大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

劇場版ウルトラマンオーブ公開記念、ガッツ星人、スーパーヒッポリト星人、テンペラー星人のソフビをご紹介!

昨日から「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」が公開されましたね~。
私も初日に見に行きましたが、恐らくここ数年のウルトラマン映画で一番盛況だったのではないでしょうか?
満席だったのにも加えて、内容の「楽しさ」が劇場を大いに盛り上げていたと思います。
とにかく笑えるシーンが多かったですし、ヒーロー映画としての魅力も素晴らしかったですね。
詳しい感想はネタバレになるので今は置いておきますけど、ジャグラスジャグラーファンにとっては特に必見の内容でしたw

さて、そんな劇場版オーブにはムルナウ配下の3人の宇宙人が登場します。
それらは全て過去に800サイズのウルトラ怪獣シリーズで商品化されているので、
映画公開記念に改めて取り上げてみたいと思います。


ウルトラ怪獣シリーズ ガッツ星人
分身宇宙人 ガッツ星人
映画では「ドッペル」という個体が活躍するガッツ星人。
こちらは映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」公開時に発売されたソフビ人形で、
いわゆる平成版ガッツ星人を元に造形されたものになります。

ウルトラ怪獣シリーズ ガッツ星人0
このスーツは「ガッツ星人ボルスト」から初代ガッツ星人に近いカラーリングになりましたが、
ソフビ人形ではそれ以前のカラーリングが再現されています。
生物的な面が前面に押し出されたアレンジが成されており、各部の鳥らしいディテールが強調されていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ ガッツ星人1
横から。
この時期のソフビ人形はやり過ぎなぐらい塗装が凝っていまして、
複雑なデザインのガッツ星人でさえ塗り分けはほぼ完璧ではないかと。

ウルトラ怪獣シリーズ ガッツ星人2
背面です。
頭の青と黄色の模様も塗り分けられている辺り、今見ると狂気じみたものを感じます。
可動箇所は両腕のみでした。


ウルトラ怪獣シリーズ スーパーヒッポリト星人
地獄星人 スーパーヒッポリト星人
映画では「カリスト」という個体が活躍するヒッポリト星人。
こちらは映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」公開時に発売されたソフビ人形で、
カラーリングは大怪獣バトル時代に再販された明るめのタイプになります。

ウルトラ怪獣シリーズ スーパーヒッポリト星人0
こちらも生物感溢れるディテールが強調されたアレンジで、元のヒッポリト星人とはかなり印象が異なっていますね。
頭足類や昆虫的なイメージが、より不気味な印象を持たせていると思います。
ソフビ人形の方も、塗装と造型でスーツのイメージを再現しようとかなり頑張っていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ スーパーヒッポリト星人1
横から。
ヒッポリト星人の特徴である、細長い口吻も別パーツで再現されています。
こちらも塗り分けはほぼ完璧。

ウルトラ怪獣シリーズ スーパーヒッポリト星人2
背面です。
手足や尻尾などにも、赤い汚し塗装がされているのが本当に細かいです。
可動箇所は両腕と腰でした。


ウルトラ怪獣シリーズ テンペラー星人
極悪宇宙人 テンペラー星人
映画では「バチスタ」という個体が活躍するテンペラー星人。
こちらは映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」公開時に発売されたソフビ人形で、
いわゆる平成版テンペラー星人を元に造形されたものになります。

ウルトラ怪獣シリーズ テンペラー星人0
バット星人と並んで、本当に昭和の個体と同一種族なのかとよく話題になったスマートなテンペラー星人。
全身の墨入れ塗装により、ディテールがハッキリとしていてかなりカッコいいですね。
頭部の赤い部分も塗装されていますし、全体的な出来の良さが今でも大のお気に入りです。

ウルトラ怪獣シリーズ テンペラー星人1
横から。
各部のプロテクターなどは、金色ではなく銅色で塗装されています。
(これはこれで渋さが増してかっこいいんですよね)

ウルトラ怪獣シリーズ テンペラー星人2
背面です。
マントは軟質素材で別パーツになっており、より完成度を高めています。
可動箇所は両腕のみでした。


ウルトラ怪獣シリーズ テンペラー星人3
以上が3体の宇宙人ソフビの軽いレビューです。
これらのデザインで、いずれ500サイズソフビでも商品化してほしいキャラクター達ですね。
ちなみに劇場版オーブではガッツ星人の出番が一番多かったほか、
ヒッポリト星人とテンペラー星人はコンビを組んで戦うシーンが多かったです。
芸人さんが声を当てている影響か、コミカルな台詞も目立ちましたねw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:21
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2617-a01a5a8b
コメント
極悪地球人 2017/03/23 21:39 id:-
本日やっと鑑賞できました!!
前編通して見どころ満載でしたね。もう初見でBD購入決定ですよ(笑)

サデス・ヒッポリト・テンペラー・ガッツとコミカルかつすこしふざけつつありながら強豪宇宙人として描かれてたのが印象的でした。ぶっちゃけサデス以外は賑やかし程度にしか出ないと思っていたら・・・・・意外・・・。
(ヒッポリト好きの私にとっては嬉しい限り・・・)


「何やってるんですか私」「ごめんなさい私」
これが一番好きかも。てか笑った。
極悪地球人 2017/03/23 21:42 id:-
因みになんばパークスシネマでは入場者特典は終了していたのでお気を付けを・・・。

特典無かったのはショックでしたが、それだけ盛況何だなと思えば嬉しいかな???
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ