大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンオーブ 第24話感想


本日、第24話「逆襲の超大魔王獣」が放送されました!
冒頭からデマーガ、ゴメス(S)、テレスドンが出現し、突然死するというただならぬ雰囲気で始まった最終章。
(テレスドンの脈を測るウルトラマンオーブがシュールすぎましたが)
各地で巻き起こる魔王獣級の異常現象、怪獣や宇宙人すら次々と地球や日本を脱出していく・・・
あのグビラとラゴン親子が共に逃げてしまうぐらい、かつてないほどの危機が迫りつつあるという事なのでしょう。

その原因は、かつてマガオロチが産み落としていた子供が成長して成熟しきった、超大魔王獣マガタノオロチ!
凄いですね、デザインといい能力といい、超大魔王獣という肩書き通りの存在感。
その場に居るだけで大災害を引き起こす能力を持つ魔王獣ですが、このマガタノオロチは正に別格。
竜巻が巻き起こり、ビルが次々と沈下を始め、水から異臭が放たれ、気温が大幅に上昇し、空に邪悪な雷が走る・・・
それまでの魔王獣たちが引き起こしてきた災いを、たった一匹でやってしまったのですから。

デザインもタッコングやブラックエンドのような体型+巨大な顔+全身に触手が蠢くという、実に禍々しい姿。
あの大口は、星の全てを喰らい尽くす存在として、とても説得力があると思います。
体には小さなマガオロチの顔を幾つも携えており、それらが伸縮して噛み付く能力を持つ辺りも「大蛇」らしいですね。
生まれ故郷は爆発的な勢いで新しい恒星を次々と生み出す「モンスター銀河」だそうですが、
あの辺りでは星が無限に存在するので、こういう生き物が当たり前のように存在しているのでしょうか・・・(恐怖)

何よりラスボス怪獣に相応しいその強さ、これこそがマガタノオロチ最大の魅力でしょうか。
技も歴代魔王獣から受け継いでおり、マガタノゾーアのものと思われる触手攻撃、マガゼットンの青白い光弾、
マガバッサーの竜巻、マガグランドキングの光線、マガジャッパの毒ガス、マガパンドンの火球、マガオロチの雷撃・・・
近付くことすら容易ではないほどの大火力、かつてのイズマエルを彷彿とさせる連続攻撃に痺れました。
それにしても、オーブオリジンの胸をあっさり貫いたマガグランドキングの光線は本当に強かったんだな~と。

ビートル隊についても色々と掘り下げられ、佐野史郎さん演じる長官の菅沼龍太郎が初登場。
超兵器「スパイナーR1」というウルトラセブンのヤバい兵器を合体させたようなものも登場しましたし、
渋川がビートル隊の中では結構高い地位に居ることも何となく示唆されましたね。
来週は総出でマガタノオロチに立ち向かうそうですが、果たして。

他にも実相寺昭雄監督の奥さんである、原知佐子さんのゲスト出演も目を惹きましたが、
その夫である教授の写真は何と田口監督のおじいちゃんなんだそうですw
他にもエキストラ役として監督たちがカメオ出演していたりと、どこかで見たような顔が色々と居たので、
市民の避難シーンは細部まで目を凝らして確認してみて下さい。

謎が深まるナオミの意味深な夢、そして相変わらず人間を手玉に取るのが上手いジャグラスジャグラー。
その衝撃的なラストは、平成ウルトラシリーズにおいても珍しいぐらいショッキングな映像でした。
今回はほぼ全編が緊迫した雰囲気に包まれていましたが、やはり最後にやってくれたのはあの男、ジャグラーでした。
遂に一線を越えてしまったのか、それともその行動には何か裏があるのか。
クレナイ・ガイから全てを奪い去ろうとする男とも、次回である程度の決着がつくようです。

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
ジャグラーの台詞の中にあった、ウルトラセブンの「勇気ある戦い」でしたね。
車を次々と食べてしまったロボット怪獣、クレージーゴンが登場するお話でした。
(何かを食べる敵繋がりのチョイス?)

さあ、ウルトラマンオーブのTVシリーズも次回でいよいよ最終回。
本当にあと1話で終わることが出来るのか、そんな不安を感じつつも待ち遠しくて仕方がない第25話。
泣いても笑っても、あと一回!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|21:24
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2581-7dcc2ff1
コメント
ブルースカイ 2016/12/17 23:00 id:-
冒頭の三怪獣の死亡シーンは驚きました。おそらくこういうのは初めてだと思います。
脈を測ったり、死後で開いた目を閉じさせたり、刑事みたいでしたね(笑)ちょっとレッドマンみたいだなーと思いましたが。

マガタノオロチ復活シーンは緊迫感とリアル感がありましたね。避難する人々やミサイル発射を伝えるマスコミは、シン・ゴジラを思わせる描写でした。

そして復活のマガタノオロチ‼︎タッコングやブラックエンドのような球体をした、異形のラスボスですね。
魔王獣の全ての能力を兼ね備えた、まさに超大魔王獣の名にふさわしい怪獣‼︎
光線でカラータイマーを撃ち抜いて倒すのは、ティガでのガタノゾーア戦を思い出しました。
光線を吸収するマガタノオロチを倒すには、グランスフィアのように防衛チームの攻撃に注意を向けさせて口とは逆の方向から光線を打てばいいんですかね?

次回はいよいよ最終回。ナオミのセリフのみで、これまた期待ができる次回予告です。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ