FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンルーブ 第7話感想


ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)、本日に第7話「ヒーロー失格」が放送されました!
前回に続いてコマ姉編の後編ということで、ダーリンに指摘されていた通り、
メンタル面の弱さが弱点とされるイサミに焦点が当てられる物語となりました。
とっさの判断とはいえ、恩人を殺しかけてしまったのですから戦いがトラウマになるのは当然というもの。
この辺りも含めて、「一般人が大きな力を手にしてしまったリアクション」をルーブはよく描けていると思います。

イサミは過去に怖い思いをしたトラウマも抱えており、それが壁となってルーブジャイロが起動しなかったようですが、
誰よりも自分のことを考えていてくれているカツミの存在、そして家族同然とも言えるコマ姉の励まし、
周囲の支えによって自分も勇気を出せるということを思い出し、再び戦地へと赴く。
挫折からの復帰はヒーローものの王道とも言えますが、ルーブはこの辺りもかなり見やすく描かれていると思います。
深刻な事態であっても、作風自体が明るめな雰囲気に包まれているのも要因の一つでしょうか。

さて、今回明かされた謎の一つが「グルジオボーンの正体」。
やはり愛染マコトが関わっていましたが、彼自身が変身した姿だったのはちょっと驚いてしまいました。
他の怪獣は召喚しているような素振りを見せていましたが、グルジオボーンはそれらとは異なる存在のようですね。
ロッソやブルのように、グルジオボーンもその力がクリスタルへと分散されているからなのでしょうか。
ただ、それにしても彼が持っているジャイロの出所はまだ不明なので、そちらも気になる所ですが。

第1話の時点でも二人のやり取りを見て呆気にとられているようなコミカルなシーンが目立ったグルジオボーンでしたが、
今回も同じ反応を見せたり、更に怒ってビンタを喰らわせるなど更に人間らしい動きが見られましたね。
今思えば、第1話の素振りが「実はグルジオボーンは人間が変身した怪獣である」という前フリだったのでしょうが。
中身が愛染マコトなので当然と言えば当然なのですが、ああいう人間臭い仕草をする怪獣は面白いですねw

しかし愛染マコト、自分の中で確固たる「ヒーローへの美学」というものを持っているようですが、
目的の為なら周囲の被害なぞ顧みず、ヒーローが悩む姿すら否定するその姿はとてもヒーローには見えませんよね。
クレナイ・ガイの言動や格好を徹底的にリスペクトしている上に、偶然なのか何なのか「オーブの祈り」の歌詞を知っており、
口笛でオーブニカのメロディを吹き、その手には禍々しい姿となったウルトラマンオーブのルーブクリスタルを所有。
節々にウルトラマンオーブへの愛を感じましたが、本当にオーブの上っ面しか見えていないんだなと。

本当のガイなら他人を利用して肉体を謎の装置に繋げることを「絆」なんて表現はしませんし、
我々が知っている通り、彼は過去や現在の過ちに思い悩んでいたキャラクターでもありました。
ですが愛染マコトはそれを知ってか知らずか、これまでのような異常とも言える行動をし続けているわけですし、
ガイがヒーローであった訳を分かっていない、本当に「ヒーロー失格」なのはマコトの方なのではないかと。
自己中心的かつ独善的、オーブのことを理解しているようでまるで理解できていないキャラクターなのは凄いですよね。

そんな彼の行動がエスカレートし、遂に次回は黒いウルトラマンオーブが登場!
謎が多かったウルトラマンオーブダーク、もう変身者も彼でほぼ確定と見ていいでしょうね。
サブタイトルも「世界中がオレを待っている」・・・
とことん勘違いを続けている愛染マコト、いよいよ大暴走劇の始まりのようです。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:48
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/2825-35b7e9e9
コメント
HPP 2018/08/18 20:57 id:-
マコトほど自信満々で自己アピールが激しいのに、クレナイ・ガイの真似をしようとするのもおかしく感じます。
 俺こそが真のヒーローだという主張ではなく、ヒーローはこうあるべきという理想があって、それを押し付けている。
 マコトにはあこがれる存在、彼が真のヒーローだと思い込んでいる存在でもいるのではないかと怪しんでいます
闇従者 2018/08/19 19:54 id:x8WRXstU
愛染さんに一言…世界の誰も、あんたを待ってないって。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ