大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA 第2話感想


Amazonプライムにて、エピソード2「えにし ~所縁~」が配信されました!
オーブによってベゼルブが倒されたことにより、嘆き悲しむクイーンベゼルブ。
そして彼女たちと同調してそれを感じ取り、「悲劇はもう沢山だ!」と叫ぶサイキ。
その一方で脅され自分の命が危なくなると、すぐに謝り譲歩して見せますが、実はそこにも裏があり・・・
と、サイキはかなりの曲者として描かれていますね。

心の奥底では争いや悲劇の無い宇宙平和を望んでいるようですが、そのやり方が強引かつ非道なので共感はされません。
かつてのダークルギエルもそうでしたが、自分が欲する結果を求めているだけであって、
問題を根本から解決している訳ではありませんからね。
サイキの場合はクイーンベゼルブ&ベゼルブの猛毒によって相手を洗脳&支配するという方法ですし、
全てを自分と一つにしようとした、グランスフィアの押し付けにも近いかもしれません。

自分に秘められた力を使いたくないアマテ、アマテに無理をさせまいとするシンラ、
家内の為にも一刻も早くサイキを討ち取りたいライゴウ、王立惑星カノンの方も様々な思惑の中で揺れ動いていますね。
そして回想シーンではまさかの戦神のスーツが登場、しかも相手はあのガーゴルゴン!
アマテの母が変身していましたが、相手が星を滅ぼし砂と石に変えてしまうガーゴルゴンというのは納得のチョイスです。
王立惑星カノンを救う為に散ったかつての戦神、アマテとシンラの考えもここから始まっていたのですね~。

ガイとジャグラーの凸凹コンビも、本編の関係と照らし合わせてみると面白いですねw
選ばれしものなのにまだまだ頼りないガイ、選ばれなかった故にガイをサポートするも中々助言を聞いてくれないジャグラー。
自由すぎるガイに対するジャグラーの苦労人っぷりが泣けてきますが、
どちらも観点こそ違えど、現実をしっかり見据えた考えの上で行動しているんですね。
一方が人を救い続けた救助隊、一方が敵を倒し続けた戦士というだけの違いであって。

オーブも二戦目にして、相手が光線技の効かない宇宙大怪獣クグツベムスターというのも中々にハードモード。
(気合で他のウルトラマンと同じ大きさにまで巨大化したのには笑えました)
光線を連射しても相手には一切通じず、ただただ体力を消耗していくだけ。
危険だと分かっていても宇宙にまで飛び出し、襲われている宇宙船を救おうとするガイ達の姿は勇敢でしたが、
宇宙空間はベムスターにとっては更に有利なフィールドですし、果たしてどう戦うつもりなのでしょうか?

シンラの裏切りにも似た行為の真意とは、更に地球の海底神殿で発見された種子が宇宙由来のものであると示唆され、
カノンを飛び立った宇宙船がガイとジャグラーと出会うなど、それぞれの物語が密接に交わってきた第2話。
連続ものだからこそ出来る構成でガンガン攻めてくるTHE ORIGIN SAGA、
次回からはいよいよ歴代のウルトラヒーロー達も参戦とのことなので、彼らとどういう形で出会うのか楽しみですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|11:52
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2589-a54f5f29
コメント
ルンバ 2017/01/07 20:37 id:-
親衛隊長が裏切り行為に及ぶなど、濃厚な人間ドラマが展開されていますね。見ててこんなにドキドキワクワクするウルトラは久しぶりかもしれません。次回からダイナがオーブを助けに現れるようですし、この先も楽しみです。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ