大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンジード 第22話感想


ウルトラマンジード、本日に第22話「奪還」が放送されました。
伏井出ケイに興味を持ち、彼がウルトラマンジードと敵対するストルム星人であると知りながらも、
取材のために協力を申し出たノンフィクションライターの石刈アリエ。
地球人でありながらもダークサイドへと傾いたキャラクターはこれまでのシリーズでも見られましたが、
ウルトラマンジードという作品にもそういう人間が登場するとは思いもしませんでした。

今回を見る限りでは最初は興味本位だったにも関わらず、ケイの側に長く居た為に、
段々と彼という存在に惹かれていったようですね。
元から破滅願望が強かったのか、世間のことをあまり快く思っていなかったのかは不明ですが、
ケイが怪獣を召喚したりベリアル融合獣に変身する所を目撃している訳ですし、
彼のことが悪人であると知りながらも匿っていた辺り、最初からある程度の「闇」を抱えていたのでしょうか。

ウルトラマンベリアルに心酔しているケイ、そんなケイに心酔し始めていたアリエ。
汚い作戦にも平気で協力し、ケイの予想以上の働きぶりを見せてくれた彼女でしたが・・・
やはりケイにとってはエンペラ星人とダークルギエルのカプセルを奪い取る為の駒に過ぎず、役目を終えたらその手で処刑。
雑誌編集者もそうでしたが、自分の身の周りに居た人間をこうもアッサリと殺してしまうとは。
ジード、ゼロ、ライハ、そしてAIBが絶対に倒さなければならない相手、極悪非道のキャラであることが強調されていましたね。

今回のケイはリクに対しても異様な執着心を見せており、元小説家らしく一連の事件を「物語」と称していましたね。
ベリアルの意思を受け継ぐケイ、そしてベリアルの息子であるリクのどちらかだけが、この物語を終わらせることが出来る。
そこに割って入り、自分も物語を執筆する一員になろうとしていたアリエは、ケイにとっては邪魔者でしか無かった訳ですね。
(アリエと同様に、予定外の乱入者であるウルトラマンゼロに対しても当初から容赦がありませんでしたし)
ケイは自分こそがこの物語の作者であり主役だと思っているのでしょうか、共同執筆者は文字通り「いらない」のでしょうね。

今回はアクション要素も多めで、ケイがゼナ、レイト、ライハと大立ち回りを見せてくれたのが素晴らしかったですね。
更に新たなるベリアル融合獣キングギャラクトロンも登場し、今回はジードとゼロという2大ウルトラマンを相手に大激闘。
ベリアル融合獣が最初から2人を同時に相手するのは今回が初めてでしたが、
さすがキングジョーとギャラクトロンを合体させただけあって、パワーが段違いでしたね。
(ロイヤルメガマスターとゼロビヨンドを押し戻したシーンはビックリしましたw)

ペダニウムハードランチャーをもっと使って欲しかったですが、最後に87フラッシャーとツインギガブレイクという、
2つの新技で葬られたのは敵キャラとしては報われたものがあったかなと。
元がショーに先行登場するゲームオリジナルキャラクターだったキングギャラクトロン。
それがこうして映像作品に出演し、ソフビ人形まで発売された時点で相当恵まれていますからねぇ。
できれば次回も引き続き登場して欲しいですが、果たして?

自分が気絶していたから、カプセルを奪われてアリエを死なせてしまったんだと責任感を感じるモア。
普段はリクが大好きな明るいドジっ娘という感じですが、こうして顔を曇らせているとそのギャップが際立ちますね。
リクもケイの呼びかけに応じ、いよいよ最終決戦が始まる模様です。
その舞台は、何と劇場版と同じく沖縄県!?
ペダニウムゼットンに四度目の変身をする本気のケイに、リクは果たして勝つことが出来るのでしょうか?



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:57
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2740-07250de5
コメント
アリエが グリーンマスター 2017/12/05 01:10 id:-
殺されたことには気の毒でしたが、彼女は素晴らしい本を出したい、世界の終わりを見たいと言う欲望にかられたが故にケイの悪事の片棒を自ら担いでしまいましたからね。
悪く言えば彼女の自業自得だったのかも知れませんね。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ