大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンオーブ 第8話感想


本日、第8話「都会の半魚人」が放送されました!
ラゴン親子が主役という、激しくウルトラゾーン臭がするシチュエーションのお話でしたがw
魚屋さんの店主とどのようにして出会ったのかは謎ですが、最後の水に溶け込むかのような演出や、
人間と仲が良くコミュニケーションが可能など、今回のラゴンは半魚人というか「河童」のような扱いでしたね。
(魚が好きなラゴン→キュウリが好きな河童と置き換えても、ある程度通用するお話ではないかと)

今回はこの世界の「怪獣」のスタンスにスポットが当てられており、本来地球に生息している怪獣たちは、
あくまで「巨大な生き物」としてガイは認識しているらしく、彼らも好き好んで人前に出現するわけではないと話していました。
しかし一度出現してしまえば、ただ歩くだけで人間に大きな被害が出てしまう・・・それ故に怪獣を恐れている市民も多く、
「例え小型の怪獣であっても、自分たちに危険を及ぼすのではないか」と考える人もたくさん居るのでしょう。

SSPにとっては「記事のネタ」であり、市民にとっては「駆除してほしい存在」であり、
ビートル隊にとっては「人に危害を加えるのであれば攻撃対象」であり、ガイにとっては「体の大きな生き物」である・・・
ひとえに怪獣と言っても、それぞれの立場から見ると全く異なる存在になる訳です。
この辺りをどう対応していくのか、公的機関であるビートル隊も、その立場が苦しくなる局面がきっとあるのでしょう。

今回、オーブがグビラにトドメをささなかったのも、
出現理由が「あくまで生きる為に食べているだけなので、悪意ある行動では無かった」、そう判断したからなのでしょう。
もしこれが以前のアリブンタのように、ジャグラーの先兵として送り込まれていれば話は別だったかもしれません。
(何気にオーブの新技が、どこか初代ウルトラマンの技を連想させるものでしたね)

SSPもビートル隊(というかシブカワ)も、騒ぐ時はしっかり騒ぎますが、ラゴン親子を見逃してあげる辺りが、
彼らの優しさを感じることが出来るので素直に好感が持てますね。
特にSSPはネタが無いと死活問題になるにも関わらず、ラゴン親子に配慮して今回の騒動を記事にはしないと判断。
それが報道マンとしてダメな所でもあるんですが、SSPはただスクープを追っているだけでは無い、
ちゃんとした良識ある集団として描かれていますね。

毎回謎が深まるナオミとウルトラマンオーブの繋がり。
今回の夢の中ではガイが彼女を助ける姿が描かれたほか、彼女の歌がガイを驚かせることになりました。
恐らく例の外国人の女性と、また新たな繋がりが出来たのでしょうが・・・
ここまで来ると、やはりナオミは彼女の生まれ変わりなのでは?と思わざるを得ません。
例のスープの一件といい、偶然の一致を通り越していますしね。

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
アナウンサーの台詞に含まれていたウルトラマンの「沿岸警備命令」でしたね。
こちらはゲスラが横浜港を襲うという内容で、海の怪獣繋がりでの起用だったのでしょう。

さて、次回はババルウ星人がニセウルトラマンオーブに変身!
・・・しかし、どうやら何時もとは全く異なるシチュエーションになるようで?
かなりの変化球回になるそうですし、期待です!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:59
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2519-2ae7ecf8
コメント
2016/08/28 21:59 id:-
今回は前作エックス、或いはコスモスのような「悪い怪獣ばかりではない」というテーマでしたね。

グビラが出現したのは、元はと言えば魚を取りすぎた人間のせいでもあります。
なのにグビラ=怪獣が出現すれば自分たちのことを棚に上げて「退治してくれ」……身勝手ですね。

現実にも外来生物や熊や猪という形で同じことが起きています。
これを見たちびっ子たちが、何をすべきか・何をしてはいけないか学んでくれることを願います。

何気にグビラが、オーブで初めて「倒されなかった怪獣」になりましたね(笑)
まあ怪獣というよりは「巨大野生生物」というニュアンスでしたからね。

新技は初代マンの「ウルトラエアキャッチ」とティガパワータイプの「ミラクルバルーン光線」を合わせたような演出でしたね。

次回は二週間ぶりの惑星侵略連合たちの登場ですね‼︎
なんだか今までの「にせウルトラマン」とは少し違う……?これもまた「王道の斜めを行く」テーマに合わせているのでしょうか?
いずれにせよ、期待大です‼︎
地球人とウルトラマン 2016/08/30 23:20 id:-
ガイさんのSSPのメンバーに対する扱いから見るからに、ウルトラマンと地球人の距離感はあれくらいがちょうどいいのかもと思いました。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ