大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンジードの新作ソフビを購入!(アクロスマッシャー、アーストロン、サンダーキラー)

本日より、ウルトラマンジードと連動して3種類の新作ソフビが発売開始となりました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクター達です。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード(アクロスマッシャー)
ウルトラヒーローシリーズ 44
ウルトラマンジード(アクロスマッシャー)

朝倉リクが「ウルトラマンコスモス」と「ウルトラマンヒカリ」のウルトラカプセルをフュージョンライズさせた姿であり、
アクロバティックな動きで敵を翻弄し、更に多彩な光線技を使用できるタイプとされています。
見せるぜ!衝撃!

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード(アクロスマッシャー)0
ジード第三の姿、アクロスマッシャーも定番シリーズとしてラインナップ入りです。
コスモスとヒカリのフュージョンライズということで、青い姿の戦士であることが最大の特徴でしょうか。
全体的にハンターナイト・ツルギを彷彿とさせる部分が目立ちます。
(尖った耳もそうですし、頭部の青い部分がツルギとは違いメタリックブルーに輝いているのもポイント)
全身がゴテゴテのソリッドバーニングに対して、こちらは従来のウルトラマンらしいスマートなフォルムをしていますね~。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード(アクロスマッシャー)1
背面です。
こちらは塗装箇所無し。
上半身と下半身は瑠璃色に近い青、両腕は水色に近い青が成型色となっています。


ウルトラ怪獣シリーズ アーストロン
ウルトラ怪獣シリーズ 80
凶暴怪獣 アーストロン

帰ってきたウルトラマンの第1話「怪獣総進撃」にて初登場した、文字通り凶暴な性格をした怪獣です。
頭部の一本角で敵を切り裂き、手足や尻尾を使って山を切り崩すほか、
口からは周囲を燃え上がらせてしまう「マグマ光線」を発射します。

ウルトラ怪獣シリーズ アーストロン0
ウルトラマンジードへの出演に合わせて、アーストロンが500サイズソフビとして定番入りを果たしました!
旧800ソフビでも末期に定番入りしてファンを驚かせましたが、こうして新シリーズでも商品化されたのは嬉しいですね。
造形は旧800ソフビと同様に平成版のスーツを元にしており、特にウルトラマンサーガ版に近い印象を受けます。
頭部が少々大きいので寸詰まりに見える部分もありますが、これはこれで可愛く見えるんですよこのアーストロンは。

ウルトラ怪獣シリーズ アーストロン1
背面です。
「THE怪獣」といった王道すぎるスタイル、これぞアーストロンの魅力です。
可動箇所は両腕と尻尾でした。


ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー
ウルトラ怪獣DX
ベリアル融合獣サンダーキラー

伏井出ケイが「エレキング」と「エースキラー」のウルトラカプセルをフュージョンライズさせた、ベリアル融合獣の一体です。
エレキングらしい電撃攻撃を得意とするほか、エースキラーの鋭い爪なども武器にして戦うそうです。
主な必殺技は「サンダーデスチャージ」。

ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー0
スカルゴモラに続く第二のベリアル融合獣、サンダーキラーが早くもDXソフビとして商品化です。
ウルトラマンベリアルをベースに、エレキングとエースキラーという宇宙怪獣と異次元超人をフュージョンライズ。
見た目はエレキングにエースキラーの装甲を装着させたようなイメージで、かなりクールな印象受けます。

ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー1
横から。
大きさは高さ18cm、奥行23cmほどとスカルゴモラよりは少し小さめですね。
鎧があるにも関わらず、そこまでゴテゴテしたイメージはありません。

ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー2
背面です。
さすがにエレキングの模様はほとんどが塗られていませんが、エースキラーの装甲は塗装されていました。
(サンダーキラーのベリアルらしいところは、黒に赤縁の模様にあるのですが)

ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー3
顔周りのアップ。
胸にはベリアル融合獣の特徴である、カラータイマーも見受けられます。
このサンダーキラー、頭部デザインはエレキングとエースキラーの特徴が上手く噛み合っていると思います。
エレキングの口をゴーグル状の目に見立てることで、かなりカッコよくなっているのではないかと。

ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー4
更に角の根元がエースキラーの瞳らしいメタリックグリーンになっているので、
そこを目に見立てると一気にエレキングらしい顔付きに見えてくるんですよね。
この絶妙なバランス、本当に素晴らしいデザインです・・・

ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー5
可動箇所は首、両腕、両足となっています。
尻尾は接着されているので動きません。
バランスを考えてやれば、ハイキックらしいポージングも可能です。

ウルトラ怪獣DX ベリアル融合獣サンダーキラー6
最後は関係者一同を揃い踏みさせて〆。
以上がアクロスマッシャー、アーストロン、サンダーキラーの軽いレビューです。
他にもアクロスマッシャーのカプセルセットやジードクローも同時発売されたので、一気に8000円近く飛んでしまいましたw
さあ、次は9日から限定発売されるソリッドバーニングのクリアソフビですね。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|08:42
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2682-9439f5c4
コメント
ぱみだれ 2017/08/05 20:25 id:Kp0QC1qM
アーストロンのソフビを加えてウルトラマンAのOP完成!

ツインテール→アーストロン→バルタン星人→ゴモラ→レッドキング→シーゴラス→ピグモン→ベムスター
の順で
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ