大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

S.H.Figuarts ゼットン

S.H.Figuarts(エス・エイチ・フィギュアーツ) の新作を購入しました。
ウルトラマンやバルタン星人に続いて、こちらのキャラクターもアクションフィギュア化です!

フィギュアーツ ゼットン
宇宙恐竜 ゼットン
ウルトラマン最終回に登場した人気怪獣、ゼットンもフィギュアーツシリーズの仲間入りです。
かつてULTRA-ACTでは試作品がイベントで展示されていましたが発売には至らず、
それとは異なる新規アイテムとして遂に商品化されましたね~。

フィギュアーツ ゼットン0
モデルとなっているのはいわゆる「初代ゼットン」で、造形のクオリティの高さはバルタン星人に続いてかなりのもの。
全身の関節部分も出来るだけ目立たないように分割されていますし、
ゼットンの場合は手足の蛇腹部分を上手く活用しているな~と。

フィギュアーツ ゼットン1
背面です。
後頭部のチャック跡や背中の皺などが、当時のスーツの雰囲気を醸し出しています。
甲羅にある銀色の丸いパーツも、全て塗装されていました。

フィギュアーツ ゼットン2
顔周りのアップ。
ここのバランスも何気に凄いですね、角度によっては本物と瓜二つです。
顔面の黄色い発光器官はクリアパーツで再現され、頭の二本の角も少しだけ可動しました。

フィギュアーツ ゼットン3
胸の黄色い発光器官も、クリアパーツと塗装で綺麗に再現されていました。
流石に発光はしませんが。

フィギュアーツ ゼットン4
「ふ~、一休み一休み」。
このゼットン、ほぼ人型をしているので全身の可動域も中々のものでした。

フィギュアーツ ゼットン5
特に股関節が優秀で、ハイキックもお手の物。
大怪獣バトルで見せたビックリアクションも、ほとんど再現出来そうな気が。

フィギュアーツ ゼットン6
ウルトラゾーンで伝説と化した「不良怪獣ゼットン」のゼットン君。
流石にヤンキー座りは出来ませんでしたが、それに近いポージングを取らせてそれっぽく見せることは出来ます。
とりあえず後輩の二代目君の愚痴を、黙って聞いてあげているゼットン君。

フィギュアーツ ゼットン7
平田明彦さん被害者の会。

フィギュアーツ ゼットン8
付属エフェクトパーツその1、ウルトラマンのスペシウム光線を吸収している時のパーツです。
両手首を差し換えることで再現可能。

フィギュアーツ ゼットン9
付属エフェクトパーツその2、吸収した光線を波状光線として撃ち返している時のパーツです。
こちらも両手首を差し換えることで再現可能。

フィギュアーツ ゼットン10
以上がフィギュアーツのゼットンの軽いレビューです。
バルタン星人に続いて、動かしていて楽しい&見ていて楽しいという素晴らしいアクションフィギュアでした。
やはり怪獣のアクションフィギュアは良いものです・・・
イベントではゴモラ、メフィラス星人、メトロン星人、キングジョーなども試作品が展示されていたそうなので、
それらも是非商品化まで漕ぎ着けて欲しいですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:00
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2555-a6e657eb
コメント
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ