大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンオーブ 第25話(最終回)感想


本日、第25話(最終話)「さすらいの太陽」が放送されました!
ウルトラマンオーブは「自分自身を取り戻していく物語」。
確かにクレナイ・ガイは、物語の中盤でオーブオリジンの姿に戻れるようになり、名実共にウルトラマンとなった訳ですが。
ガイだけではなくもう一人の男、ジャグラスジャグラーも最後の最後で自分自身を取り戻すとは。
いや、正確には完全に取り戻したわけでは無さそうですが、少なくとも心の奥底に眠っていたものは目覚めたようですね。

魔王獣を次々と蘇らせ、惑星侵略連合を壊滅状態に追い込み、自分に関わった者を次々と手玉に取り続けたジャグラー。
邪悪で、自分勝手で、周囲の被害など顧みず、ネチネチとした性格でクレナイ・ガイを狙い続けていましたが、
かつては光の勢力の一員であり、ガイの相棒として星々を駆け巡っていた戦士だった。
何があって闇へと堕ちたのかはAmazonプライムの方で語られるでしょうけど、
ジャグラーも心の闇の面が表に出てしまっただけで、他の人間と同じように心の内に光と闇を秘めていた男だったんですよね。

あれだけガイへの怒りを募らせておきながら、かつてナターシャの命を救ったのはジャグラーだったという衝撃の真実。
何時でも始末できそうなナオミを散々生かしておいたのも、ガイの大切な人をどうしても葬れないという自覚があったのでしょう。
(ジャグラーにやられた病院やビートル隊の人たちも、ナオミのように「峰打ち」で倒していたのかも?)
ガイが憎くてたまらないはずなのに、肝心な所では負け続けて、更に大切な人の命を奪うことも出来ない。
その上ダークリングまでもを失い・・・後半の段々と心が壊れてきた描写も、今なら違う目線で追う事ができそうですね。

自分自身で「何がしたかったのか」と自問自答する場面も見られましたし、あれだけガイを痛めつけて煽っておきながら、
心の奥底ではどこかガイに救いを求めていたのかもしれないですね。
ガイとナオミの説教や感謝の言葉で改心したのか、それとも自分が蒔いた種にケリを付けるためなのか。
とにかくウルトラマンオーブと並び立ち、遂に共闘を果たしたジャグラスジャグラー。
ライバルキャラクターがヒーローになった瞬間、私はこういうのにとても弱いんですよ。

思えばウルトラマンオーブは、クレナイ・ガイ(光&太陽)とジャグラスジャグラー(闇&月)の物語でもありました。
OPには「二つのパワーで 闘え!ウルトラマンオーブ」という歌詞がありますけど、これこそがオーブのメインテーマですよね。
二つの力をお借りするフュージョンアップ、光と闇の力を持つサンダーブレスター、そしてオーブオリジンとジャグラーの共闘。
一つの力だけでは駄目だった、ここぞという時は二つの力を合わせないと勝てなかったんです。
(オーブオリジンが覚醒できたのも、ナオミというもう一つの存在が必要だったわけですし)

そして平成ウルトラマンで多く語られている光と闇の戦い。
これまでは光がウルトラマン側で「善」、闇が敵側で「悪」という表現をされることが多かったですが、
オーブはそのどちらも否定せずに、「光と闇は表裏一体で誰の心にも存在している」と示し続けてきました。
闇(ジャグラー)をただ罰して否定するのではなく、それを大きな光で包み込んで受け入れてしまう。
ここが平成ウルトラシリーズ20年目にして、新たな第一歩を踏み出した部分ではないかと。

ジャグラージャグラーと何回書いているんだという話ですが、彼がオーブ影の主役だったことは間違いないでしょう。
最終回でヒロイックなアレンジのジャグラーのテーマを流してもらった辺りも特別感が凄かったですし、
ヒーローとは程遠い情けない姿を晒しておきながら、決める時はバッチリと決めてしまう。
色々とありましたが、オーブニカの音色を聞いても頭痛がしない彼の姿を見た時は泣けてしまいました。
数々の罪が帳消しになる訳では無いですが、ジャグラーが救われたのは本当に良かったなと。

ビートル隊も今回ばかりは総力戦で、多くの犠牲を出しながらも遂に見事なアシストを決めてくれましたね。
太平風土記の存在、SSPのジェッタとシン、ビートル隊、オーブ、ジャグラー、そして歴代ウルトラマンの力。
あのマガタノオロチを倒せたのも、全員が一丸となって同じ目標に向かうことができたからでしょう。
それと、最後の最後まで頼もしい面と彼ならではの笑いを見せてくれた渋川の存在も大きかったですがw
菅沼も緊張感を保ちつつも、事が終わると安堵の表情を浮かべたシーンが印象的で、彼の性格がよく出ていましたね~。

上記で散々触れたジャグラーとの共闘も含め燃えに燃えた最終決戦でしたが、その前のマガタノオロチVSビートル隊や、
マンとティガがガイの横を飛行する変身シーンの時点で既に素晴らしかった!
〆もオリジウム光線だけかと思いきや、8人のウルトラマンの力が並び立って同時光線発射とは。
考え得る限りでの最高のラストバトル、そしてシチュエーションでした。
(何といってもあのゼロとベリアルが並び立って敵に光線を発射する、それだけで私にとっては感動ものだったのです・・・)

何だか語りたいことが多すぎて全然纏まっていませんねw
それだけ盛り沢山の最終回だったということなのでしょうが。
とにかくこれにてウルトラマンオーブのTVシリーズは一区切り、文字通りの大団円で幕を下ろしましたね。
夕陽の風来坊が、再び夕陽と共に去っていく。
ありがとうクレナイ・ガイ、さようならクレナイ・ガイ!

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
ジェッタの台詞の中にあった、ウルトラQの「あけてくれ!」でしたね。
最終回繋がりでの起用なのでしょうか、異次元列車が登場するお話からのチョイスでした。
思えばウルトラQから始まり、ウルトラQで締めることになった歴代サブタイトルネタ。
次回は劇場版オーブでサブタイトルネタがあるそうなので、映画館でも注意しながら台詞を聞きたいと思います。

まだまだ来年の夏ぐらいまではオーブの展開が続くとはいえ、これで最終回なのは正直かなり寂しいですね。
ですが終わりがあれば始まりもあるということで、次回からは「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」が放送!
初回はゼロ達の活躍を振り返る、特別総集編になるようです。
久しぶりにウルトラマン列伝のあの雰囲気が帰ってきそうで、こちらも楽しみですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:35
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2584-6673ce17
コメント
ルンバ 2016/12/24 21:59 id:-
卑怯なくらいにアツ過ぎる最終回でした。特にJJがもう・・・(T□T)。私の中でJJの株が爆上がりしました。彼は単なる悪役では収まりきらない「ダークヒーロー」というウルトラシリーズにおいて新たなポジションを確立しましたね。前作に負けない神作品となった「ウルトラマンオーブ」ですが、その要因の一つが「闇を否定しない事」にあったと思います。大きな光=愛で包んであげれば闇の中にある光もまた輝く。ナターシャを助けた事でガイに感謝されたJJが最後にガイを認めて自分もろともマガタノオロチを倒す為に「撃て!ウルトラマンオーブ!」と叫ぶのはもう涙腺崩壊しました。ホントにいい作品だった。半年間楽しかったです。終わったのは寂しいですが、劇場版やファイトオーブも控えてますし(オリジンサーガはプライム入れないので見れませんTT)、まだオーブの旅は終わりませんね!ゼロクロニクルも始まりますし、新たなウルトラシリーズの始まりを期待します。最後に一つ、エンジェル渋川さんは腹筋崩壊して草生えまくりましたww。
闇従者 2016/12/24 22:11 id:x8WRXstU
色々と語りたい事は数ありますが、一言…素晴らしい作品をありがとうございました。
過去の作品の要素を上手く活かし、新しいものを作り出してくださった、スタッフの皆様にはただただ感謝です。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ