大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンオーブ 第5話感想


昨日、第5話「逃げない心」が放送されました!
どうやらウルトラマンオーブの強さに関してはあちこちに知れ渡っているようで、
今回は「ゼットン星人マドック」がオーブを倒して名を上げようと挑戦してきました。
マドックはガイやオーブのことを徹底的に調べ上げており、この用意周到さがゼットン星人らしいな~と。
(ただ、今回はデータに無い想定外の事態が起きるわけなんですが)

マドック自体はストレートな悪役キャラだったのですが、何といってもセーラー服を着たままの姿が強烈w
これまでにも様々な服装でファンを楽しませてきたゼットン星人でしたが、さすがに女装は史上初。
(マドックが女性である可能性も捨てきれませんが)
しかも下半身は変身したままで生足もそのまま・・・あのビジュアルだけでいくらでも語れるぐらいインパクトがありましたw
終盤にはガイとの肉弾戦もあり、死に際がケムール人じゃないか!というツッコミまで含めて中々濃ゆい宇宙人でしたね。

そんなマドックが地下で育てていた怪獣が、「ハイパーゼットンデスサイス」。
どうやらハイパーゼットンの亜種のようで、両腕がカマキリのような形状になっているのが特徴でした。
ハイパーゼットンは元から節足動物らしいデザインですし、あのアレンジは思いのほかハマっていましたね~。
テレポート能力や火球攻撃など、ゼットンらしい特徴もそのままに大暴れ。
特にSSP視点から見たテレポート戦の演出が素晴らしかったです!

ハイパーゼットンと言えば、初出はウルトラマンサーガに登場したバット星人が操る怪獣でしたが、
ウルトラマンギンガSではゼットン星人ベルメが操って「元祖ゼットン使い」のプライドを見せ付け、
オーブでは遂に「ゼットン星人が操るハイパーゼットン」が登場した訳です。
操り方もあるでしょうが、それぞれ能力に差異が見られましたし、
やはりゼットンは育て方次第で色んな個性を持つ姿になる怪獣なのでしょうか。

ウルトラマンオーブもハイパーゼットンに負けじと、遂に第三の姿である「ハリケーンスラッシュ」へと変身。
ウルトラマンジャックとウルトラマンゼロの能力を併せ持ち、それぞれに因縁のあるゼットンが相手というのも運命を感じます。
ビルの上に立つというサーガネタが盛り込まれたり、仕草や能力に関してもほとんどゼロといった印象でしたがw
それでもウルトラブレスレット使いであることを示す、新武器「オーブスラッガーランス」もしっかりと魅せてくれましたし、
素早いアクションと派手なエフェクトで、演出も含めて素晴らしいデビュー戦となったのではないでしょうか。

ドラマ部分ではガイとナオミの関係がより親密になってきましたが、ナオミの危なっかしさも重要な要素になってきそうです。
ガイが彼女のことを放っておけない理由、それに今回のスープの件に関してもそうですが、
108年前の戦いで恐らく死亡したのであろう、あの外国人の女性とナオミがあまりにも似すぎているんですよね。
あの2人にどういった繋がりがあるのか、それが今後のストーリーに大きく関わってくる予感・・・
(スープや女の子の人形の一件もあり、今後はSSPとガイの関係も大きく変わってきそうです)

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
人間に化ける敵を意識してか、シンの台詞に含まれていたウルトラマンの「来たのは誰だ」でしたね。
あちらはゴトウ隊員に変身していたケロニアが、その正体を明かすシーンが強烈でした。
(何気に次回予告では「ダーク・ゾーン」という言葉もw)

さて、次回は「惑星侵略連合」が本格的に動き出すようです。
メトロン星人、ナックル星人、アリブンタ、そしてあの宇宙人もいよいよ登場!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|10:56
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2507-51927b1b
コメント
2016/08/07 11:24 id:-
今回は今までのオーブの中で一番面白かったです‼︎

ガイの「勇気と無茶を間違うな‼︎」がネクサスの「死ぬ気で戦うことと、死んでもいいと思って戦うことは全く違うことよ」を連想させるようで感慨深かったです。

今回の見どころは何と言ってもハリケーンスラッシュVSデスサイズでしょう‼︎
ビルに立つオーブは、さながらサーガのゼロを思わせますね。サーガのような瞬間移動のド迫力バトルに大興奮でした‼︎

ゼットン星人の最期の言葉は、「序盤の宇宙人の意味深な最期のセリフ」という点でマーキンド星人のようでしたね。
「腐りかけの星」「いつか他の星に逃げ出す」などの言葉はケムール人を思わせるナイス演出でした。
グリーンマスター 2016/08/07 13:53 id:-
オーブスラッガーランスってレビューしますか?
ぱみだれ 2016/08/07 15:05 id:-
どうしてゼットン星人のソフビが新しく出ないのかな?
まなしな 2016/08/07 16:48 id:q0noyqXo
>グリーンマスター様
なりきり系は写真じゃ魅力が伝わらないのでしません。
2016/08/07 17:46 id:-
>ぱみだれさん、ソフビで服を造形するとなると、コストがかかるからでは?

ハイパーゼットンデスサイズのソフビの発売が11月という……ちびっ子は普通のハイパーゼットンとハリケーンスラッシュを戦わせて遊んでいるんですかね(笑)
ちょろQ 2016/08/07 19:56 id:-
今回一番のサプライズは変態ゼットン星人さんでしたねww。ニューハーフナックルはいましたが、女装癖持ちは史上初ですww。今回オーブが戦ったハイパーゼットンデスサイスはどことなくギガントとイマーゴの中間体を思わせるような感じでした。手が鎌なだけ余計に・・・。そして満を持して登場したハリスラはめっちゃカッコよかった!やっぱりヒーローはカッコよさが命ですね。ゼロ成分80%ぐらいあってジャック成分がよく解りませんでしたが。しかし、ジャグジャグさんといいマドックといい敵がキャラ濃過ぎww。次辺りに出てくるであろうメフィラス、ナックル、メトロンは変態でない事を祈りますww。
2016/08/08 21:13 id:-
ビルの上に立つのはサーガオマージュであり、同時に同じアベユーイチ監督回でもあるXのネクサス回の逆オマージュでもあると思います。

ネクサス回ではバグバズンブルードの強さを表現するためにビルの上に載せて「強い悪役=主人公を高所から見下ろす」という演出をやったわけですが、今回は満を持してのヒーロー見参演出の為に「駆け付けた頼もしいヒーローが高所から悪役を見下ろす」という昭和特撮ヒーローや原作やアニメでのアメコミヒーローに見られる演出を行ったのだと思いました。

そのビルもネクサス回で使ったABEビルだから余計に…。
ぱみだれ 2016/08/09 10:13 id:-
なるほど、コストでしたか〜
芸術的に言うとゼットン星人は着せ替え宇宙人?!
ゴジ 2016/08/09 19:18 id:-
ゼットン星人の女装は・・・ウルフェスのトラウマが再びでしたよ、ハリケーンスラッシュ強すぎる!!
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ