして、人から個性をある程度除外している、という点も目につきました。飽くまで、日本という群がゴジラと立ち向かっている姿を強調するためなのでしょう。それでいて、素晴らしい人間賛歌も込められていて、正に日本対ゴジラ、現実対虚構そのままでした。
G-Ji 2016/08/02 22:59 id:-
公開前から賛否両論あるシン・ゴジラですが、劇場鑑賞してみて私は今までの着ぐるみのゴジラを捨てた新しいゴジラ表現で現実味を帯びた生物感ある素晴らしく怖いゴジラだったと思います。
出来ればこのスタンスで今回限りとは言わず続編を作ってほしいです。
公開まで公表しなかったあのエッと思わず声が出るほどの驚く無敵ゴジラには感動して鳥肌が立ちました。
ぜひ劇場で鑑賞することをお勧めいたします。
音楽もゴジラファンにとっては嬉しかったです。
ゴジラファンより。
極悪地球人 2016/08/05 20:43 id:-
私もやっと本日鑑賞してきました。
ここまで「生物としてのゴジラ」を描いた作品は無かったでしょうね。と同時に「もし現実の日本にゴジラが出現したら政府・国連がどういった行動をとるか・・・」というのも個人的には面白かったですね。(日本の事なんか知ったこっちゃねえという中・露。情報・利益を独り占めにしたい米。意外に頼りになる仏(?)

ただ、監督さんが某アニメの監督だけあって某アニメをゴジラでやってみた感が私としてはかなりマイナス。

ただ、品川のシーンは鳥肌物。改めて伊福部昭は偉大だなと・・・・。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ