大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンジード 第11話感想


ウルトラマンジード、昨日に第11話「ジードアイデンティティー」が放送されました。
AIBによる、伏井出ケイことストルム星人包囲網!
ケイを担当している雑誌編集者、大隈丈治を利用して彼に近付いたAIBでしたが・・・最悪の結果に終わりましたね。
画面で直接描写されていないとはいえ、編集者を殺害してしまったケイ。
これで彼の小説家人生は終わりを告げたでしょうね。

AIBもモアやシャドー星人ゼナのほかに、ペダン星人、サーペント星人、グローザ星系人、ゼラン星人、ネリル星人、
そしてバグバズン・ブルードそっくりな顔をした謎の星人と、様々な宇宙人が登場しましたね。
特にチブロイドに改造されたはずのペダン星人が復活したのにも驚きましたし(再改造?)、ネリル星人も本格的な初復活。
更に人間サイズのグローザムの頭部を流用した、新たなるグローザ星系人にも驚かされました。
(あの青いフードを取ると、あのような後頭部になっていたのですねw)

掃除機を買いに行ったはずのリクがまさかのPS4を購入し、ライハに叱られる件は笑えましたが、
そのままPS4の巨影都市のCMに突入したのにはもっと笑ってしまいました・・・あれ狙っていたんでしょうかね?
(そんなリクの行動を予測していたレムも面白いです)
AIBに協力を要請されてどうしても変身したいゼロと、どうしても重要な会議に出席したいレイトの戦いもコミカルでしたが・・・
面白おかしいのはそこだけ、遂にリクの秘密がケイの口から明らかにされてしまいましたね。

ウルトラマンベリアルに心酔し、伏井出ケイとなって暗躍を続けていたストルム星人。
彼は光の国からウルトラカプセルとライザーを奪うことに成功しましたが、
カプセルを起動するには特別なエネルギーが必要だった。
宇宙に拡散し、惑星や生命に循環するそのエネルギーを集めるためにカレラン分子という物質を作り、
その分子を散布して生命体の体内で高密度エネルギーの養殖を行うことに成功した。

しかしリトルスターと呼ばれるそのエネルギーは、ウルトラマンに対してのみ譲渡が行われる性質を持っていたので、
ストルム星人はベリアルに提案し、カプセルの起動を促す存在を作ることにした。
ベリアルの遺伝子を借りたストルム星人は、その遺伝子を元に実験室で「ウルトラマンになり得る存在」を作ることに成功。
それがウルトラマンジード=朝倉リクであり、あの展望台に捨てることで本人が知らない内に一人の青年として成長。
仕上げとして、ウルトラマンとして戦う決意を固めさせるためにストルム星人はベリアル融合獣となって戦いを仕掛けた・・・

全てはウルトラカプセルのエネルギーを狙った、ウルトラマンベリアルとストルム星人による計画だった。
リクがヒーローに憧れてウルトラマンとして戦い勝ち続けていたのも、彼らによる演出であり「ヒーローごっこ」に過ぎなかった。
これがどれほど残酷な事実だったか、リクの心中を想うと胸が張り裂けそうな思いです。
リクがこれまで信じてきた「自分」というものが実は存在せず、全ては彼らの掌で踊らされていただけだったのですから。
ジードアイデンティティー完全崩壊、今のレムはリクの味方であるということだけが唯一の救いでしょうか。

自分はあくまでベリアルの遺伝子から生まれただけの人工生命体であり、母親というものすら存在しない。
更にウルトラカプセルを2つ使用しないとウルトラマンの姿にすらなれない、いわゆるウルトラマンの模造品だった。
エグい、あまりにもエグいですウルトラマンジード。
過去にも人造ウルトラマンであるテラノイドやダークザギなどが登場していますが、どれも散々たる結果に終わっている訳で。
まさか主人公にこのような設定を持ってくるとは思いもしませんでした・・・

今回はストルム星人の協力者としてバド星人のスナイパーが登場しましたが、
やはりバド星人だけあって身体能力はそこまで高くありませんでしたね(ペガの掃除機アタックも相当痛そうですがw)。
狙われていたライハもバド星人相手に大立ち回り、巨大戦と等身大戦が入り混じる映像はお見事の一言でした。
やはりこういう戦いにおいて、ウルトラセブンの宇宙人というのは使い勝手が良いのでしょうね。
宇宙帝王バド星人、最後まで(自称)宇宙帝王らしいやられ様でしたが、次があるなら是非巨大化もして欲しいですね~。

第三のベリアル融合獣ペダニウムゼットン、今回のストルム星人は明確な殺意を持っているだけに一味違いましたね。
更に自分の方が優れているという自信、これまで主に似た姿のジードと戦い続けていたことへの侮辱心、
様々な想いが溢れていたからか、いつもの冷静さを欠いている様にも見受けられましたが。
怪力と火球の連打、ジードとペダニウムゼットンが戦う度に崩壊していく街並みの描写。
やはり田口監督の特撮演出は一味違います、両者の足元で破壊されていく道路と車両のシーンはグッときました。

相打ちに終わった辺りにジードの成長ぶりも見られましたが、ゼロ以外のカプセルを全て奪われてしまったリク。
その一方で事を焦ったせいで、ベリアルの計画を崩壊寸前に追い込んでしまったストルム星人。
どちらも後が無い状況であり、更にストルム星人はその性質を利用されウルトラカプセルを体内へと挿入。
力を制御できずにペダニウムゼットンとなって大暴走し破壊し尽くされる街並みを背景に、
リクの悲壮感溢れるモノローグで次回へと続く・・・

昨年のマガオロチ前後編と似たような構成でありながらも、よりシリアスで絶望的な前編となった第11話。
力を奪われた上に「自分」を失ってしまったリク、力の暴走により「自分」を失ってしまったストルム星人ことケイ。
次回は二人にどのような運命が待ち受けているのか、ここまで引き込まれる前編も早々ありませんでした。
ベリアルの居場所を突き止めるために宇宙へと立ったゼロも大ピンチに陥るようですし、
早く次が見たい!心の底からそう思わせてくれる素晴らしい前編だったと思います。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|13:45
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2703-d139444d
コメント
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ