FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンジード 第20話感想



ウルトラマンジード、昨日に第20話「午前10時の怪鳥」が放送されました。
ギエロン星獣が、約50年ぶりに復活!
これまでは怪獣戦艦ギエロニアなど、オマージュキャラが映像作品に登場したことはありましたが、
こうしてギエロン星獣そのものが復活するのは史上初となります。
私自身も子供の頃にソフビ人形で遊んでいた思い出深い怪獣だけに、とても嬉しかったですね。

京都で開催されたウルトラセブン展でギエロン星獣の新規スーツが展示されていた時は驚きましたけど、
やはりウルトラマンジードへ出演することになろうとは。
スーツは初代と比べると緑がやや強いカラーリングですが、頭部や腕の硬質感も再現されており、
会場でまじまじと眺めていましたが、ジード本編でもカッコよかったですねぇ。
(セブン展では撮影禁止だったのが残念!)

さて、ギエロン星獣と言えば人間の実験により故郷を破壊され、その復讐のために地球へと舞い降りた悲劇の怪獣でしたが、
今回は伏井出ケイが怪獣カプセルから召喚し、ジードの力を解析する為に送り込まれた尖兵という扱いでしたね。
バラバラにされても肉片が集結し、蘇ることができる再生能力を持つ怪獣なので能力解析にはうってつけだったのでしょう。
劇中では午前10時になると復活して、ジードやゼロと5度に渡る戦いを繰り広げていました。
倒しても倒しても必ず翌日の同じ時間に戻ってくる、さすがのリクもこれには心身共に疲れ果てていましたね・・・

ウルトラセブンのギエロン星獣が登場するお話「超兵器R1号」では、段々とエスカレートする地球人の兵器開発を見て、
モロボシ・ダンが発した「それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ」という、その話を象徴する台詞がありました。
今回のケイのやり方だと、それこそコスモリキッドやサラマンドラのような他の復活怪獣でも良かったのかもしれませんが、
倒しても倒しても蘇る、正に「終わりが無いマラソン」のような状況が生み出されていたあのシチュエーション。
これはギエロン星獣を抜擢したのにも納得ができました。

頭部や翼の硬さで攻守共に優れている点を魅せ、ガス攻撃やコイルビームという特殊攻撃能力も健在。
悲劇的な部分では無く、その再生能力を使ってギエロン星獣らしさを活かしつつ、
一匹のシャープでカッコいい怪獣として描いてくれたのは本当に嬉しかったです。
再登場怪獣であっても初登場エピソードに引っ張られない、この方針は個人的に大賛成です。
(もちろん、ある程度イメージを崩さないという前提の元に・・・ですが)

今回面白くもゾッとしたのが、ルミナを含めた「奥様方の怪獣に対する対応」でしょうか。
怪獣が現れれば避難をする、ジード内でもこれまでに何度も描かれている通り、これが当たり前の行動なのですが。
しかし毎回決まった時間に怪獣が現れ、ウルトラマンがそれを必ず撃退してくれる。
これが常態化してしまった場合、何日かするとそれが当たり前になってしまう訳ですね。
そうなると一々避難するという意識も徐々に薄れてしまい、むしろ面倒とさえ感じるようになってしまうのでしょう。

現実の日本でも、震度4以下の地震が起きても避難をするという方はかなりの少数派だと思います。
北朝鮮のミサイルが発射されても、本土上空を通過するという通知が出れば、やはり避難なんて以ての外。
他の国では異常事態であっても、中規模までの地震やミサイル発射なんていうのは、
今の日本にとっては「当たり前」になってきているんですよね。
今回のお話は、危険が常態化している今の日本を風刺していたのかなぁと。

そんな奥様方もマユちゃんとAIBの活躍により、ギエロン星獣の弱点が判明したことで、
他の市民と同様に破片を集めて冷却をするという素晴らしいサポートを見せてくれました。
ジードの不甲斐なさに不満を言いつつも、最後はウルトラマンと人間が力を合わせて問題を解決する。
最初は支持率が低かったジードも、ようやく他のウルトラマン達と同じようなことが出来たんだなぁと。
これには嬉しくなってしまいました。

しかし情報屋のレキューム人により、エンペラ星人とダークルギエルのカプセルの存在を確認したケイ。
そこに石刈アリエも加わり、物語の縦筋の方も着実に進行しつつあるようです。
次回はグビラが登場し、更にベリアル融合獣ペダニウムゼットンも再登場!
一体ケイは何を狙うのか、そしてリクと喧嘩して家出してしまったペガの行方は!?
いよいよペガッサ星人ペガの過去も明かされるようで、楽しみですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|12:26
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2733-e9a0a840
コメント
再生怪獣 ぱみだれ 2017/11/20 01:13 id:-
コスモリキッドではなくライブキングでは?
ライブキングの方が耐久力高かったし、ジャンプして着地した時点でタロウの片腕をへし折ったのがトラウマでした。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ