大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンジード 第15話感想


ウルトラマンジード、本日に第15話「戦いの子」が放送されました。
かつてシャドー星人ゼナの手により、戦士(侵略者)として鍛えられた子供たち・・・あのシャドー星人クルトもその一人でした。
「ガブラ・カーノ」、日本語で「戦いの子」を意味するこの言葉がゼナとクルトを繋ぐキーワードでしたね。
よく物語に登場する師匠と弟子の関係は、歪んだ道に進んだ師匠を弟子が正すパターンが多い中で、
今回はその逆、異なる思想を持つようになったゼナがクルトを諭す場面が見られました。

時空破壊神ゼガンの召喚装置は、元々シャドー星人ゼナがAIBに持ち込んだシャドー星の最終兵器であり、
ベリアルの脅威に対抗するために残しておいたという説明には納得できました。
かつては故郷のシャドー星の栄光を取り戻すという野望を抱いていたゼナも、
今はモアたちとの出会いにより立派なAIBの一員になっていますが、
クルトは彼らと出会うタイミングが遅すぎた、これは本当に悲しいことだと思います。

これまで戦うことのみを教えられてきただけに、今更それ以外の生き方を見出せないクルト。
モアと共にゼナの厳しさなどを愚痴る姿は若者らしく生き生きしていたり、
ゼナとモアに説得されている時はきっと心が大きく揺れ動いていたのでしょうが・・・
彼は最後の最後まで自分の信念を曲げませんでした。
決められた運命に抗うことがジードのメインテーマですが、そうではないパターンをここに持ってきたのが衝撃的でしたね。

「カム・タタール・シャドー」、日本語で「シャドー、永久の安らぎを」を意味するこの言葉。
クルトは死を前にしてこの言葉を呟き続けていましたが、果たしてどういう心境のまま散って行ったのか・・・
そしてそれを涙目で見守るゼナ、演じられている岩田栄慶さんの演技力も素晴らしかったと思います。
表情を変えずにクルトと心を交わすシーン、そして彼に伝える熱い気持ちを体の揺れ動く姿だけで表現するその手法。
正に長年スーツアクターとしてウルトラヒーローなどを演じられ続けていた、岩田さんならではの表現力だと思います。

モアもAIBに入った経緯が明らかになりましたが、リクのヒーローへの憧れがその一因になっていたとは!
他種族であるゼラン星人を臆せず助けたり、差別をせず周りを明るくしてくれるその前向きな性格。
ゼナも影響されたそうですが、彼女が地球人でありながらAIBに受け入れられている理由がよく分かりましたね。
最後まで変わらなかったクルトに対し、変わったことにより幸を掴んだゼナとモア。
今回はその対比も物語の重要な要素だったと思います。

地球人も宇宙人も関係無く、みんなが幸せになれる日を目指し続ける。
そんな壮大な夢を実現するには一体何から始めてどうしていけばいいのか、それは誰にも分かりません。
ですがモアの言っていた通り、「ジーッとしててもドーにもならない」。
ほんの小さなことからでも少しずつ始めていけば、きっといつか大きな変化が訪れるきっかけになるかもしれない。
真の平和とは、案外「身近な人を大切にすること」がきっかけになるのかもしれません。

さて、次回はライハに再びリトルスターが発症!?
そしてAIBにはゴドラ星人が侵入!?
更に暗雲立ち込める街並みに・・・「大変!パパが来た!」
もとい、遂にウルトラマンベリアルが降臨!
リクの運命を大きく左右するであろう前後編が、いよいよ始まろうとしています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:56
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2717-9e4bee91
コメント
クルト ぱみだれ 2017/10/14 22:32 id:Kp0QC1qM
漢堂ジャン/ゲキレッドが時空拳のゼガンに
2017/10/15 14:28 id:-
次回はベリアル陛下の復活と最強のベリアル融合獣のキメラベロス降臨にそして来週はジードの最強フォームの登場と盛り上がりが凄い前後編!。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ